ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ムーディーズ・コーポレーション(NYSE:MCO)は本日、フォーチュン500社に初めて選ばれたと発表しました。これは、世界規模の統合リスク・アセスメント企業としてのムーディーズの戦略が持つ強みと勢い、そしてグローバルな従業員基盤のレジリエンスを反映しています。


ムーディーズの社長兼最高経営責任者(CEO)のロブ・フォーバーは、次のように述べています。「ムーディーズは2020年に記録的な増収を達成しました。その理由の1つは、従業員同士が相互に揺るぎなくサポートしたことと、顧客が最も必要としているときに専門知識を提供することを常に重視したことです。当社がフォーチュン500社に選ばれたことは、困難な時期にあっても好業績を達成した従業員の貢献の賜物であり、従業員の献身的な取り組みに深く感謝します。」

ムーディーズは2020年に54億ドルの収益を上げましたが、これは主にCOVID-19のパンデミックの間にムーディーズのデータ、分析、および信頼性の高い洞察に対する市場の需要が高かったことによるものです。フォーチュン500社として評価されたことは、ムーディーズの明確な戦略的な方向性と、かつてないほど市場が混乱する中での成長を反映しています。

格付け会社であるムーディーズ・インベスターズ・サービスで培った基盤を生かし、ムーディーズはデータおよび分析分野の能力をさらに高めるべく、2007年にムーディーズ・アナリティックスを設立しました。同社は多岐にわたる顧客企業にサービスを提供し、幅広い種類のリスクに関する的確な意思決定を支援しています。

ムーディーズ・コーポレーションについて

ムーディーズ(NYSE:MCO)は、組織のより良い意思決定を可能にする世界規模の総合的なリスク・アセスメント企業です。当社のデータ、分析ソリューション、知見は、意思決定者による機会の特定や、他者と取引を行う際のリスク管理を支援します。当社は、より高度な透明性、より多くの情報に基づいた意思決定、情報への公正なアクセスが共通の進歩を可能にすると考えます。世界40カ国以上に約1万1500人を超える従業員を擁するムーディーズは、国際的なプレゼンスと現地の専門的知見ならびに金融市場での1世紀以上の経験を融合しています。詳細については、moodys.com/aboutをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For Moody’s:
SHIVANI KAK
Investor Relations
+1 212-553-0298
Shivani.kak@moodys.com

OR

JOE MIELENHAUSEN
Communications
+1 212-553-1461
joe.mielenhausen@moodys.com

情報提供元:
記事名:「ムーディーズがフォーチュン500社に選ばれる