サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 運転資本ソリューションの有力フィンテック・プロバイダーのタウリアは本日、世界的拠点網を拡大してアジアでのプレゼンスを高めると発表しました。

タウリアは、既存の世界的な顧客層にとって戦略的に重要であり、地元と地域のバイヤーやサプライヤーの間で高い成長可能性を有する市場の中国とシンガポールでプレゼンスを確立しました。

その拡大の一環として、タウリアは海龑を中国の責任者に任命しました。は、中国でのタウリアのプレゼンスの確立と強化を担当します。は、銀行、金融、金融技術分野で20年の経験を持ち、中国銀行本社、HSBC、ドイツ銀行、ワンコネクト・スマート・テクノロジー・カンパニーに勤務してきました。

このアジア全体での成長推進への継続的な注力は、2020年に中国複合企業の平安保険が主導した6000万ドルの戦略的投資と、スティーブ・スコットのアジア太平洋責任者への任命に続くものです。タウリアは現在、自社のネットワークにアジア太平洋のサプライヤーを28万社以上抱えており、この地域の35カ国にまたがっています。

タウリアのセドリック・ブルー最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「アジアは世界的サプライチェーンの中心に位置し、多くの世界的企業にとって戦略的に重要な地域です。また、世界的舞台での規模と役割の拡大を模索する地元企業の並外れた成長で賑わっています。当社の技術は、技術主導型の柔軟な運転資本ソリューションの適用を通じて、大小の企業の拡大をサポートします。私たちはまず、この能力を中国とシンガポールのより多くの企業に提供し、アジア全体で継続的に拡大する計画を持っています。当社の既存の顧客層は、この地域への投資を増やしており、当社がその業務に提供できるサポートと専門知識を高く評価するでしょう。運転資本管理の改善を通じて、この地域のすべての企業が繁栄できるよう支えたいと思います。」

以上

タウリアについて

タウリアは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く運転資本管理ソリューションのフィンテック・プロバイダーです。タウリアは、買掛金、売掛金、在庫に閉じ込められている価値を企業が活用できるようにします。200万社以上の企業ネットワークがタウリアのプラットフォームを利用して、支払いを行う時期や受け取る時期を判断しています。タウリアの処理額は毎年5000億ドルを超えており、エアバス、アストラゼネカ、日産、ボーダフォンを含む世界最大規模の企業から信頼されています。詳細情報については、www.taulia.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media contacts
Amelia Graham
Vested
amelia@fullyvested.com
+447393 477057

情報提供元:
記事名:「タウリア、中国とシンガポールに新たな拠点を確立してアジアで拡大