コカ・コーラは、ジ・オーシャン・クリーンアップの河川プロジェクトの最初のグローバル実施パートナーに

このパートナーシップで、コカ・コーラのグローバル・ネットワークとジ・オーシャン・クリーンアップの技術を組み合わせ、世界の15の河川のソリューションを支援し、プラスチック廃棄物の海洋への流入を防ぐ

アトランタ & 蘭ロッテルダム--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ザ コカ・コーラ カンパニーとジ・オーシャン・クリーンアップは本日、コカ・コーラがジ・オーシャン・クリーンアップの河川プロジェクトのグローバル実施パートナーになると発表しました。この独自のパートナーシップでは、国際的企業と技術的非営利団体が、まず河川で廃棄物を阻止することで、世界の海洋に流入するプラスチック汚染の流れを止めるという明確な目的の下に協力します。


このイニシアチブでは、コカ・コーラの規模とグローバルなネットワークと、ジ・オーシャン・クリーンアップの技術とデータ・ソリューションを組み合わせ、今後18カ月で世界の15本の河川への清掃システムの配備を促進します。これには、ジ・オーシャン・クリーンアップの半自律型太陽電池式河川清掃ソリューションであるインターセプター(Interceptor™)の導入と配備が含まれます。また、このイニシアチブでは、世界の産業界や個人にプラスチック汚染への取り組みに参加するよう呼びかけ、世界の海洋に流入するプラスチック廃棄物をなくし、生態系や生物種、水資源を支援することを目指しています。

ジ・オーシャン・クリーンアップの創設者のボイヤン・スラット最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ジ・オーシャン・クリーンアップの使命は、海からプラスチックをなくすことです。1000本の河川で、河川から海に運ばれるプラスチックの約80%が排出されていることから、この大規模な問題は日に日に大きくなっています。そのため私たちは常に活動を加速させることを目指しています。清掃システムで回収した廃棄物の中には多くのプラスチックボトルがあり、これにはコカ・コーラのパッケージも含まれています。そのため、世界的なプラスチック汚染にプラスの影響を与えるための同社の幅広い活動の一環として、コカ・コーラが業界で初めて私たちの使命に参加したことはすばらしいことだと思います。私たちは将来発展する可能性を秘めたこのパートナーシップから学び、活動の規模を急速に拡大していくという明確な意図を持っています。だからこそ、これは私たちの海にとって朗報だと考えています。」

インターセプター・ソリューション

2019年に発表されたインターセプターは、プラスチックが河川から世界の海に流入することを防ぐ初の拡張性のあるソリューションです。これは100%太陽光発電で作動し、自律的にゴミを取り出し、世界で最も汚染された河川の多くで運用することができます。

このパートナーシップを通して、ジ・オーシャン・クリーンアップとコカ・コーラは、2022年末までに15本の河川で活動に取り組み、廃棄物をなくすという共通の目標に向けて協力していきます。このパートナーシップに含まれる2台のインターセプターは、すでにジ・オーシャン・クリーンアップがドミニカ共和国のサントドミンゴとベトナムのカントーに配備しています。このパートナーシップでは、これらの河川で回収されたゴミを対象とした廃棄物管理方法の開発を支援し、さらに13本の河川にプロジェクトの範囲を拡大する予定です。

ジ・オーシャン・クリーンアップは、プラスチック回収技術とその配備、プラスチック汚染の問題と科学、活動展開から得られるデータとその対処法に関する経験と実証済みの専門知識を有し、確かなノウハウを生かします。コカ・コーラは、200を超える国と地域での事業を含むグローバル・ネットワークを通して、ジ・オーシャン・クリーンアップを支援します。コカ・コーラは、新たなインターセプターの設置に必要な地域コミュニティーへの働きかけや、回収されたプラスチックのその後の処理について、循環型経済を支える廃棄物管理の専門知識で現場をサポートしていきます。ジ・オーシャン・クリーンアップとコカ・コーラは協力して、インターセプターの追加導入を介した活動の継続的拡大に必要な新たなパートナーと投資を確保するとともに、ライセンス供与のサポートを確保し、河川監視システム(RMS)カメラを導入して河川の汚染をさらに詳しく分析します。

廃棄物のない世界

ザ コカ・コーラ カンパニーのジェームズ・クインシー会長兼CEOは、次のように述べています。「グローバル企業として、当社は、パッケージで使用するすべての材料を回収してリサイクルし、一切廃棄物にならないように取り組んでいます。当社は、水路を守る活動の中で海の生態系を守るために活動しているジ・オーシャン・クリーンアップのチームと技術を支援します。」

