• 戦略的パートナーシップにより、フリギーのプレミアム・メンバー(F3とF4)は、中国全土190カ所以上の空港ラウンジのコリンソン「LoungeKey powered by Priority Pass」ネットワークに無料でアクセス可能に
  • フリギーの最上クラスのメンバー(F4)は、同伴者の無料ラウンジ利用(ラウンジ入場2回分)も認められます

香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 旅行者体験と医療アシスタンスの世界的リーダーで、空港体験プログラムのプライオリティ・パスを所有・運営するコリンソンは、アリババ・グループが所有する旅行プラットフォームのフリギーとの戦略的パートナーシップを発表し、2021年4月21日より、中国全土でプレミアム・メンバーにラウンジへのアクセスを提供します。


このパートナーシップの下で、フリギーのF3メンバーは、飛行機に搭乗する前にコリンソンの中国ネットワーク(主要空港60カ所以上)内の190カ所を超えるラウンジでリラックスし、くつろいで充電するための利用権をタオバオ・フリギー・アプリを通じて入手できます。同時に、フリギーのF4メンバーはポイントの交換によって、これらの施設のくつろいだ雰囲気やアメニティ、サービスを楽しめるように追加の同伴者を招待することができるようになります。

コリンソンのアジア太平洋プレジデントのトッド・ハンドコックは、次のように述べています。「私たちの最近の調査では、世界中で、旅行を再開したいと考える人々にとって精神的な健康が優先事項となっていることが明らかになりました。アジアでは頻繁に飛行機に乗る人々の大部分が、空港内の社会的距離の確保されたスペースでストレスを解消し、リラックスしようとしています。フリギーとのパートナーシップは、アジアの旅行者にシームレスでストレスのない体験を提供する上での重要なステップを意味しています。また、特に地域経済の再建という観点から、国内旅行がこの地域の成功に不可欠である中、旅行業界の回復を支援するという私たちの継続的な取組みを示すものでもあります。」

フリギーのユーザー獲得・メンバーシップ特典担当ゼネラルマネジャーのワン・リーは、次のように述べています。「私たちは、コリンソンと提携して、フリギーのメンバーにこれまで以上の特典とさらに良いユーザー・エクスペリエンスを提供できることを非常にうれしく思っています。私たちはコリンソンと協力して、旅行の未来を共に探求し、若い世代に焦点を当てるとともに、私たちの旅行サービスを向上させるためにあらゆる努力をしていきます。」

この最新の発表は、世界中の旅行の安全な再開をサポートするためのコリンソンの継続的な努力と一致しています。この努力により、旅行者の信頼を再構築し、パンデミック後の旅行者体験を安全に向上させることを目的とする主要な航空会社との一連の戦略的パートナーシップが実現しています。そのようなパートナーシップには、現在進行中のシンガポール航空との検査実施の協働と、ロイヤルティ・プログラムを拡大するためのコリンソンのアシアナ航空との協働が含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Stephanie Mazinyi
smazinyi@Golin.com
+85291570446

情報提供元:
記事名:「コリンソンがアリババのフリギーと提携し、プラットフォームの忠実なメンバーの旅行体験を引き上げる