2月23日、ジンコソーラーはスリランカに出力500 W+高効率Tiger Proモジュールを初めて提供したと公表した。今回Tiger Pro片面モジュールを使用した1 MWプロジェクトは、スリランカ史上初の500 W+モジュールを使用した地上設置プロジェクトとなった。

Tiger Proモジュールが世界中のユーザーに選択されたのは、製品の負荷が重視され始めた現在、ジンコソーラーはモジュールの外枠フレームとプロセス設計を絶えずに最適化し、互換システムを考えた場合、モジュールを風雪に耐えられ、負荷量を向上する同時にシステム費用のコストを削減することを保証できる。

信頼性について、Tiger Proモジュールは固定用架台に試験した正面5400 pa、背面2400 paの負荷試験を通過する。また、ジンコソーラーもモジュールを各ブランドの穴空きアングル架台とマッチし、互換性を向上させ、異なる設置条件を満たす。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231732&id=bodyimage1

例のプロジェクトでは、ジンコソーラーTiger Pro 182mmモジュールは負荷優位性があり、システム端のコストを最適化することにより、単位ワットでは0.7%近くのコストが節約できる。Tiger Pro 182mmモジュールは、高発電性能と市場の受容性によって、2021年の最適なモジュールの一つになると期待されている。


ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2020年9月30日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインウエハーが20GW、太陽電池が11GW、太陽光発電モジュールが25GWに達している。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用している。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com



配信元企業:Jinko Solar株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「ジンコソーラーTiger Pro解析|IEC標準より高い負荷を目標に