ニュースケール・パワーに対する日本企業の継続的な関心を示す一例として、IHIがニュースケール製SMRの今後の普及を支援

米オレゴン州ポートランド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ニュースケール・パワーは本日、日本に本社を置く総合重工業メーカー・エンジニアリング企業のIHIとの間で投資契約を締結したと発表しました。ニュースケールとの商業関係の一環として、IHIはニュースケール・パワーに現金投資を行います。IHIとニュースケールとの関係により、IHIはニュースケール製プラントの戦略的な供給業者として、IHIはニュースケール製プラント向けに一定の製造部品を世界中で優先的に供給する企業となります。


本日の発表は、先日の日揮ホールディングス株式会社との契約に続き、日本企業によるニュースケール・パワーへの2件目の商業関係および投資となるもので、ニュースケールの画期的な小型モジュール炉(SMR)技術に対する日本および世界の関心の高まりを示しています。

ニュースケールのジョン・ホプキンス会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「IHIによるニュースケール・パワーへの投資は歓迎すべきものであり、私たちすべてがクリーンエネルギーへと移行する中で、よりクリーンで安全な先進的原子力技術が世界中の国々に多くの経済的・環境的利益をもたらすことを実証するための当社の取り組みを称賛するものです。今回の発表は、ニュースケールの革新的なSMR設計に対する日本および世界の関心が高まっていることをまさに明瞭に示すものであり、この新たな関係は、当社の技術とその国際的な可能性にとって刺激的な前進となります。」

IHIの社長兼最高経営責任者(CEO)である井手博氏は、次のように述べています。「ニュースケールなどの革新的なSMR技術開発企業との戦略的提携は、当社にとって大きなチャンスです。IHIはカーボンニュートラル経済への移行を支援したいと考えており、ニュースケールの技術は安全かつクリーンで信頼性が高く、競合他社の中で最も商業化に近づいています。IHIは、原子力産業における自社の豊富なエンジニアリングと製造の経験を活用することで、ニュースケールの技術の迅速な導入に向けて支援することができます。」

ニュースケールのSMRは2020年8月に歴史的な偉業を達成し、米国原子力規制委員会から承認を受けた設計として初にして唯一の存在となりました。当社のSMRは2020年代末までにSMR技術を商業化できるよう、強い推進力を維持しています。ニュースケールとフルアーは現在、ユタ州公営共同電力事業体(UAMPS)のために、世界で初めてクリーンエネルギーの無炭素SMRプロジェクトの商業化に取り組んでいます。

ニュースケール・パワーはSMR分野をリードし続けており、ニュースケールの発電所を信頼性、安全性、経済性、運転上の柔軟性を備えた無炭素エネルギーを多様な用途に提供する長期的なソリューションと見なしている国内外の顧客からの関心が高まっています。ニュースケールは、当社のプラントを導入するための契約を米国および海外の事業体と締結し、発表しています。

​​​​ニュースケール・パワーについて

ニュースケール・パワーは、発電、地域暖房、淡水化、その他のプロセス熱アプリケーションにエネルギーを供給するための新しいモジュール式軽水炉原子力発電所を開発しました。この画期的な小型モジュール炉(SMR)設計は、完全工場製造のNuScale Power Module™を備え、安全性を高めて小型化したスケーラブルな加圧水型原子炉技術を使用して60MWを発電できます。ニュースケールのスケーラブルな設計(1つの発電所で独立型電力モジュールを最大12基まで収容できます)は、無炭素エネルギーの利点を提供し、ギガワットサイズの原子力プラントにかかる金銭的負担を軽減します。ニュースケールの過半数投資家は、商用原子力発電で70年の歴史を持つエンジニアリング・調達・建設の世界的企業であるフルアー・コーポレーションです。

ニュースケールはオレゴン州ポートランドに本社を置き、オレゴン州コーバリス、メリーランド州ロックビル、ノースカロライナ州シャーロット、ワシントン州リッチランド、および英国のロンドンにオフィスを構えています。当社のツイッター:@NuScale_Power、フェイスブック:NuScale Power, LLC、リンクトイン:NuScale-Power、インスタグラム:nuscale_powerでのフォローをお願いします。ニュースケール・パワーのウェブサイトをご覧ください。

IHIについて

総合重工業メーカーの株式会社IHIは、資源・エネルギー・環境、社会基盤・海洋施設、産業システム・汎用機械、航空エンジン・宇宙・防衛の4つの事業分野を中心に顧客に対する価値を創出しています。

IHIの歴史は、1853年に設立された日本初の近代的造船施設である石川島造船所を起源とします。同社は造船技術を活用し、重機製造、橋梁建設、プラント建設、航空エンジン製造などの新分野に進出して、日本の近代化に重要な役割を果たしました。

IHIは技術を通じて社会に貢献する取り組みに深く傾倒しており、多様なエンジニアリング能力を結集しながら、エネルギー、都市化や工業化、輸送効率において世界的に拡大を続けるニーズに応えています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Diane Hughes, Vice President, Marketing & Communications, NuScale Power
dhughes@nuscalepower.com
(C) (503)-270-9329

Yuki Takahashi, Assistant Manager, Media Relations & Investor Relations Group, Corporate Communications Division, IHI Corporation
takahashi4781@ihi-g.com

情報提供元:
記事名:「ニュースケール・パワーが SMRの普及に向けた投資と支援をIHIから獲得