シカゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- RMBキャピタル(以下「RMB」といいます。)は、株式会社フェイス(コード番号4295、東証第一部、以下「フェイス」といいます。)発行済株式総数の約10%を保有する長期株主です。


2021年6月にフェイスにおいて開催される第29期定時株主総会(以下「本総会」といいます。)においてRMBが行った株主提案「子会社である日本コロムビア株式会社の普通株式の現物配当(株式分配型スピンオフ)の実施の件」(以下「本提案」といいます。)について、フェイス取締役会は不適法であるとして本総会の議案としないことを決議しました。しかし、同取締役会が本提案を不適法と判断した理由はいずれも正当性を欠き、株主の権利を著しく制限するとともに株主総会での自由な議論を妨げる極めて不当なものであるため、RMBは本提案を本総会の議題とするよう、京都地方裁判所に対して仮処分の申立を行いました。

RMBの過去のプレスリリースについては、フェイスへの提言をご覧ください。

以上


Contacts

本件に関するお問い合わせ先
RMBキャピタル
Ilhwa Lee
japan@rmbcap.com

情報提供元:
記事名:「RMBキャピタル:京都地裁に日本コロムビアスピンオフIPO議案上程の仮処分を申立てました