日本のチャネルパートナーを介し法人顧客にサイバープロテクションを提供

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるAcronisの日本法人であるアクロニス・ジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長:嘉規 邦伸、以下アクロニス)はシネックスジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:國持 重隆、以下、シネックスジャパン)とディストリビューター契約を締結し、包括的なサイバープロテクションソリューションであるAcronis Cyber Protect Cloudを2021年6月10日(木)より提供開始いたします。

詳細情報を見る
https://www.synnex.co.jp/vendor/Acronis/




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000238097&id=bodyimage1

昨今、新型コロナウイルス感染症拡大に対応するためリモートワークが急増した結果、クラウド移行の流れが加速する一方です。しかし、移行時の課題として挙げられるサイバーセキュリティとデータ保護については、複数製品を組み合わせた複雑なシステム構成を導入することで、ITシステム部門の負荷増大・ランニングコスト膨張等の新たな課題が生じるケースも見受けられます。

上記背景を受け、シネックスジャパンとアクロニスは協業し、データ保護とサイバーセキュリティを包括したお客様ニーズに沿ったサイバープロテクションのソリューション提供を開始することとなりました。

今回提供対象となるAcronis Cyber Protect Cloudは、セキュリティ、バックアップ、管理/マネジメント等、サイバープロテクションの標準機能をあらゆるデバイスで、無償または従量課金制で使用可能にする、受賞歴(*)のあるサービスプロバイダー向けソリューションです。

アクロニス・ジャパンの代表取締役社長である嘉規 邦伸は次のように述べています。
「サイバープロテクションをあらゆる人が利用できるようにすることが私たちの目標であり、パートナー企業との提携は、その実現のための最も効果的なアプローチだと考えています。クラウドおよびその関連業界の分野において成長を続けるシネックスジャパンとパートナーシップを結ぶことで、さまざまな顧客に優れたサイバープロテクションソリューションを提供できることを嬉しく思います」

シネックスジャパンの執行役員 プロダクトマネジメント部門 部門長 伊藤 弘泰氏は次のように述べています。
「この度の契約締結を大変嬉しく思います。当社のリセラー様よりAcronis Cyber Protect Cloudを法人顧客に提供いただくことで、顧客はセキュリティを高めながら複雑さや管理上の問題を解消できるようになります。それに加え、物販メインの当社リセラー様の、サービスプロバイダーへのビジネスモデル転換の支援にもつながるツールと考えております」

なお、今回の取扱い開始にあたり、アクロニスとシネックスジャパンは、来る7月20日(火)に下記ウェビナーの共同開催を予定しています。

どうする?ネクストノーマル時代のセキュリティ対策
~Acronis Cyber Protect Cloudで叶える最強のIT環境~
https://www.synnex.co.jp/event/0720/

今後、アクロニスとシネックスジャパンはウェビナー開催などのマーケティング活動を共同で実施、サービスプロバイダーの皆さまがAcronis Cyber Protect Cloudを活用し、サイバープロテクションサービスを構築できるよう、支援に努めます。また、アクロニスは、パートナーシップネットワークをさらに拡大していくことで、優れたサイバープロテクションサービスをより多くの顧客に提供していく所存です。

*受賞歴
Frost & Sullivan’s 2020 New Product Innovation Award
DCIG Top 5 SME Anti-ransomware Backup Solution

アクロニスについて
アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型の自動サイバープロテクションにより、安全性、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関連する現代のデジタル社会の課題を解決します。サービスプロバイダーとIT専門家の要求に応える柔軟なデプロイメントモデルと、次世代型の画期的なアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、エンドポイント保護管理ソリューションによって、データ、アプリケーション、システムに対して上質のサイバープロテクションを提供します。受賞歴のあるAIベースのアンチマルウェアテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーにより、クラウドからハイブリッド、さらにはオンプレミスまで、あらゆる環境を予測可能かつ低いコストで保護します。

2003年にシンガポールで設立され、2008年にスイスで法人化されたアクロニスは、現在18か国の33の拠点で1,500人を超える従業員を抱えています。アクロニスのソリューションは、550万人以上のホームユーザーと50万社以上の企業の信頼を得ており、この企業にはFortune 1000選出企業のすべてと一流プロスポーツチームが含まれています。アクロニスの製品は150か国以上の5万社のパートナーおよびサービスプロバイダー経由で提供され、40以上の言語でご利用いただけます。

シネックスジャパンについて
シネックスジャパンは、米国SYNNEX Corporation(※)の日本法人です。
シネックスジャパンは、従来の卸売ビジネスに加え、お客様の課題を解決するために国内外の製品・サービスを組み合わせたソリューション提案を行うことで、「ハイブリッドディストリビューター」としての付加価値を提供しております。また、eコマースやデジタルマーケティングにより、ビジネスパートナー様からエンドユーザー様まで幅広くサービスをご提供いたします。

※SYNNEX Corporationは全世界26カ国で従業員を有し、IT製品を中心としたディストリビューション、ロジスティクス、 ソリューションを提供する、米国フォーチュン 500社(2021年117位)に選ばれているグローバルディストリビューターです。フォーチュン 500ランキングについての詳細な情報は、こちら< https://fortune.com/company/synnex/fortune500/ >をご参照ください。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。



配信元企業:アクロニス・ジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「アクロニスがシネックスジャパンとディストリビューター契約を締結