【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000233893&id=bodyimage1

◆きき酒師の資格取得方法が増えました!
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)では、2021年4月1日(木)、きき酒師の資格取得の方法に、「eラーニングプログラム」を新設いたしました。

このプログラムは、テキストの閲覧も、課題の解答もPCやスマホなどのモバイル端末から行えるので、1問あたり5分程度から気軽に学習をスタートすることができます。在宅勤務で増えた「お家時間」、出勤時の「移動中」など、空いた時間を有効活用して、この機会に「きき酒師」を目指しましょう!

◆eラーニングとは?
「コンピュータとインターネットを利用した、双方向的なコミュニケーションが可能な学習方法」です。パソコンや、スマートフォンなどのモバイル端末を用いて、業務の合間や通勤時間など、利用者が好きなときに、好きな場所で学習できます。

◆eラーニングのメリット
(1)完全オンライン完結型
(2)1問5分から学べる
(3)移動中などスキマ時間を活用可能


【きき酒師 eラーニングプログラム 3つのメリット】

1.いつでもどこでも自分のペースで学習できる
日時と会場が決まっている講習会と違い、eラーニングは端末とインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも自分のペースで自由に学習が可能。仕事の合間や移動時間を活用できるので、無理なくeラーニングを受講できます。また、継続的に勉強をする習慣が自然と身に付きます。

2.結果は即時判定、繰り返し受験可能!
課題1、課題2はウェブ上で解答後に即時に自動採点で結果が判定されます。不合格だった場合も、間違った個所のコメントを確認しながら復習ができ、合格まで何回でも繰り返して受験できます。
※課題3、課題4は提出後半月から1カ月以内にフィードバックします。

3. 学習支援で効果的にサポート!
効果的または効率よく学習いただくために、3つの学習支援をご用意!
    ↓ ↓ ↓
1)デジタル版公認テキスト
申し込み後お送りするテキストとは別に、デジタル版の公認テキストをウェブサイト上で閲覧できます。移動中やちょっとした空き時間に学習が可能です。

2)映像教材のオンデマンド配信
テキストに沿ってわかりやすく解説した映像教材をウェブ上に掲載、いつでもご覧いただけます。映像は項目ごとに分かれているので、学習したい項目だけを閲覧することもできます。

3)スクーリング制度
eラーニングプログラムの受講中は、きき酒師1日通学コースの講習会を無料で受講できる「スクーリング制度」をご用意。全ての講義を聴講することも可能ですし、苦手なテイスティングの講義だけの受講もできます。講義の前後には担当講師に質問できるので、ぜひご活用いただきたい制度です。


【受講の流れ】

◆お申し込み後、事務局からeラーニングプログラム開始のご案内(メールにて3営業日以内に送付)が届いたら、すぐに課題の取り組みをスタートできます。
◆課題は1~4まで全部で4つ。課題1、2はデジタルテキストを閲覧頂きながらすぐに取り組みがスタートできます。
◆紙のテキストもお申し込み完了後7日以内にお届けいたします。
◆課題1、2合格後、課題3で使用する教材(酒類)を発送→到着後、課題3、4を解答いただきます。
◆課題3、4の解答はウェブ上にアップロード、添削結果をフィードバックします。
◆全ての課題合格後、「合格通知案内」を送付→「唎酒師」資格取得!
※合格の際、資格の認定(認定証書・認定章の交付を含む)を受けるには、NPO法人FBOへの入会が必須となります。

◆詳細・お申し込みはコチラ
https://kikisake-shi.jp/2021/03/26/01/

◆お問い合わせ
SSI広報担当 電話03-5615-8205
または https://kikisake-shi.jp/contact-form/ から



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000233893&id=bodyimage2



配信元企業:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「きき酒師の資格取得が「e-ラーニングプログラム」で可能になりました!