米ノースカロライナ州モリスビル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 本日、レノボは、6万3000人の従業員向けに放送された年次グローバル従業員キックオフ・イベントにおいて、世界的デバイス企業から世界的デバイス+ソリューション、サービス、ソフトウエアのテクノロジー・リーダーへの変革を推進する計画を発表しました。レノボの楊元慶最高経営責任者(CEO)を含む経営幹部が、レノボの次の10年の成長を促進し、世界で最も信頼される象徴的なテクノロジー・リーダーとしての地位を確立し、すべての人によりスマートなテクノロジーを提供するための戦略、構造、目標について説明しました。


レノボの楊元慶CEOは、次のように述べています。「昨年のこの時期、レノボの状況が今後どのようになるかを分かっている人はいませんでした。しかし、分かっていたこともありました。私たちは、予測不可能な前途で互いに支え合い、不確実な世界で可能な限り最良の結果を求めて戦い、テクノロジーを用いて傷ついた社会をつなぎ癒すのです。」

昨年、COVIDパンデミックにより、世界の多くの企業や消費者は、遠隔学習や患者の治療、ビジネスモデルの転換など、新しい方法でテクノロジー・イノベーションを導入して利用するようになりました。企業や消費者は、この厳しい環境で生き残って成功するために必要なデバイスとソリューションを提供するレノボ独自の能力に期待しました。レノボの熱心で多様性に富んだグローバルな従業員が、パンデミックの初期に施設が閉鎖された後、最初に製造を再開し、47日間で新しい工場を建設し、影響力のある慈善寄付活動を開始したことで、当社はテクノロジー・ソリューションに対する世界的なニーズに応えることができました。

会社の第4の変革に向けた比類なき成長

レノボの業務と従業員の抵抗力により、事業のすべての分野で大きな成長を達成し、当社の株価は前年比で2倍になりました。また、レノボは35年の歴史の中で4回目の変革を行い、デバイス+サービス+ソフトウエア+ソリューションを組み合わせた広範なテクノロジー・リーダーとしての地位を確立しました。

揚は次のように述べています。「当社の株価は2倍になりました。これは、当社の優れた執行力を示しているだけでなく、市場がレノボを抵抗力のある成功した企業と見なしていることを示しています。当社のチームはパンデミック発生以前も強力でしたが、パンデミック後はさらに強力なチームになりました。」

最近の主な業績は以下の通りです。

  • 2020年度第1~3四半期には、売上高が前年同期比で12%増加し、税引前利益は48%増加しました。
  • レノボは、PCおよびタブレットの市場シェアにおいて、過去最高の数字を出し、誰もが認める世界トップの地位を維持しています。
  • モバイル事業の売上高は、第3四半期に前年同期比で2桁の成長を達成しました。
  • データセンター事業の売上高は前年同期比で2桁の成長を達成し、4四半期連続して市場平均を大幅に上回る業績を上げました。
  • サービス・ソフトウエア・ソリューション事業は、第3四半期に前年同期比で約38%の成長を遂げ、現在、当社の総売上高の約8%を占めています。
  • レノボ資本投資グループは、7件のIPOを通して財務的・戦略的に寄与し、過去最高の投資利益を実現しました。

さらに、レノボは上海証券取引所への追加上場を計画しており、これにより投資家のアクセスを広げ、より大きな価値を引き出します。このような成長は、スコープ1およびスコープ2の温室効果ガス排出量を92%削減したことから分かるように、レノボの持続可能性への強力な取り組みと並行して実現されています。レノボは環境に配慮した変革に取り組んでおり、意欲的な科学的根拠に基づく目標を掲げ、2050年までにネットゼロ排出量を達成する上で何が必要かを明確化しています。

次の10年に向けた新戦略を発表

次の10年の成長に向けたレノボの戦略は、現在当社が有する強力な「構成要素」をすべて活用し、それを組み合わせてテクノロジー市場の動向に合わせたエンド・ツー・エンドのソリューションを構築し、3つの方法でお客さまのビジネス上の問題を解決することです。

  • デバイスの普及:「1人に1台のPC、タブレット、あるいは他のデバイス」という形で、より多くの人が専用のデバイスを必要としています。レノボは、各セグメントであらゆる種類のデバイスを提供し、新しいフォームファクターを開発し、5G接続を取り入れ、拡張現実を探求し、新しい協業ツールを提供していきます。
  • エンド・ツー・エンドのインフラストラクチャー:現在のお客さまは、ハードウエアにソフトウエア、サポート、専門知識を組み合わせた統合的ソリューションを求めています。レノボは今後も、オンプレミスのデータセンターからプライベート・クラウド、パブリック・クラウド、ならびにエッジ・ツー・クラウド・ソリューションまで、幅広いインフラストラクチャー・ポートフォリオの提供を拡大していきます。
  • AIが支えるインテリジェントな変革:レノボは、IoT、ビッグデータ、アルゴリズム、エッジ・コンピューティングなどの新たなトレンドに対応する基盤技術を提供します。レノボは、ハードウエアとサービスを組み合わせ、スマート製造、スマート教育、スマート小売、スマートシティにおけるインテリジェントなソリューションを実現します。

2021年4月1日より、レノボは、スマートIoT、スマートインフラ、スマートバーティカルに重点を置いた新しい組織構造に基づいて事業グループを調整しました。

  • インテリジェント・デバイス・グループ(IDG)(スマートIoTに注力)
  • インフラストラクチャー・ソリューション・グループ(ISG)(スマートインフラストラクチャーに注力)
  • ソリューション&サービス・グループ(SSG)(スマートバーティカル&サービスに注力)

新年度に向けた意欲的な目標を発表

世界の従業員を前に、揚会長兼CEOは、来年度に向けて当社の変革を加速する意欲的な目標について説明しました。

  • 大企業、中小企業、一般消費者を対象としたPC市場のシェアでトップになる。
  • 5Gのイノベーションにより拡大した市場でモバイルの収益性を達成する。
  • 新たなソリューション&サービス・グループ全体で、会社の2倍の成長を達成する。
  • インフラストラクチャー・ソリューション・グループで2桁の成長を達成する。

揚は、次のように述べています。「私たちには刺激的な未来がありますが、インテリジェントな変革活動においてそこに到達するためには着実な対策が必要です。誇りを持ちつつも、自己満足は禁物です。楽観的でありながらも、抵抗力は必要です。高い目標を掲げつつ、地に足をつけなければなりません。」

レノボについて

レノボ(HKSE:992)(PINK SHEETS:LNVGY)は、フォーチュン・グローバル500社に選ばれている売上高500億米ドルの企業であり、6万3000人の従業員を擁し、世界の180市場で事業を展開しています。すべての人によりスマートな技術を提供するという大胆なビジョンに基づき、当社は、より包摂的で信頼できる持続可能なデジタル社会を構築する世界を変える技術を開発しています。当社は、世界で最も完全なスマートデバイスとインフラストラクチャーのポートフォリオを考案、設計、構築することで、インテリジェント・トランスフォーメーションを推進し、世界の数百万人のお客さまにより良い体験と機会を生み出しています。詳細は、https://www.lenovo.comをご覧ください。リンクトインフェイスブックツイッターユーチューブインスタグラムウェイボーで当社をフォローしてください。また、ストーリーハブで最新の情報をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Kristy Fair
krisfair@lenovo.com
919-257-6329

 

情報提供元:
記事名:「レノボ、企業変革戦略を説明 - デバイス企業からソリューション企業へ