台湾・台北--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- COMPUTEXは5月31日、1カ月間にわたる今年の#COMPUTEXVirtualを開幕し、TAITRA会長の黃志芳がこの見逃せないイベントにスポットを当てました。インテル執行副社長兼最高収益責任者のミシェル・ジョンストン・ホルトハウス氏は、世界がイノベーションを最も必要としている時にデジタル変革を加速し、新時代のイノベーションを引き出す方法について語りました。同日、アームの最高経営責任者(CEO)のサイモン・シガース氏は、世界的流行病後におけるテクノロジーの役割について語りました。アームのエコシステムパートナーの例を引いて、テクノロジーが善を促進するための見事な力を発揮し、世界の復興とより持続可能で安全な未来の創造に欠かせないものとなる様子を示しました。COMPUTEX 2021 Virtualは、伝統を打ち破り、すべて仮想形式の展示会となっており、AIプラットフォームを活用し、繁栄するテクノロジーエコシステムの構築を先導します。


TAITRA会長の黃志芳は、次のように述べています。「COMPUTEX は、テクノロジー業界が軌道に乗り出した1980年代に誕生しました。当時、台湾は世界中の起業家と共に、市場を根底から覆すイノベーションを追求し、業界のサプライチェーンを構築して、今日のインターネットやデジタル経済への道筋を切り開きました。今回の世界的流行病に突入してから1年が経過しましたが、私たちは一貫してイノベーションを前に進め、新しい常態を乗り切っています。台湾は世界のテクノロジーエコシステムの中心に位置しており、私たちは最新のテクノロジーの構築、接続、統合、革新、推進を止めることはありません。本日、#COMPUTEXVirtualの開幕を発表できることを光栄に思います。私たちがどこにいようとも、より良い未来のためにCOMPUTEXでつながっていきましょう。」

インテルによるCOMPUTEX2021開幕基調講演は、執行副社長兼最高収益責任者のミシェル・ジョンストン・ホルトハウス氏が「Innovation Unleashed」(イノベーションの力を解き放つ)をテーマに行います。インテルは、世界的流行病が猛威を振るう中での企業の持続可能性に対する意識や、グローバルパートナーと協力してデジタル変革を推進し続ける方法について語ります。インテルは、IDM 2.0ビジネスモデルによって世界市場の需要に迅速かつ柔軟に対応しているだけでなく、5Gとそのオープンアーキテクチャーによってイノベーションを推進し続けています。また、私たちはパフォーマンスをリードする新製品を発表し、人々のユーザー体験を豊かにしていきます。

アームのCEOであるサイモン・シガース氏による「Sparking the World's Post-Pandemic Recovery」(世界のパンデミック後の復興を促進する)と題した基調講演では、テクノロジーが善を促進するための見事な力を発揮し、世界の復興とより持続可能で安全な未来の創造に欠かせないものとなることが示されました。AI時代におけるコンピューティングの組み合わせにより、気候変動、セキュリティー、テクノロジーや接続機能への公平なアクセスをめぐる複雑な課題への取り組み方が加速することになります。セガース氏は、研究開発への長期的な投資がその未来を形作る上で鍵となることを示しました。アームは、次世代アーキテクチャーに多大なリソースを投入しています。Armv9により、パートナーは、セキュリティー、コンピューティング効率、AI対応サービスに関連する次の10年のコンピューティングにおける難題を解決すると同時に、気候変動対策に取り組むことが可能となります。

多彩なイベントによってまったく新しいバーチャル体験を実現

COMPUTEX 2021 Virtualでは、5G、AI & IoT、エッジコンピューティング、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、ゲーミング、イノベーションと新興企業に関する最新ソリューションについて、ライブでデモを行います。

また、1カ月間にわたるオンライン展示会では、#COMPUTEXVirtual、COMPUTEX CEO Keynote、COMPUTEX Keynote、COMPUTEX & InnoVEX Forum、COMPUTEX Matchmakingなど、さまざまなイベントを開催し、参加者は大手テクノロジーメーカーに直接接して、最新のテクノロジー動向を知ることができます。また、この展示会では、出展者がオンラインマッチメイキングプラットフォームを通じて、効果的にビジネスチャンスをつかむことができます。

#COMPUTEXVirtualオンライン展示会では、テックインサイト、仮想ディスプレー、マッチメイキングと人脈作り、ハイパーパーソナライゼーションに基づく推奨の機能を備えています。一方、新興企業専用の#InnoVEXVirtualでは、活発な相乗効果をもたらします。#COMPUTEXVirtualは6月30日午前0時まで開催中です。現在、https://virtual.computextaipei.com.tw/にて無料登録が可能です。

詳しい最新情報については下記をご覧ください。

COMPUTEXウェブサイト:https://www.computextaipei.com.tw/
InnoVEXウェブサイト:https://www.innovex.com.tw/

台北国際コンピューター見本市(別称:COMPUTEX)について:

1981年に設立された台北国際コンピューター見本市は、サプライチェーンとIoTエコシステムを網羅した世界有数のICT、IoT、新興企業のための見本市の1つです。台湾貿易センター(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)が共同で開催する台北国際コンピューター見本市は、台湾の包括的なICT集団を基盤とし、ICT確立されたブランド企業から新興企業まで、またサプライチェーンからIoTエコシステムに至るまで、ICTのあらゆる領域をカバーしています。台湾は、強力な研究開発能力および製造能力と、知的財産権(IPR)保護を備えているため、世界的な技術エコシステムでパートナーを探している外資系企業や投資家にとって、戦略的な目的地となっています。台北国際コンピューター見本市をウェブサイト(www.computextaipei.com.tw)とツイッター(@computex_taipei、ハッシュタグ#COMPUTEX)でフォローしてください。

COMPUTEX 2021 Virtualについて:

テクノロジーのパイオニアとして、COMPUTEXはデジタル変革の受け入れの最前線に立ってきました。そして2021年、このイベントはオンラインで開催されます。COMPUTEX主催者の台湾貿易センター(TAITRA)は、世界の主要なテクノロジー・プレーヤーと共にAI駆動のバーチャル・プラットフォームである#COMPUTEXVirtual(世界のスタートアップとイノベーションを紹介する#InnoVEXVirtualを含む)を展開し、距離という障壁を超えた卓越したバーチャル展示体験を提供することを目指しています。

TAITRAについて:

1970年に設立されたTAITRAは、台湾を代表する非営利貿易振興機構です。政府と各種業界団体が後援するTAITRAは、企業の世界的な事業範囲の拡大を支援します。台北に本部を置くTAITRAは、1300人の専門家からなるチームを擁し、桃園、新竹、台中、台南、高雄の5カ所に拠点を置き、世界63カ所に事務所を構えています。TAITRAは、台北世界貿易センター(TWTC)および台湾貿易センター(TTC)と共に、世界貿易の促進に注力するグローバル・ネットワークを形成しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Ms. Tessa Lin <tessalin@taitra.org.tw>
Ms. Li Chao < lichao@taitra.org.tw>

情報提供元:
記事名:「技術エコシステムを紹介する1カ月間の見本市が開幕