アイルランド・スウォーズ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界的クライメート・イノベーターのトレイン・テクノロジーズ(NYSE:TT)は本日、現在の社長兼最高執行責任者(COO)のDave Regneryが最高経営責任者(CEO)に任命され、取締役会に加わると発表しました。RegneryはMike Lamachの後任となり、Lamachは2022年前半に予定している退職まで、取締役会執行会長を務めます。これらの異動は、2021年7月1日付けで実施されます。



Lamachは、次のように述べています。「Dave Regneryは、トレイン・テクノロジーズを未来に導く明確な選択であり、当社の包括的な後継者計画と一致しています。Regneryは私と共に、事業運営システムから持続可能性および革新のリーダーシップ、包摂とエンゲージメントの文化の発展に至るまで、当社の世界的事業のほぼすべての側面を形作ることに携わり、それがリーダー人材の層の厚いプールにつながりました。Regneryは、集中的なクライメート・イノベーターとしての当社の変革の共同構築者です。Regneryは、この業界や、事業に影響を与える持続可能性のメガトレンド、顧客ニーズ、ステークホルダーのために価値を創出する方法を深く理解している傑出したリーダーです。最高経営責任者(CEO)になり、トレイン・テクノロジーズを未来へと率いていくRegneryに全幅の信頼を置いています。」

Regneryは社長兼最高執行責任者(COO)として、当社の3つの地域的報告セグメントと、Trane®やThermo King®を含む事業とブランドのポートフォリオ全体に関し、直接的な責任を担ってきました。また、サプライチェーン、エンジニアリング、情報テクノロジーを含む当社の世界的な事業運営を監督してきました。RegneryはLamachと緊密に協力し、持続可能な世界に向けて可能なことに果敢に挑戦するという唯一の目標を持って、クライメート・ソリューションの業界リーダーとしての当社の戦略を発展させ、強化しました。

Regneryは、キャリア全体をトレイン・テクノロジーズと共にしており、当社の財務リーダーシップ開発プログラムを起点とし、財務と商業の幹部職や総括経営の役割を通じて前進してきました。Regneryは在職期間を通じて、商業用HVAC、住宅用HVAC、輸送用冷凍事業など、当社の世界中の事業のすべてを成功に導き、新たな高みへと引き上げてきました。当社はRegneryのリーダーシップの下で、高効率運転と低地球温暖化係数の冷媒により、環境への影響を低減するように設計されたEcoWise™の製品ラインを発売して成功を収めました。Regneryはエネルギー・サービス、制御、デジタル製品を含む当社の包括的なビルディング・ソリューションのポートフォリオの成長で必須の役割を果たしてきました。

Regneryは、次のように述べています。「当社がクライメート・イノベーションの限界を押し広げ続けていく中、トレイン・テクノロジーズのCEOを務めることを光栄に思います。私たちは最高のチームと強い顧客関係を有し、すべてのステークホルダー、すなわちチームのメンバー、お客さま、コミュニティー、株主のために革新し、成長し、価値を創出することに情熱を抱いています。」

2010年2月にCEOに任命され、2010年6月に取締役会長に選出されたLamachは、執行会長になります。この役割においてLamachは引き続き取締役会の議長を務め、2022年前半に予定される引退まで、ガバナンス問題については次期筆頭独立取締役のGary Forseeと、当社の長期戦略計画に関してはRegneryと緊密に協力します。

Lamachのリーダーシップの下で、トレイン・テクノロジーズは、インガソール・ランドという名前だった多角化した工業製造企業から、一貫した最高クラスの財務業績と環境・社会・ガバナンス(ESG)業績を上げる業界をリードするクライメート・イノベーターへと変革を遂げました。2004年の入社以来、Lamachは当社独自の事業運営システムの構築とその順調なリーン展開を率い、その結果として強力な事業会社、堅牢なイノベーション、一貫した事業業績がもたらされました。Lamachの目的志向のアプローチにより、持続可能性を中心とした共通の目的を持つ、広く認識された包摂と高いエンゲージメントの文化が構築されてきました。

Lamachは、2013年12月の当社のセキュリティー・テクノロジー事業のスピンオフとアレジオンの設立など、いくつもの戦略的進化を主導してきました。最近では、Lamachは当社の産業事業の独立を指揮し、リバース・モリス・トラスト取引を通じたガードナー・デンバーとの統合も実行し、大きな成功を収めました。その結果として2020年3月に、残った会社であるトレイン・テクノロジーズが、目的志向のクライメート・イノベーターとして始動しました。Lamachが2010年2月にCEOに就任して以来、当社の株主総利回り1は744%に上り、S&P 500の株主総利回りのほぼ2倍となっています。

2019年に、Lamachはハーバード・ビジネス・レビューの最も優れたCEOの1人に選ばれ、フォーブスによってアメリカで最も革新的なリーダー100人にも選ばれました。Lamachは製造部門のリーダーであり、2019年6月より全米製造業者協会の会長を務めています。また、PPGインダストリーズの取締役も務めています。

退職を控えたトレイン・テクノロジーズの筆頭取締役で、フォスターウィラーの元会長・社長・最高経営責任者(CEO)のDick Swiftは、次のように述べています。「私たちの後継者計画の実行により、スムーズな移行とリーダーシップの継続、持続可能で最高クラスの財務業績の実現への継続的な注力が保証されます。取締役会を代表して、当社の時価総額、株主価値、ESG業績を大幅に高めたLamachの卓越したリーダーシップに感謝します。」

「今後は、トレイン・テクノロジーズとそのステークホルダーは、執行会長の役割を担うLamachと、最高経営責任者(CEO)のRegneryという2人の非常に強力なリーダーの経験の恩恵を受けます。確かな実績と力強いビジョン、当社の成長、業績、長期的な価値を向上させるという確固とした意思を持つRegneryは、企業を次の章へと導くための適切な人選です。」

トレイン・テクノロジーズについて

トレイン・テクノロジーズは、世界的なクライメート・イノベーターです。戦略的ブランドであるトレインとサーモキング、そして環境的に責任ある製品・サービスのポートフォリオを通じて、当社は建物、住宅、輸送に効率的で持続可能なクライメート・ソリューションを提供します。詳細については、tranetechologies.comをご覧ください。

12010年2月2日以降の株主総利回りには、アレジオンのスピンオフと産業部門のリバース・モリス・トラスト取引より受け取った株式の比例価額が含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Jennifer Regina, Trane Technologies
+1-630-390-8011, jennifer.regina@tranetechnologies.com

Investors:
Zachary Nagle, Trane Technologies
+1-704-990-3913, zachary.nagle@tranetechnologies.com

情報提供元:
記事名:「トレイン・テクノロジーズがDave Regneryを最高経営責任者に任命、Mike Lamachは移行期間中は執行会長を務める