スイス・キアッソ、米国・ボストン発--(BUSINESS WIRE)--意思決定プラットフォームを提供するBoard Internationalは本日、共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるGiovanni Grossi(ジョバンニ・グロッシ)が2021年3月31日に退任することを発表します。


ジョバンニ・グロッシは次のように述べています。「Board Internationalを成功に導いて25年以上経った今、退任することを決定いたしました。私は、優れた業績を達成している強力で組織化された会社を去りますが、弊社は昨年の同期比で70%以上成長しており、潤沢な営業パイプラインに加え、4月には、これまでで最高のバージョンのプラットフォームのリリースが控えています。私の在任中、弊社の成長に協力してくれたすべての人々に感謝したいと思います。Board は、強力なチーム力の下で成功を推進し続けると確信しています。ノルディック・キャピタルとMaurizio Carli(マウリツィオ・カルリ)に特に感謝します。」

Boardは、引き続き事業のグローバル拡大を推進し、成長軌道を強化してまいります。グロッシ氏の退任は、2019年のノルディック・キャピタルによるBoard Internationalの過半数の株式取得の一環として予定されていたもので、2020年末にはNordicの所有権が増加しています。Board Internationalの会長であるMaurizio Carli(マウリツィオ・カルリ)が、暫定CEOとして後任の着任まで業務を引き継ぎます。カルリは、IT業界における30年以上の経験を活かし、Boardの役員らと共にエグゼクティブコミッティの一員として事業を指揮していきます

非常に成功した会社を設立してくれたグロッシ氏に感謝します。共に業務を遂行した過去数年の間に見た彼のリーダーシップと市場に対する彼の素晴らしい視点の両方に感銘を受けました」とマウリツィオ・カルリはコメントしています。

Nordic Capital Advisors(ノルディック・キャピタル・アドバイザー)のパートナー兼テクノロジー&ペイメントの責任者(およびBoard Internationalの取締役)であるFredrik Näslund(フレデリック・ネスランド)は次のように述べています。「ノルディック・キャピタルは、グロッシ氏の過去27年間のCEO兼共同創設者としての献身と起業家精神に感謝します。 彼のリーダーシップの下で、同社は意思決定ソフトウェアのグローバルリーダーに成長し、26か国での事業展開、優良顧客基盤など将来に明るい展望を持っています。グロッシ氏の今後の活躍をお祈りすると共に、成長の次の段階に進むBoardの株主としてご支援いただけることを感謝いたします。」

過去数年間、Boardは世界的に成功を収めており、直近3年間の年間経常収益は平均67%増加しています。これは、Boardの優れたテクノロジー、有能な人材、および顧客重視であることの証です。

フレデリック・ネスランド氏は次のように話しています。 ノルディックキャピタルは、Boardのすべてのお客様と社員の皆様との今後の継続的な成長をともに歩むことを楽しみにしています。」

Boardについて

BOARD International は、1994年に設立されたスイスと米国ボストンに本社を置くソフトウェア企業です。企業の意思決定を支援するビジネスインテリジェンス(BI)、CPM(経営管理)及び予測分析アプリケーションを一つのプラットフォームで実現するBoardを提供しています。Boardの意思決定プラットフォームを活用することで、正確で包括的な事業データを一元的に把握し、経営戦略からオペレーションの実行まで企業全体のパフォーマンスを管理することが可能です。Coca-Cola, Ricoh, KPMG, Puma, SiemensやZFグループといった大手グローバル企業がBOARDを導入しています。


Contacts

Giulia Biond
Head of Communications
gbiondi@board.com

情報提供元:
記事名:「Board International CEO ジョバンニ・グロッシの退任を発表