合同会社RopEar(所在地:東京都新宿区、代表:山中裕介)が提供するライブ配信事業の年間現場数が375件となり、前年比2倍以上となりましたことをお知らせいたします。


現場数増加の背景

新型コロナウイルスによる外出自粛の流れを受け、オンラインセミナーやライブ配信の需要が増加。
需要の高まりを受け人員の拡充も実施し、より多くのお客様へライブ配信を提供することが可能になりました。
2020年を通しての総現場数は375件。前年の約180件と比べ、2倍以上となりました。最多は6月の53件でした。


2021年以降のライブ配信事業について

首都圏で2度目の緊急事態宣言が発令されていることもあり、ウェビナーや小規模セミナーへの期待が高まっています。
また2020年にはオンラインイベントが一般化し、多くの人にとって身近な存在となりました。小規模で限られたユーザーのみに向けた配信も増えており、実際に弊社が昨年担当した現場の38%がウェビナー・小規模なイベントでした。
弊社では主催者・参加者どちらにも安心して利用していただけるイベントに合わせた設備・機材を揃えた、お求めやすい新プランの開発を進めています。


■ライブ配信を検討されている企業の方へ

弊社では、ライブ配信に伴うオペレーション、実際の会場のプロジェクターや音響のオペレーション等を一括で請け負わせていただくことが可能です。
10年以上にわたり様々な著名人や大手企業、大手イベントのライブを手がけてきたプロデューサーが、検討されている内容に合わせて最適な配信環境を提案させていただきます。お気軽にご相談ください。


■RopEarのライブ配信の特徴

豊富な配信リソース
同日同時刻に3現場対応できる豊富な機材と人材リソースがあります。各現場にはライブ配信を50現場以上経験したリーダーが担当します。
機材はカメラ8台、スイッチャー7台、ミキサー6台、ピンマイク6台を保有しており、ニーズに合わせたライブ配信、イベントを支援します。


コストカット
これまでライブ配信を実施するにはカメラ1点での配信でも15万円からという配信会社は少なくありませんでした。RopEarでは人員と機材を確保する事により、良質かつ低コストな配信を実現しました。


豊富なライブ配信の知識を保有
10年以上のライブ配信実績があるプロデューサーの知見と、多くの現場数をこなすことで培ったナレッジを蓄積し情報を共有する事で、様々な現場に対応することができます。


ライブ配信プラットフォームを保有
シークレットなセミナーや記者会見を実現するライブ配信システムystreamを保有しています。ystreamはIDやパスワードによる視聴者制限、二重ログインの防止、ドメインやIPアドレスの制御により、イベント参加者やセミナー受講者のみにライブ配信を届けるサービスです。
https://lp.ystream.biz/





【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229445&id=bodyimage1



RopEarのサービスご利用の流れ
当社はライブ配信・ystreamと大きく分けて2種類のライブ配信サービスを提供しています。サービスによって配信までの流れや準備が異なります。想定されているイベントに応じたサービスをご提案することも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229445&id=bodyimage2



会社概要
合同会社RopEar
所在地:東京都新宿区新宿5-9-6-101
創業:2012年12月
代表者:山中 裕介

事業内容
・シークレットライブ配信システム「ystream」の開発運営
・ライブ配信の制作代行
・動画作成の代行
・スタジオの運営
・動画に関するコンサルティング
・製品プロモーションの企画、制作
URL:https://ropear.net

問い合わせ先
mail: contact@ropear.net
担当:亀井



配信元企業:合同会社RopEar
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「コロナ影響でライブ配信需要アップ RopEar提供のライブ配信現場数が昨年比2倍に