本日のマザーズ市場では、朝方買いが先行して始まった。米国では5月消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回ったものの、長期金利の低下が続きハイテク株は上昇。東京市場でもエムスリー<2413>など主力グロース(成長)株の一角が堅調で、新興株にとっても買い安心感につながったとみられる。ただ、マザーズ指数は週初から上昇が続き、1100pt台後半に位置する75日線を上回ってきたこともあり、週末を前に利益確定売りが出て伸び悩んだ。なお、マザーズ指数は小幅に5日続伸、売買代金は概算で1450.56億円。騰落数は、値上がり122銘柄、値下がり222銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>が小高く、フリー<4478>やJMDC<4483>は堅調。売買代金上位では前日ストップ高のNPC<6255>が続伸し、前日に新サービスを発表したJIG−SAW<3914>は上昇率トップとなった。5月度の売上高が好調だったF−ブレイン<3927>も大きく買われた。一方、時価総額上位ではマネーフォワード
<3994>が、売買代金上位では前日上場のワンプラ<4199>が買い一巡後に利益確定売りに押された。また、決算や業績修正を発表したアクシージア<4936>は材料出尽くし感から急落し、クックビズ<6558>などとともに下落率上位に顔を出した。
<HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「マザーズ指数は小幅に5日続伸、買い安心感広がるも週末前に利益確定