ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- コリシティ(当社)は、2021年2月26日に完了した当社の3450万ユニットの新規公開売り出し(引受会社による450万ユニットのオーバーアロットメント・オプションの行使を含む)(売り出し)で売り出されたユニットの保有者が2021年4月16日前後からユニットに含まれるクラスA普通株式とワラントを分離して取引することを選択できると発表しました。分離されないユニットはシンボル「COLIU」によるナスダック資本市場での取引が続けられ、クラスA普通株式とワラントは、ナスダック資本市場でそれぞれ「COLI」、「COLIW」のシンボルで個別に取引されるようになります。ユニットの分離時に端数のワラントは発行されず、整数個のワラントのみが売買されます。ユニットをクラスA普通株式とワラントに分離するためには、ユニット保有者は、当社の名義書換代理人であるContinental Stock Transfer & Trust Companyに連絡を取ることを取引証券会社に指示する必要があります。

本プレスリリースは、販売の申し出や購入の申し出の勧誘を構成するものではなく、いかなる州または管轄域においても、当該州または管轄域の証券法により登録または認可前のこのような申し出、勧誘または売出しが違法とされている場合、この証券を販売することはできません。

本売り出しは目論見書のみによって行われました。目論見書の写しは、ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs & Co. LLC., Attention: Prospectus Department, 200 West Street, New York, New York 10282、電子メール:prospectus-ny@ny-email.gs.comまたは電話:1-866-471-2526)より入手できます。

コリシティについて

コリシティは、合併、株式交換、資産取得、株式購入、組織再編、あるいはこれらに類する結合を1社以上の企業との間で行うことを目的として設立されたブランクチェック会社です。当社は、テクノロジー、メディアおよび通信セクターに属する企業に焦点をあてる予定を持ち、通信・テクノロジー分野の経験豊富な起業家でコリシティ会長兼最高経営責任者(CEO)のクレイグ・O・マカウおよびコリシティ最高投資責任者のランディ・ラッセルが率いています。

将来見通しに関する記述についての注意事項

本プレスリリースには、当社の新規公開売り出しおよび当初の企業結合の模索に関するものを含め、「将来見通しに関する記述」が含まれています。売り出しによる調達資金が示された通りに使用されることは保証されていません。将来見通しに関する記述は、米国証券取引委員会(SEC)に提出された当社の新規株式公開に関する登録届出書および目論見書の「Risk Factors(リスク要因)」と題したセクションに記載されたものを含め、数多くの条件による影響を受け、その多くは当社のコントロールの及ばないものです。写しは、SECのウェブサイト(www.sec.gov)で入手できます。当社は、法律で要求される場合を除き、本リリースの日より後にこのような記述を改訂または変更するために更新する義務を負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

コリシティに関するお問い合わせはすべてTodd Wolfenbarger宛てにお願いします:wolfenbarger@summitslc.com / 801-244-9600.

 

情報提供元:
記事名:「コリシティが同社クラスA普通株式とワラントの個別取引の開始を発表、2021年4月16日前後から