台湾・台北--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- TAITRA(台湾貿易センター)は本日、マイクロンのサンジャイ・メロトラ社長兼最高経営責任者(CEO)が2021年COMPUTEXフォーラムの基調講演者として招待されたと発表しました。このデジタル基調講演は、6月2日水曜日の午前9時(グリニッジ標準時+8時間)から行われ、テーマは「データ経済のためのイノベーション:なぜ今日のインフラ革新はデータに命を吹き込み、全ての人に知見を与えるのか」です。


メロトラ氏は、データがいかに現代生活を変革し、メモリーとストレージを革新する新たな機会を創出しているかについて、マイクロンのビジョンを共有します。

マイクロンのサンジャイ・メロトラ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「再考された世界の中心にあるものはデータであり、コンピューティングの新たなユースケースの機会が創出され、画期的なアプリケーションを実現する新しいハードウエア・インフラ能力を必要とされています。」

「COMPUTEX 2021で講演して、ストレージとメモリーの革新がいかにデータ経済を促進し、かつてない速さでデータをインテリジェンスに変換して全ての人々の生活を豊かにしているかについて、共有できることをうれしく思います。」

今年のCOMPUTEXフォーラムは、「The New Era of Intelligence(インテリジェンスの新時代)」をテーマに、5G、人工知能、モノのインターネット、電気自動車に焦点を当てて、パンデミック後の時代のビジネス戦略について深く掘り下げます。

TAITRAの黄志芳会長は、次のように述べています。「テクノロジーとイノベーションは、この急速に変化する時代に対応できるよう私たち全員を支援してくれます。マイクロンが業界をリードする他のパートナーとどのように協力して世界最大規模のデータ変換の機会に取り組み、我々の業界を前進させようとしているかを紹介するメロトラ氏の基調講演を聞くことが楽しみです。」

マイクロンのコンピューターおよびネットワーキング事業部門のシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーであるRaj Hazra氏も、6月2日水曜日の午後4時(グリニッジ標準時+8時間)からCOMPUTEXフォーラムで基調講演を行います。Hazra氏は、「メモリーはAIイノベーションの中心にある」と題したセッションで、マイクロンのメモリーとストレージの革新がいかに汎用的で拡張性のある人工知能の革新を可能にするかを論じます。

COMPUTEXは毎年、世界のテクノロジーエコシステムとトレンドに関する貴重な情報を届けています。今年は、世界中の聴衆が最前列で最新技術を発見・目撃することになります。COMPUTEXフォーラムの全セッションは、6月2日と6月3日に公式プラットフォームの#COMPUTEXVirtualでライブ配信されます。2021年COMPUTEXフォーラムの詳細については、以下の公式ウェブサイトをご確認ください。

  • COMPUTEXのウェブサイト:

https://www.computextaipei.com.tw/en/index.html

  • #COMPUYEXVirtualプラットフォーム:

https://virtual.computextaipei.com.tw/events

台北国際コンピューター見本市(別称:COMPUTEX)について:

1981年に設立された台北国際コンピューター見本市は、サプライチェーンとIoTエコシステムを網羅した世界有数のICT、IoT、新興企業のための見本市の1つです。台湾貿易センター(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)が共同で開催する台北国際コンピューター見本市は、台湾の包括的なICT集団を基盤とし、ICT確立されたブランド企業から新興企業まで、またサプライチェーンからIoTエコシステムに至るまで、ICTのあらゆる領域をカバーしています。台湾は、強力な研究開発能力および製造能力と、知的財産権(IPR)保護を備えているため、世界的な技術エコシステムでパートナーを探している外資系企業や投資家にとって、戦略的な目的地となっています。台北国際コンピューター見本市をウェブサイト(www.computextaipei.com.tw)とツイッター(@computex_taipei、ハッシュタグ#COMPUTEX)でフォローしてください。

COMPUTEX 2021について:

テクノロジーのパイオニアとして、COMPUTEXはデジタル変革の受け入れの最前線に立ってきました。イベントの主催者である台湾貿易センター(TAITRA)は、AIコンピューティング能力を展示会に導入することでCOMPUTEX 2021を世界的なモデルとして構築し、オンライン・プラットフォームの#COMPUTEXVirtualを設けることで卓越した展示体験を提供することを目指しています。

TAITRAについて:

1970年に設立されたTAITRAは、台湾を代表する非営利貿易振興機構です。政府と各種業界団体が後援するTAITRAは、企業の世界的な事業範囲の拡大を支援します。台北に本部を置くTAITRAは、1300人の専門家からなるチームを擁し、桃園、新竹、台中、台南、高雄の5カ所に拠点を置き、世界63カ所に事務所を構えています。TAITRAは、台北世界貿易センター(TWTC)および台湾貿易センター(TTC)と共に、世界貿易の促進に注力するグローバル・ネットワークを形成しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Ms. Tessa Lin <tessalin@taitra.org.tw>
Ms. Li Chao < lichao@taitra.org.tw>

情報提供元:
記事名:「マイクロンのサンジャイ・メロトラ社長兼CEOが、2021年COMPUTEXフォーラムでメモリーとストレージの革新について基調講演