Apruveのロングテール・オートメーションは、大量取引を単純化して加速させる

ミネアポリス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- グローバル企業のための米国の先駆的ロングテール債権・売掛金自動化企業のApruveは本日、ソリューションを中国市場に拡大したと発表しました。


Apruveは、組織が大量の小口取引先を管理するために必要となる時間とリソースを削減することを可能にします。Apruveのグローバル・クレジット・ネットワークの拡大とApruveペイメント・プラットフォームの国際化により、グローバル企業は中国の顧客に単純化されたデジタル取引エクスペリエンスを提供しながら、毎晩の請求書支払いによって売上債権回転日数(DSO)を1日に短縮することが可能になりました。

Apruve最高経営責任者(CEO)のMichael Nobleは、このように述べています。「この1年間に当社では、国際市場のために自動化されたデジタル支払いソリューションを必要とする企業顧客が大きく増加したことを確認しています。このような企業は、ビジネスの強まるリスクと複雑さの課題、高度に分散されたA/Rオペレーション管理への移行、そして国際的成長の目標を達成することのバランスを取ることに努めています。当社のカスタマイズ可能なソリューションを中国に拡大することで、当社は、この市場で事業を行う際の主要な障壁の一部を取り除くことに貢献する処理効率を実現していきます。」

このプラットフォームの強化はApruveの債権およびA/R能力を基盤とするもので、これには、人民元と米ドルの両方での取引の提供、複数言語請求書および買い手ポータル、為替レートとタイミングに対する制御の強化、請求書のローカライズが含まれます。Apruveのビジネス・プロセス・オートメーションのプログラムは、米国、カナダ、英国、欧州連合を含む40カ国以上に展開されています。

Nobleは、このように述べています。「Apruveは国際的な直販経路と大量反復的支払いのニーズを持つ企業に、そのロングテールの取引を効率化する方法を提供し、高価値顧客に集中する時間を確保することを可能にしています。当社の柔軟性の高い通貨制御、請求書ファイナンスによるDSOの1日への短縮、複数国対応により、お客さまはApruveのソリューションで迅速にROIを確認できます。」

Apruveについて

Apruveは、大企業がロングテールの債権およびA/Rを自動化することを可能にし、組織は収益の20%に時間とリソースの80%をかける状況を終わらせることができます。Apruveを導入した企業はDSOを1日に短縮し、顧客サービスを改善し、キャッシュフローを増やすことができます。高価値を生み出す活動に集中する時間を確保するためには、https://apruve.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Kimberly Baldwin
920.246.1541
kimberly@apruve.com

情報提供元:
記事名:「Apruve、自動化債権&売掛金プラットフォームを中国で拡大