ダラス--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- ADMエンデバーズ(OTCQB: ADMQ)は本日、当社の完全子会社であるジャスト・ライト・プロダクツの総売上高が53%増加したと発表しました。この増収は、2021年4月および5月の売上高と2020年の同時期の売上高を比較したものです。



また、学校制服部門の売上高も増加し、2021年4月と5月は2020年の同時期と比較して198%の増加となり、力強い回復の兆しを見せています。この数字は、当社の第三者監査チームによる審査を受けていません。マーク・ジョンソンは次のように述べています。「これは当社チームにとって素晴らしい数字です。当社の成長を誇りに思っています。今後もこの傾向を維持できるよう努力していきます。」

ADMQについて:2010年以降、当社完全子会社のジャスト・ライト・プロダクツは一貫して売上を伸ばしており、2020年には売上高は510万ドルを突破しました。当社は、ウェブサイト(www.JustRightProducts.com)で「Anything With A Logo」(ロゴ付きのあらゆる商品)を販売しており、オリジナルの名刺からコーヒーカップ、Tシャツからブーツまで、数万点に及ぶ独自の商品を販売しています。ジャスト・ライト・プロダクツは、ダラス/フォートワース地域で、小売販売部門、スクリーンプリント製作、刺繍製作、デジタル製作、輸入卸売り調達、ユニフォームから成る多様な垂直統合型事業を展開しています。

将来見通しに関する記述:

本プレスリリースには、1934年証券取引所法第21E条(改正を含む)および1933年証券法第27A条(改正を含む)で規定された意味での将来見通しに関する情報が含まれている場合があります。本プレスリリースに記載された過去の事実ではない記述は、「将来見通しに関する記述」であり、これには多くのリスクと不確実性を伴い、1995年米国民事証券訴訟改革法のセーフハーバー規定に基づいて作成されています。「戦略」、「予想する」、「継続する」、「計画する」、「見込む」、「考える」、「だろう」、「意思がある」、「推定する」、「意図する」、「予測する」、「目標」、「目指す」などの用語やその他の類似した意味を持つ用語は、将来見通しに関する記述を識別することを意図したものですが、このような記述を識別するための唯一の手段ではありません。このような将来見通しに関する記述は現時点での予想に基づくものであり、既知および未知のリスク、情報の第三者への依存、中止される可能性のある取引、その他の要因を含んでおり、その結果として、当社の実際の結果、業績、実績、または業界の動向は、このような将来見通しに関する記述で明示的または黙示的に示された予想結果、業績、実績と大きく異なるものになる可能性があります。実際の結果を予想と大きく異なるものにする可能性のある要因には、世界経済情勢や小売業界の経済状況の変動、COVID-19パンデミック、経営陣の業績、政府規制当局、ベンダーおよびサプライヤーの行動、当社のキャッシュフローおよび資金調達能力、競争、一般的な経済状況に関するリスクと不確実性、ならびに米国証券取引委員会(SEC)への提出書類で詳述されているその他の要因があります。当社は、すべての将来見通しに関する記述をセーフハーバー条項の対象と見なしています。新しい情報や将来の出来事などが発生した場合でも、当社は将来見通しに関する記述を更新したり改訂したりして公開する義務を負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

ADM Endeavors, Inc. | info@admendeavors.com | 817.840.6271

Investor Relation: Tom Nelson | tenassociates33@gmail.com| 480.326.8577

情報提供元:
記事名:「ADMエンデバーズ(OTCQB: ADMQ)、売上高が53%以上増加