元プラット・アンド・ホイットニーのCFOでサーコアのEVPが会社の成長計画に助言

米フロリダ州サンライズ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 経験豊富な上級財務エグゼクティブのラジーブ・バーラが、航空宇宙中古使用可能資材(USM)市場のリーダー企業ネクスト・レベル・アビエーションの取締役に任命されました。当社が今後、組織的に、また買収を通して大幅な成長を計画する中で、バーラは、財務、経営、戦略に関するその幅広い専門知識を生かします。



バーラの経歴には、財務、ガバナンス、チーム育成における確かな規律と専門知識が含まれています。これは、現在の仕事であるサーベラスの経営パートナーやさまざまな企業の取締役、ならびに数多くの成功した企業での経験から得られたものです。中でも注目すべきは、以下の役割です。

  • サーコア・インターナショナルのエグゼクティブ・バイスプレジデント兼最高財務責任者(CFO)
  • プラット・アンド・ホイットニーおよびシコルスキー・エアクラフトの財務担当バイスプレジデントおよび最高財務責任者
  • ロッキード マーティン コーポレーションの経理責任者兼最高会計責任者
  • プライスウォーターハウスクーパースのパートナー

ネクスト・レベルのジャック・ゴードン会長兼最高経営責任者(CEO)は、今回の任命について次のように述べています。「ラジーブ・バーラをネクスト・レベル・アビエーションの取締役に迎えることができ、大変うれしく思っています。当社が戦略的な将来の成長を計画する中で、素晴らしい経歴を有するバーラは、ネクスト・レベル・アビエーションの上級経営チームにとって非常に貴重なリソースとなりアドバイザーとなります。」

ゴードン会長はさらに次のように述べています。「バーラ氏は取締役に就任しただけでなく、財務専門家として監査委員会の委員長を務め、当社のガバナンス委員会の委員も務めます。」

バーラ氏は次のように述べています。「ネクスト・レベル・アビエーションは、中古使用可能資材市場で優れた地位を築いていると同時に経営効率を重視しています。そのため、同社の取締役会に参加するには非常に良い時期だと思います。航空宇宙・防衛市場に関する知識と財務に関する専門知識を活かして、会社の長期的な成長と収益性の向上を促進することを楽しみにしています。」

ネクスト・レベル・アビエーションについて

ネクスト・レベル・アビエーションは、ASA-100認定を受け、FAAの航空局通達00-56Bに準拠したサプライヤーとして、ボーイングおよびエアバスのすべての航空機プラットフォームと関連ジェットエンジン向けの民間航空機/ジェットエンジンの中古使用可能資材(USM)を在庫として保有しています。ネクスト・レベルは現在、世界の民間航空機の約70%を占めるボーイング737およびエアバスA320ファミリーの航空機と関連するジェットエンジンのスペア部品の在庫保有に注力しています。ネクスト・レベル・アビエーションは、2013年3月にジャック・ゴードン、マイク・ドレイヤー、マット・ドレイヤーによって設立され、民間航空機/ジェットエンジンの中古使用可能資材を提供する世界トップのサプライヤーに成長しました。www.nextlevelaviation.net

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jack Gordon
305-439-1944
jack@nextlevelaviation.net

情報提供元:
記事名:「ラジーブ・バーラがネクスト・レベル・アビエーションの取締役に任命される