コカ・コーラは、「廃棄物のない世界」というビジョンを通し、総合的行動により、プラスチック廃棄物の問題に取り組んでいます。当社は、(1) 2025年までに世界全体でパッケージを100%リサイクル可能にし、2030年までにパッケージでリサイクル材料を50%以上使用すること、(2) 2030年までにボトルや缶を1本販売するごとに1本回収し、リサイクルすること、(3) 協力してゴミのない健全な環境をサポートすることという3つの基本的なグローバル目標を掲げています。また、コカ・コーラは、可能な限り広く速く活動を推し進め、新しい技術、パッケージ材料、パッケージレスのイノベーションに投資しています。これには、新しい改良型リサイクル技術、超軽量化技術、植物由来の技術、詰め替えソリューションなどがあります。最近では、事業の成長に応じて、2025年までに化石燃料由来の未使用プラスチックの使用量を世界全体で今の水準から約20%削減するという目標を設定しました。

プラスチック廃棄物に取り組むためには、市民社会、同業他社、公共部門を含む最も優秀な人々の行動と考えが必要です。そのため、コカ・コーラは、「廃棄物のない世界」というビジョンの実現に協力するグローバル・パートナーシップの構築を支援し、またこのようなパートナーシップに参加しています。その総合的目標は、より多くの人々がリサイクルや再利用を行い、より多くの組織が循環型経済に投資することです。循環型経済では、耐用年数を終えた製品や材料は、無駄になるものがほとんどない閉ループの一部として、その価値を維持したまま製造工程に戻されます。

ザ コカ・コーラ カンパニーのブライアン・スミス社長兼最高執行責任者は、次のように述べています。「ジ・オーシャン・クリーンアップは、世界の海からプラスチックをなくすという目標を支える明確なビジョンと実績ある技術を有しています。コカ・コーラは、チームを現場に置き、世界の河川に新しいインターセプターを配備し、回収したゴミの処理とリサイクルを支援しています。力を合わせれば、真の影響を与えることができると考えています。これはすばらしいことです。世界各地の従業員が、現地での導入作業を支援し、より広範な使命の大使として協力してくれます。」

ジ・オーシャン・クリーンアップについて

ジ・オーシャン・クリーンアップは、世界の海からプラスチックをなくすための先進的技術を開発しています。この目標を達成するために、川からの流入を食い止めることと、すでに海に蓄積されたプラスチックを清掃するという2本のアプローチを採用しています。後者については、プラスチックを効率的に1箇所にまとめて定期的に除去する大規模なシステムを開発しています。このプラスチックで耐久性のある製品を作り、清掃を続けるための資金とし、清掃自体を循環させます。2019年には、当団体はもう1つのソリューションであるインターセプターを発表しました。これは海に到達する前に河川でプラスチックを取り出すソリューションです。2013年にボイヤン・スラットが設立したジ・オーシャン・クリーンアップは、現在約95人のエンジニアと研究者を雇用しています。当団体は、オランダ・ロッテルダムに本部を置いています。詳細情報については、theoceancleanup.comをご覧ください。また、ソーシャルメディアでは@theoceancleanupをフォローしてください。

ザ コカ・コーラ カンパニーについて

ザ コカ・コーラ カンパニー(NYSE:KO)は、200以上の国と地域で製品を販売する総合飲料会社です。当社は、世界にさわやかさを届け、変化をもたらすことを目指しています。当社のブランド・ポートフォリオには、コカ・コーラ、スプライト、ファンタ、その他の発砲ソフトドリンクが含まれます。水分補給、スポーツ、コーヒー、お茶などのブランドには、ダサニ、スマートウォーター、ビタミンウォーター、トポチコ、パワーエイド、コスタ、ジョージア、ゴールドピーク、オネスト、綾鷹などがあります。栄養、ジュース、乳飲料、植物性飲料のブランドには、ミニッツメイド、シンプリー、イノセント、Del Valle、フェアライフ、AdeSなどがあります。当社は、飲料の糖分を減らしたり、革新的な新商品を市場に投入するなど、常にポートフォリオを変革しています。当社は、水資源補充、パッケージのリサイクル、持続可能な調達方法、バリューチェーン全体での炭素排出削減などを通して、人々の生活や地域社会、地球にプラスの影響を与えることを目指しています。ボトリング・パートナーを合わせて、当社は70万人以上の従業員を雇用し、世界の地域社会に経済的機会をもたらしています。詳細はwww.coca-colacompany.comをご覧ください。また、ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、リンクトインで当社をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press Contacts for The Coca-Cola Company:
Media – U.S.: Alison Glenn, aglenn@coca-cola.com
Media – Europe: Joanna Richards, joarichards@coca-cola.com

Press Contacts for The Ocean Cleanup:
CFF Communications – Amsterdam: Niels Broekhof, press@theoceancleanup.com
U.S. Media Representative – San Francisco: Alan Dunton, adunton@shiftcomm.com

情報提供元:
記事名:「ジ・オーシャン・クリーンアップとザ コカ・コーラ カンパニーが新たなパートナーシップを発表