国際的なたばこ企業がBlue Yonderの輸送管理ソリューションを活用

米アリゾナ州スコッツデール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタルサプライチェーンおよびオムニチャネル・コマース・フルフィルメントの世界的リーダーであるBlue Yonderは、国際的な大手たばこ会社のフィリップ モリス インターナショナル(PMI)がエンドツーエンドのサプライチェーン戦略を完成させるために、Blue YonderのSaaSおよびクラウドベースの輸送管理ソリューション(TMS)を採用したことを発表しました。


PMIは、世界中で煙の出ない製品を商品化することにより、煙のない社会を実現するよう、ビジネスの変革を続けており、デジタルな輸送管理を含めたサプライチェーンの導入を進めています。Blue YonderはPMIをサポートし、スケーラブルなソリューションを提供することで可視化を実現し、世界的な貨物管理を支援します。これによりPMIは、適切な商品の計画、最適化、輸配送を改善しつつ、配送コスト全体を一元的に追跡することができるようになります。その結果、B2B顧客へのサービスを向上させると共に、二次流通チャネルを通じてB2Cの顧客へのサービス提供能力も強化することが可能になります。

Blue YonderのEMEA担当プレジデント Johan Reventbergは、次のように述べています。「私たちは、煙の出ない製品カテゴリーの商品化を進めるPMIをサポートさせていただくのを楽しみにしています。新たなサプライチェーン・チャネルが求められる中、当社のソリューションは、PMIが変化する要件に適応するための俊敏性を高めるだけでなく、変化する状況に対するレジリエンス(回復力)を強化するのにも役立ちます」

PMIは、Blue YonderのTMSに移行し、Microsoft Azureの能力を活用することで、陸運、海運、ラストワンマイル配送など複数の輸配送システム全体で、モデリングから計画、実行に至るまで、エンドツーエンドのビジネスプロセスを迅速かつ効率的に管理しながら、輸送業務を変革することができます。これにより同社は、最終的に自社製品の配送状況について、輸送業者と効果的かつリアルタイムにコミュニケーションをとることができるようになります。Blue Yonderはサプライヤーと輸送業者のコラボレーションツールと連動して、インバウンドとアウトバウンドの輸送業務を可視化すると共に、PMIのサプライチェーンネットワーク全体で利用可能な機会の包括的な概要を提示します。

Blue YonderのTMSソリューションは、オープンなデジタルプラットフォームに向かう第一歩であり、PMIの消費者起点のオペレーションモデルを可能にします。Blue Yonderの製品は、既存の輸送管理ポートフォリオを簡素化し、最先端のテクノロジーを活用して、PMIの既存のITエコシステムにシームレスに統合されます。

PMIのグローバル・サプライチェーン担当バイスプレジデントのDavid Cutterは、次のように述べています。「輸送は戦略的なプロセスであり、当社は小売業のお客さまにサービスを提供し、煙の出ない製品カテゴリーの高まるニーズに応えるために、製品在庫の可視性と管理をより確実にしたいと考えていました。Blue YonderのTMSは、適切な要素をすべて備えており、市場での実績も有しています。当社がこのカテゴリーを引き続き成長させていく上で、重要なパートナーになると確信しています」

関連情報(英文):

Blue Yonderについて

Blue Yonderは、デジタルサプライチェーンとオムニチャネル・コマース・フルフィルメントの世界的リーダーです。製造企業、小売企業、物流企業は、当社のインテリジェントなエンドツーエンドのプラットフォームにより、顧客の需要をシームレスに予測して対処し、充足することができます。また、より自動化された収益性の高いビジネス上の意思決定を行うことが可能になり、より大きな成長と顧客体験の再構築を実現します。Blue Yonderは、企業および個人がその潜在能力を十分に発揮できるよう支援しています。blueyonder.com

「Blue Yonder」は、Blue Yonder Group, Inc.の商標または登録商標です。本リリース内で「Blue Yonder」の名称を使用して言及されている商品名、製品名、サービス名は、Blue Yonder Group, Inc.の商標であるか、もしくは所有物となっています。その他のすべての会社名および製品名は、関連する企業の商標、登録商標、サービスマークである場合があります。

フィリップ モリス インターナショナル:「煙のない社会」の実現に向けて

PMI は、「煙のない社会」の実現を目指し、今後もたばこ製品を使い続ける成人喫煙者にとって、公衆衛生の観点から社会全般と様々なステークホルダーにとって意義があり、科学的に立証された代替製品を提供すべく、紙巻たばこ全てを「煙の出ない製品」へと切替えることを目指し、たばこ業界において「変革」を推進しています。 PMI は、米国以外の地域において、紙巻たばこ、煙の出ない製品と関連する電子機器・アクセサリー類またその 他のニコチンを含む製品の製造と販売を行っています。PMI は、FDA(米国食品医薬品局)が「曝露低減たばこ製品」として米国内での販売を許可した IQOS(プラットフォーム 1)のデバイスとたばこスティックに関してライセンス契約を締結しているアルトリア・グループに出荷しています。FDA は、同製品について「曝露低減」のコミュニケーションを付して販売することは、公衆衛生を促進するために妥当であると判断しました。PMI は、習慣性がありかつリスクフリーではないものの、紙巻たばこを喫煙し続けた場合と比較してより良い選択肢である煙の出ない新しい製品カテゴリーの構築や科学的実証を企業活動の主軸としています。多岐の専門 分野にわたる世界有数の製品開発能力や設備、科学的実証能力を有する研究開発センターにより、PMI は、煙の出ない製品が成人喫煙者の好みや厳しい規制条件に合致することすることを目標としています。煙の出ない製品である IQOS 製品群には、加熱式たばこやニコチンを含む e ベイパー製品があります。2021年 2月4日 時点で、PMI の加熱式たばこ製品は、IQOS ブランドのもと、世界で 64 の市場における主要都市や全国で展開しており、約 1,270 万人の成人喫煙者が喫煙をやめ、PMI の煙の出ない製品へ切替えたと推定されています。 PMI のウェブサイト(www.pmi.com)および PMI サイエンス(www.pmiscience.com)をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Blue Yonder Public Relations Contacts:
Jolene Peixoto, Vice President, Corporate Communications
Tel: +1 978-475-0524, jolene.peixoto@blueyonder.com

Marina Renneke, APR, Corporate Communications Manager
Tel: +1 480-308-3037, marina.renneke@blueyonder.com

情報提供元:
記事名:「Blue Yonderがフィリップ モリス インターナショナルのサプライチェーン・ソリューションを支援