YCコンティニュイティ・ファンドが主導するシリーズCで、急成長中のディールの評価額が12億5000万ドルに

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界中で雇用の壁を打ち破る国際給与事務会社のディールは本日、YCコンティニュイティ・ファンドが主導するシリーズC資金調達で1億5600万ドルを調達し、アリ・ロウガニを取締役に迎えたと発表しました。このラウンドは、既存の投資家のアンドリーセン・ホロウィッツとスパーク・キャピタルが共同主導しました。このラウンドには、Dara Khosrowshahi、Lachy Groom、Jeffrey Katzenberg、Jeff Wilke、Anthony Schillerなども参加しました。評価額が12億5000万ドルとなったディールは、グローバルな給与事務とコンプライアンスの分野で市場のリーダー企業として浮上してきました。


ディールは、企業がさまざまな場所でさまざまな人をコンプライアンスを維持して雇用できるようにしています。海外の従業員や契約社員の雇用や新人研修は、現地法人を必要とせず、5分以内で完了します。120種類以上の通貨での給与支払いもワンクリックで行うことができます。

ディールは、MITを卒業したAlex BouazizとShuo Wangが2018年に共同で設立しました。パンデミックが発生した時、ディールはすでにこの問題に焦点を当てており、企業が働き方や採用基準の劇的な変化に適応できるように支援をする上で絶好の位置にいました。

ディールのAlex Bouaziz最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「私たちは、アルゼンチンからザンビアまで、世界中のどこでも採用活動を行いたいと考えている企業のためのソリューションとなるよう、ディールを立ち上げました。私たちは、多数の企業が本質的に困難だと感じている問題を解決することに乗り出しました。ディールは全てを信頼できる製品に統合し、雇用や給与支払いのほか、グローバル・チームのメンバーに最高の体験を提供するために活用されています。今回の3度目の大規模な投資により、世界中の企業、従業員、契約社員のためにさらに多くの扉を開くことができるようになります。」

2020年にディールは収益を20倍に伸ばし、現在では世界で1800社以上の企業を支えています。ディールは急激な成長により連続して資金調達ラウンドを行い、1年以内に総額2億600万ドルを調達しました。今回のシリーズC資金調達により、ディールは国際的な拡大を続け、2021年には新たな市場を開拓し、世界各地に自社所有の事業体80社を新たに設立する予定です。ディールは世界中で優秀な人材を採用し、チームを拡大する計画も持っています。ディールはさらに、従業員のエクイティやオープンAPIといった特性に重点を置き、提供製品を全面的に改善、構築、成長させていきます。

YCコンティニュイティのアリ・ロウガニは、次のように述べています。「人々の働き方は根本的に変化しており、ディールはその先頭に立っています。ディールはパンデミック前からリモートワークの最前線にいましたし、これからもずっとそうでしょう。このチームは、企業が近郊の優秀な人材だけでなく、世界中から最高の人材を採用できるよう、リモートワークの障害を取り除くための独自の能力を備えています。」

ウーバーのDara Khosrowshahi CEOは、「世界中の企業が、最も身近な人材ではなく、場所を問わず最高の人材を採用できるように、複雑で煩雑な給与支払いやコンプライアンスを合理化し、障害を取り除くプラットフォームであるディールに投資できることを嬉しく思います」と述べています。

ディール自体のチームは完全リモートで、7人だった従業員が、2020年1月以降、26カ国で120人以上に増えています。CBインサイツは、ディールのような技術プラットフォームが企業のリモート優先の働き方への移行を支援することで、バーチャル人事ソフトウェア業界は2026年までに430億ドルに成長すると予測しています。

ディールについて

ディールは、企業がさまざまな場所でさまざまな人を雇用できるようにするためのグローバルなコンプライアンスと給与事務のソリューションです。技術を駆使したセルフサービス・プロセスにより、企業は150カ国以上で独立の契約社員や正社員をコンプライアンスを維持しながら数分で雇用できるようになりました。ディールは250人以上の法律、会計、移動、税務の専門家をパートナーに持ち、企業がテンプレートのライブラリーからローカライズされた契約書をコンプライアンスに則って作成し、署名、送信することを可能にしています。ディールは、契約社員や従業員から税務書類などの国別の文書を収集するプロセスを自動化し、文書が正しく整っているようにします。このプラットフォームでは、企業は数回のクリックだけで120種類以上の通貨で海外の契約社員や従業員に給与を支払うこともできます。ディールの詳細については、こちらをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Lisa Tarter
lisa@tidalwavepr.com

情報提供元:
記事名:「グローバルな雇用・支払いプラットフォームのディールが1億5600万ドルを調達してユニコーン企業に