米カリフォルニア州フォスターシティ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 通信業界向け5G収益化の世界的リーダーのメイトリックス・ソフトウエアは本日、イタリアのWINDTREとの提携を拡大し、同社のデジタル・モバイル・ブランドのVery Mobileを強化すると発表しました。イタリアで初めてアプリ・ベースのモバイル・サービスを備えたVery Mobileは、メイトリックスが実現する俊敏性と柔軟性を利用して、市場を変革しました。Very Mobileはその提供開始から力強い成長を遂げ、イタリアで最も急成長しているモバイル・ブランドの1つとなっています。メイトリックスとWINDTREは最近、7年間延長した提携関係を完了しました。


WINDTREの最高技術責任者(CTO)のBenoit Hanssen氏は、次のように述べています。「Very Mobileがその使命を果たし、市場を変革するには、初日に単純な価格設定と素晴らしい顧客体験を提供する以上のことをしなければなりませんでした。当社がモバイル・サービスと顧客体験の未来に取り組む中、現代のコマースとデジタル・イネーブルメントのために作られた製品を持つ収益化パートナーが必要です。メイトリックスは、そのためのパートナーです。」

2020年2月に正式に開始したVery Mobileは、WINDTREの真のオムニチャネル・ブランドです。顧客がe-SIM経由で加入した場合でも従来の小売チャネル経由の場合でも、アプリを活用したサービスが一貫性のあるシンプルで充実した顧客体験を、すべてのタッチポイントで提供します。Very Mobileの市場有数の機能には、e-SIM、完全にデジタル化されたオンボーディングとカスタマー・ケア、自動リチャージ、バンドル・リスタート機能、1クリック・チャージなど、顧客のライフサイクル全体にわたるサポートが含まれます。

メイトリックスのグロー・ゴードン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「収益化のパートナーとして、市場を一変するようなVery Mobileのサービスを支えていることを誇りに思います。同社のチームが、当社の製品優先ソリューションを活用して、柔軟なリアルタイム体験を提供するのを目の当たりにしたことで、サービス・プロバイダーがデジタルの可能性を受け入れた時に何が可能になるかを強く実感しました。」

メイトリックス・デジタル・コマースは、Very Mobileの新しいデジタル・スタックの中心にある収益化エンジンとして、顧客がいつでも口座残高、サービス、支出を完全に把握できるようにします。APIファーストの設計で構築されているメイトリックスは、Very Mobileが技術インフラを簡素化して複雑性とコストを削減できるようにしました。業界有数のクラウドネイティブなソリューションのメイトリックス・デジタル・コマースは5Gに対応しているため、デジタルに精通したVery Mobileの顧客に提供される強化されたゲーミングやV/R体験など、新たに登場する課金のユースケースもサポートできます。

メイトリックス・ソフトウエアについて

メイトリックス・ソフトウエアは、通信業界向けの5G収益化で世界をリードしています。世界最大級の通信事業者グループ、地域キャリア、新興デジタル・サービス・プロバイダーの多くと取引があるメイトリックスは、クラウドネイティブなデジタル・コマース・ソリューションを提供して、商業・運営上の比類なき機動性を実現しています。メイトリックスはITとネットワークを統合し、ネットワーク・グレードの統合型課金システム(CCS)を提供することで、インフラの効率的なハイパースケール化を可能にし、消費者サービス、卸売、企業のマーケットプレイスに対応しています。卓越した製品と顧客の成功のために、たゆまぬ努力を続け、メイトリックスは企業がネットワーク資産とビジネスの機動性を活用して、ウェブ・スケールで成功できるように支援しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact
Jennifer Kyriakakis
mediainquiry@matrixx.com

情報提供元:
記事名:「WINDTREがメイトリックス・ソフトウエアと共に画期的なデジタル・ブランドを立ち上げ