ヴイエムウェアとSAPの元幹部が25年以上の企業経験をC3 AIにもたらす

米カリフォルニア州レッドウッドシティ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 企業向けAIソフトウエアの大手プロバイダーであるC3 AI(C3 AI)は本日、サム・アルカラットが社長兼最高収益責任者(CRO)としてC3 AIに入社したと発表しました。アルカラットは、C3 AIの販売組織およびカスタマーサービス組織の世界的な拡大を指揮していきます。


アルカラットはC3 AIに入社する以前、ヴイエムウェアのモダンアプリケーションプラットフォームとなるタンズ(Tanzu)ポートフォリオのシニアバイスプレジデント兼販売担当グローバルヘッドを務め、マルチクラウドソフトウエアデリバリーにスピード、安定性、セキュリティーをもたらすことに傾注していました。ヴイエムウェアに入社する前は、SAPの顧客体験部門のグローバル最高執行責任者(COO)(SAPのCRM/コマースソリューションを担当)、北米西部地域担当シニアバイスプレジデント兼マネジングディレクター、中東・北アフリカ担当プレジデントを含め、SAPで数々の上級幹部職を歴任してきました。

C3 AIの会長兼最高経営責任者(CEO)のトーマス・M・シーベルは、次のように述べています。「アルカラットは経験豊富で実績のあるセールスエグゼクティブであり、非常に効果的な販売チームとカスタマーサービスチームを構築し、管理してきた長年の実績を持っています。当社が広範な業界、地域、市場においてカスタマーフットプリントとパートナーエコシステムを急速に拡大している中で、アルカラットは社長兼CROとして、C3 AIの成長と発展の次の段階で必要不可欠の役割を果たすでしょう。」

アルカラットは、次のように述べています。「私は以前からC3 AIに注目していました。C3 AIは市場を一変させる企業です。C3 AIの構想を完全に実現すべくこの才能豊かで経験豊富な経営陣に参加できることに大変感激しています。」

SAPの元共同CEOでC3 AIの取締役のジム・スナーベは、次のように述べています。「私のアルカラットに対する認識は、顧客中心の現場組織を拡大することに長けたグローバルリーダーです。アルカラットは、あらゆる産業の企業に対する企業向けAI機能の提供を拡大し、C3 AIを次のレベルに引き上げる上で、適切な時期に適切なリーダーとなります。」

C3.ai, Inc.について

C3.ai(NYSE:AI)は、企業向けAIソフトウエアの大手プロバイダーとして、デジタル変革を加速しています。C3 AIは、完全統合された製品ファミリーを提供し、大規模なAIアプリケーションを開発、展開、運用するためのエンドツーエンド・プラットフォームのC3 AI® Suite、業界別SaaS型AIアプリケーションのポートフォリオのC3 AI Applications、AIと機械学習のために設計された業界別CRMアプリケーション・スイートのC3 AI CRM、日々のビジネス課題にデータサイエンスを適用するノーコードAIソリューションのC3 AI Ex Machinaが含まれます。C3 AI製品の中核には、オープンでモデル主導型のAIアーキテクチャーがあり、データサイエンスとアプリケーション開発を飛躍的に簡素化しています。詳細については、www.c3.aiをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

C3 AI Public Relations
Edelman
Lisa Kennedy
415-914-8336
pr@c3.ai

Investor Relations
ir@c3.ai

情報提供元:
記事名:「サム・アルカラットが社長兼CROとしてC3 AIに入社