同地域が相次ぐハリケーンの打撃を受けてから6カ月後、バナナ業界のリーダーがコミュニティーに新たな活力を与え、回復させるための取組みを主導

米ノースカロライナ州シャーロット--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2020年11月3日、強力なカテゴリー4の嵐であるハリケーン「エタ」が、中米に上陸しました。わずか2週間後にはカテゴリー5の嵐であるハリケーン「イオタ」がほぼ同じ経路を辿って同地域を通り抜け、豪雨、風、大規模な洪水と深刻な地滑りを引き起こして広範囲にわたる破壊をもたらしました。



その結果、ホンジュラスとグアテマラのコミュニティーや町(その多くがドールの農場や従業員を支えている)が破壊されました。ドールはハリケーンの襲来に先立って従業員と家族を避難させることができましたが、多くの人々がそのような幸運に恵まれず、命や生活、財産、作物を失いました。その後、飲料水が必要とされ、家屋の修復や、新しい衣服、必需品、電化製品が必要になりました。

バナナ産業を通じてこれらのコミュニティーと密接に結びついた組織として、ドールは支援とリソースを提供するために迅速に行動しました。また、当社が組織として介入しただけでなく、多くのドールの従業員、パートナー、公的支援者が、これらのコミュニティーからどれほど物理的に離れていようと、支援のために自分たちの時間と資金を提供しました。

ハリケーンの壊滅的被害以降、過去6カ月間で多くのことが達成されました。

  • ドールの従業員、会社、一般の人々が力を合わせて寄付を募り、小豆、米、とうもろこし粉、植物油、粉ミルクなど、5人家族の1カ月分の主要食料品が入ったフードバスケットの購入のために25万ドルを集めました。このフードバスケットは、当社の営業地に近いコミュニティーの困窮する1万世帯と、確立された配布ネットワークを持つ救援組織CEPUDOとコルテス商工会議所を通じてその他の地域に配布されました。
  • ホンジュラスの赤十字が、北米のドールの従業員と、ドールのスタンダード・フルーツ・デ・ホンジュラスから寄付された数十箱の衣類と靴を受け取りました。合わせて、困窮する人々を助け、支援を提供するための50万レンピラ(2万米ドル)が寄付されました。
  • ドールは、公共サービス、橋、道路、幹線道路の修復のために、会社の機械と重機の使用を提供しました。
  • ドールは、災害救援物資や設備を運んで配布する人道支援組織に、南に向かう船舶のスペースを割り当てました。
  • 多くのバナナ生産地域が完全に破壊されたのを受け、ドールはこの地域で人々に選ばれる主要な雇用主として、バナナ農園を完全な生産へと回復させるための取組みを促進してきました。農地の準備には時間がかかり、各農業地域の条件に完全に合わせてありますが、仕事と給与を迅速に地域に戻すことが非常に重要です。

ドール・フレッシュ・フルーツ・ノース・アメリカのネルソン・モントーヤ社長は、次のように述べています。「これらのコミュニティーが耐え忍んだ悲惨な破壊は、とても伝えきれません。しかしこの大災害に、コミュニティーは打ち負かされませんでした。ホンジュラスとグアテマラにいる当社のチーム全員の思いやり、回復力、仲間意識に、私は元気づけられています。当社は引き続き、皆が回復するために投資をしていきます。」

この投資は、ホンジュラスの復興プロセスにおいて重要な節目に到達しました。5月4日にはバリマサ地域のメンデス農場で最初に新しいバナナ畑の植え付けが行われ、その後間もなくイスレタス地域のコポテ農場と、直近ではコヨレス地域のパロ・ベルデ農場で植え付けが実施されました。

ドールはホンジュラスとグアテマラのこれらの被災地域の生産量回復に取り組みながら、2022年1月よりお客さまに向けて、これらの地域からドールの質の高い果物のお届けを開始できると見込んでいます。

ドール・フード・カンパニーについて

ドール・フード・カンパニーは、高品質の生鮮果実・野菜を生産・販売する世界最大の企業の1つです。ドールは、取り扱う数多くの商品と栄養教育で業界のリーダーとなっています。詳細については、www.dole.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

William Goldfield
818-874-4647
william.goldfield@dole.com

情報提供元:
記事名:「ドールの従業員が、甚大な被害を受けた中米の回復と再建のために寄付