• 工場でも、現場で初回電源投入時でも、「空の」eSIMに、選択したモバイル事業者のクレデンシャルのパーソナライズすることができ、IoT導入を大きく単純化・デジタル化する画期的な接続ソリューション
  • 受賞歴のあるこのソリューションは、Cinterion® IoTモジュール、IoT eSIM、および既存の移動体通信事業者インフラストラクチャーと統合したコネクティビティ・アクティベーション・サービスをまとめたもの
  • 総所有コストの30%以上の削減に貢献できるソリューション

パリ・ラデファンス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 受賞歴のある * タレスの Cinterion® IoTスイート・コネクティビティ・アクティベーション は、セルラー接続と日々の産業 IoT デバイス・メーカーやサービス事業者の業務を大きく単純化し、デジタル化します。標準的な eSIM 技術に基づくこの新しいソリューションは、 IoT サービス事業者が複雑な eSIM リモート・サブスクリプション・プロビジョニング( RSP )プラットフォームを用意して運営する必要性をなくします。使用される単一の IoT eSIM は、デバイス・メーカーや IoT サービス事業者が選択するどの移動体通信事業者にも対応します。このソリューションは、複数年にわたる産業用ソリューションの耐用年数にわたった 頑健なデバイス接続 およびライフサイクル管理も可能にし、顧客の総所有コストの削減も実現します。



2025年までに、750億個のIoTデバイスが接続され、潜在的市場価値は1兆6000億ドル程度になります。これは前例のない事業機会をもたらすだけでなく、スマートデバイスのためのどのようにサプライチェーン・ロジスティクスを効率化するかのような課題ももたらします。

製造プロセスとロジスティクスを単純化するソリューション:実際、デバイス・メーカーは、異なる国の異なる移動体通信事業者(MNO)への展開のために複数の製品モデルを製造する必要がなくなります。産業用デバイスに埋め込まれたIoT eSIMは世界中のどのMNOネットワークとも接続できるため、1つの製品ですべてのMNOネットワークに対応できます。

タレスのシステムはデバイスの設置時間を短縮:リモート・アクティベーション・プロセスにより、IoT eSIMは自動的にデバイスの位置に最適なMNOプロファイルをダウンロードし、サービス事業者があらかじめ定めたビジネス・ルールに従ってネットワークに接続します。

ネットワークの抵抗力と長寿命を保証するソリューション:ネットワークとIoTアプリケーションが進化するにつれて、このソリューションは信頼できる接続と事業継続性を保証します。バックアップ接続プロバイダーへの切り替えが自動的に行われ、物理デバイスをアップデートする必要はなくなります。

「タレスは、セルラー・ネットワーク・インフラストラクチャーに関する独自の経験と400社を超える移動体通信事業者との協業関係を活用し、産業IoTの接続を単純化しています。タレス・コネクティビティ・ソリューションは、産業IoTセクターのデジタル化とeSIM技術の利点をすべて提供します。IoT接続性ソリューションにおける25年以上に及ぶ恒常的な技術革新により、タレスはお客さまのために最高水準の総所有コストとパフォーマンスを可能にしています。」(Frederic Deman、アナリティクスおよびIoTソリューション事業ライン担当SVP、タレス)

AidonのIoTデバイス担当取締役のPetri Ounilaは、次のように述べています。「IoT eSIMソリューションはAidonにとって大きな前進であり、当社のスマートメーターで製造上の柔軟性と地方部すら含む接続性を確保することに役立ちます。そして、SIMを物理的に扱う必要はまったくありません。タレスと共同開発したこのソリューションは、製品使用期間のどの段階でも真の意味の事業者選択とプロビジョニングを可能にします。これは、スマートメーターの接続、接続の維持、新たなサービス型検針ビジネスモデルへの適応を進める当社の能力を改善します。」

ABIリサーチのリサーチ担当取締役のPhil Sealyは、このように述べています。「タレス・シンテリオン・コネクティビティ・アクティベーションのソリューションは、IoTデバイス・サービスのプロビジョニングとアップデートを行う従来型の方法を全面的に塗り替えるものであり、新たなレベルのサービス・デジタル化、自動化、オーバー・ジ・エア(OTA)管理、デジタル・セキュリティを産業IoTソリューションにもたらします。デバイス・メーカーとサービス事業者は、単純化された柔軟なアプローチにより、複雑な接続デバイスの設計とロジスティクスに縛られる必要はありません。セルラー接続および管理への道のりを容易にすることで、デバイス・メーカーとサービス事業者は自社の重点を技術革新や顧客のためのデジタル変革の拡大に振り向けることができます。」

詳細については、6月16日中央欧州夏時間午前9時00分または午後5時00分のいずれかのバーチャル立ち上げイベントにご参加ください

タレスについて

タレス(Euronext Paris:HO)は、接続、ビッグデータ、人工知能、サイバーセキュリティ、量子コンピューティングといったデジタルと「ディープテック」のイノベーションに投資する世界的な先進技術のリーダーであり、私たちの社会の発展に不可欠な信頼できる未来を作ることを目指しています。当グループは、防衛、航空、宇宙、輸送、デジタルアイデンティティ、セキュリティの分野でお客さまとなる企業、組織、政府が必須の役割を果たす助けとなるソリューション、サービス、製品を提供し、個人に対する配慮をあらゆる意思決定の背後にある原動力としています。

タレスは、68カ国に8万1000人の従業員を擁しています。2020年には、当グループは170億ユーロの売上高を上げました。

こちらもご覧ください

タレス・グループ
デジタルIDおよびセキュリティのページ

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

PRESS
Thales, Media Relations
Digital Identity and Security
Laura Bandiera
+33 (0)7 64 48 51 64
laura.bandiera@thalesgroup.com

情報提供元:
記事名:「タレス、世界のすべてのセルラー・ネットワークへの「手間なし」のIoT接続を革新