新たなパートナーとコンピューター・ビジョン・アプリケーションがジョイスの能力を向上させる


モントリオール & 香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- イマービジョンは、コンピューター・ビジョン界を統合する世界初のヒト型ロボットであるジョイスの新しいパートナーを発表しました。有名なヒト型ロボットのソフィアを開発したハンソン・ロボティクス・リミテッドが、イマービジョンのジョイスと協力して機械知覚をさらに進化させ、人間のような視覚や人間を超えた視覚の実現を支援します。

ハンソン・ロボティクスは、ソフィアから得られたノウハウを活用し、ジョイスに最先端のヒト型ボディーを製作します。このボディーには、超広角パノモーフ・カメラ3台を備えたイマービジョンのpanomorphEYEをベースにした視覚野が搭載されます。ソフィアにも同じ視覚野を搭載して性能を向上させます。

ハンソン・ロボティクスのデービッド・ハンソン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ジョイス・プロジェクトでイマービジョンと提携することを非常に楽しみにしています。イマービジョン製品のような強力なコンピューター・ビジョンがソフィアやその妹のジョイスのような社会的ロボットの身体化認知と組み合わされることで、有益なAIとロボット工学に飛躍的な進化をもたらすことができると信じています。」

イマービジョンのパスカル・ニニ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ソフィアのために開発され実装された技術は、ハンソン・ロボティクスがいかに先端的かを如実に示しています。デービッド・ハンソン氏の優秀なチームと協力して革新的なサードパーティーのコンピューター・ビジョンをジョイスに統合し、刺激的な新しいユースケースを実現していきます。」

イマービジョンは、ジョイスのパートナーシップに参加する追加メンバーを積極的に採用しています。このコラボレーションを促進するため、イマービジョンは開発者、大学、テクノロジー企業向けに開発キットを提供する予定です。このキットによりジョイス・プログラムのパートナーは、センサー、ソフトウエア、AIアルゴリズムを追加して周辺環境に対するジョイスの知覚と理解を高め、コンピューター・ビジョンにおける課題を解決できます。

機械に人間と同等の知覚、特に視覚を装備することで、大きな経済効果が幅広い業界にもたらされるでしょう。イマービジョンはコンピューター・ビジョン界に対し、ジョイス・パートナーシップの協力者となり、自社技術を用いてジョイスの性能を向上させ、刺激的な未来の恩恵にあずかるよう推奨します。

機械知覚は、まさに世界を変革するために役立つ素晴らしい力です。

イマービジョン(www.immervision.com)は、機械が人間の視覚を超越することを可能にし、それによりAIの可能性を最大限に解き放つことを目指すマシンビジョン企業です。

ハンソン・ロボティクス(www.hansonrobotics.com)は、私たちの生活の質を豊かにする社会的知性を持つ機械の開発に特化したAIとロボット工学の企業です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Immervision
Nicole Conley, nicole.conley@taniscomm.com

Hanson Robotics
Cyndy Sandor, cyndy.sandor@hansonrobotics.com

情報提供元:
記事名:「イマービジョンとハンソン・ロボティクスが、ロボットのソフィアに間もなく新しい妹のジョイスが誕生すると発表