バミューダ諸島ハミルトン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- OILは、3月24日水曜日にバミューダ諸島ハミルトン(3 Bermudiana Road)のオフィスで2021年3月の取締役会を開催しました。


この会議の中で取締役は、2020年度の財務諸表の承認、戦略計画の策定に関する討議、2021年3月24日時点での登録株主への2021年6月30日付けの配当金3億8000万ドルの支払の承認、DNWSの定義の変更を行いました。

2020年の保険引受利益は6690万ドルでした。正味資産運用益と事務費用を考慮後の2020年の純利益は、4億6650万ドルでした。OILの2020年の財務業績の詳細情報については、www.oil.bmに掲載されている監査済財務諸表をご覧ください。

当社は、大西洋海盆以外で発生する特定暴風が今後DNWSに分類される可能性を最小限に抑えるために、DNWSの定義を変更しました。今後は、暴風の一部ではなく、暴風の中心部が大西洋海盆に入った場合にDNWSと定義されることになります。この変更は、2021年3月24日から適用されます。

ファブリツィオ・マストラントニオ会長は、「取締役会は、2021年に最終決定される戦略計画により生じる可能性のある将来的な資本ニーズを勘案した上で、複数年にわたる資本管理計画を慎重に検討した結果、3億8000万ドルの配当支払いを承認することを決定しました」と説明しています。

ベルティル・オルソン社長兼最高経営責任者(CEO)は、「2020年の好業績と当社の健全な資本状況により、再び株主の皆様に多額の資本還元を行うことができます。これは、OILの事業モデルの優れた価値を示しています」と語っています。

OILの財物保障範囲およびその関連評価の詳細情報については、www.oil.bmをご覧ください。

オイル・インシュアランス・リミテッド(OIL)は、50社を超える社員のために3兆ドルを超える世界のエネルギー資産に対する保険を引き受けており、物件限度額は4億ドルを上限としてA格付け資産の能力は210億ドルを超えています。社員は中・大規模の公開および非公開エネルギー会社であり、実物資産額が最低10億ドルで投資適格か同等の企業です。提供する保険商品・保障には、財物(物的損害)、暴風(メキシコ湾オフショアを除く)、非漸進的汚染、油井制御、海難残骸物除去、テロ、サイバー、建設、貨物が含まれます。OILが保障する業種は、オフショアおよびオンショア探査・生産、製油・販売、石油化学、鉱業、パイプライン、電力、再生可能エネルギー、その他の関連エネルギー事業などです。

本プレスリリースに関するお問い合わせは、SVP兼COOのGeorge Hutchings(george.hutchings@oil.bmまたは+1 (441) 295-0905)までお願いいたします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

George Hutchings
george.hutchings@oil.bm
+1 (441) 295-0905

 

情報提供元:
記事名:「オイル・インシュアランス・リミテッド(OIL)が3億8000万ドルの配当を宣言、特定暴風(DNWS)の定義を変更