一般社団法人ピアノハピネス協会(以下弊社という)では、2月1日から、業界唯一の独自メソッドで開発した「どれみフレンズピアノベル(R)」の通信販売を開始しましたのでお知らせします。来る5月5日の子供の日に向けた、ママ・パパに役立つ情報として、ママ・パパ達からよく聞く「2才からピアノを習わせたいけど、すぐ飽きるし、集中力もなくて・・・大丈夫だろうか?」というお悩みを解決する魔法のレッスン法として紹介させて頂きます。

 弊社は、茨城県つくば市で34年間、550人が在籍する9つのピアノ教室を運営、のべ2,000人超の生徒を教え、現在、全国300名の先生に独自メソッドを教えています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231625&id=bodyimage1


■ 譜面を読むのが苦手だから楽器習得から遠のいてしまうのはもったいない
ピアノを好きになって欲しいと願い、レッスンを始めたお子さんが、 いつの間にか練習しなくなり、ピアノに触れなくなり、レッスンにも行きたくなくなるという声を多く聞きます。その最大の理由は、読譜を難しいと感じる結果、ピアノを奏でるのを楽しめないということが起きているからです。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231625&id=bodyimage2

■ そんなママ・パパ達のお困りごとを解決したのが「どれみフレンズ」のレッスン
 幼少期に、なだらかな坂道を楽しみながら歩き、気づけば坂道の上に着くように、音楽を楽しみ学ぶ。そんな音楽への学びへの初めの一歩を大切に育むため、永年の研究を重ねてまいりました。そしてこのたび、2才児からのピアノレッスンが楽しく続けられる、独自のピアノベルを使った「どれみフレンズ」メソッドの開発に成功いたしました。

■ 一般的なピアノレッスンとの3つの決定的な違い
(1)先ず音個体をお子さんが大好きなキャラクターに擬人化させ、ドレミを自分に近い存在として感じてもらいます。世界観を広げ、人の気持ちを感じて、自分で考える力が身につきます。
(2)リトミック的要素で、ピアノを弾く体・手指の準備活動ができます。
(3)独自の「どれみフレンズピアノベル(R)」で、音列が音の高低と共に把握できるようになります。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231625&id=bodyimage3

自分で考えた答えを、音で確認できるので満足感に繋がり、読譜が楽にできる素地が出来上がります。

■「どれみフレンズピアノベル(R)」はママ・パパが音符を読めなくても安心
 教本には「音符」が書かれていません。音符の代わりに「音の階段」を使います。そしてCD音源を聞いて遊ぶので、ママ・パパが音符を読めなくても安心なのです。弊社では、このようなママ・パパにお役に立てるよう、2月1日より通信販売にて全国どこでも手に入るようにいたしました。


【会社概要】
社名:一般社団法人ピアノハピネス協会
代表理事:大部真美(おおぶまみ)
本社:〒300-3261 茨城県つくば市花畑3-25-18
電話:029-864-7770
紹介動画:https://youtu.be/R1gFy4wJvlg もうすぐ3才レッスン風景
HP:
https://doremi-teacher.com/  コーポレートサイト
https://doremi-first.com/  どれみはじめての会
https://doremi-first.shop/  ピアノベル直販サイト



配信元企業:一般社団法人ピアノハピネス協会
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「一般的なピアノレッスンとは全く違う。 2才からはじめるピアノが大好きな子に育つ魔法のメソッド。 唯一無二の「どれみフレンズピアノベル(R)」開発で成功。2月1日より通信販売開始