AR技術のトップ企業が、過去最高の売上高を達成した年度を終え、プレシリーズAラウンドに成功

ロンドン & ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 拡張現実(AR)技術のトップ企業のブリッパー(Blippar)は本日、500万ドルの資金調達ラウンドを完了したと発表しました。


今回のプレシリーズAラウンドは、クロマ・ベンチャーズとウエストコースト・キャピタルが共同で主導しました。クロマ・ベンチャーズは、パディ・バーンズ氏とクリス・ファン・デル・クイル氏のゲーム会社である4Jスタジオの投資部門であり、ウエストコースト・キャピタルは、スコットランドの起業家のサー・トム・ハンターとその家族のプライベート・エクイティ部門です。また、カナダの起業家であるアンソニー・ラカヴェラ氏も自身の投資会社であるグローバライブ・キャピタルを介してこのラウンドに参加しました。

今回の新たな投資により、ARのグローバル・リーダーとしてのブリッパーの地位が強化されます。また、この資金は、業界をリードする当社の技術をさらに発展させ、米国、欧州、アジアなどの主要市場での成長を加速させるためにも使用されます。

ブリッパーのファイサル・ガラリア最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「このような優れた投資家をブリッパーに迎えることができ、大変うれしく思っています。これは、最も高く評価されている業界のベテランや実業家からブリッパーの技術に対する確かな信頼を得たことを示すだけでなく、EU離脱後の英国のテクノロジー部門が継続的に評価されていることを示しています。」

「2020年はブリッパーにとって変革の年となりました。前四半期比で売上高は200%増加し、経営幹部は引き続き強化され、OnePlus、Kellogg’s、Dr Pepperなどの大手グローバル・ブランド向けに最先端のARキャンペーンを提供しました。当社は、AR分野における10年にわたる投資、正当性、技術面でのリーダーシップを生かして、これまで以上にスリムで集中した優れた企業に生まれ変わりました。」

クロマ・ベンチャーズ、ウエストコースト・キャピタル、グローバライブ・キャピタルは、既存株主であるキャンディ・ベンチャーズに加わります。キャンディ・ベンチャーズは、英国の起業家のニック・キャンディー氏が設立したマルチステージ投資会社です。

ゲーム業界のパイオニアである4Jスタジオのクリス・ファン・デル・クイル氏とパディ・バーンズ氏は、マクロソフト、ソニー、任天堂のゲーム機向けにMinecraftを開発したことで知られています。過去25年間にわたり、テクノロジー、メディア、エンターテインメントの各事業の構築におけるファン・デル・クイル氏の成功、注目度、貢献は多くの実を結んできました。バーンズ氏は、20年以上にわたり、ゲーム業界の中心で活躍してきました。今週、この2人の起業家は、多様性に富み拡大を続ける投資ポートフォリオの新たな投資部門として、クロマ・ベンチャーズを立ち上げました。この投資部門を通して、高成長が見込まれるさまざまなアーリーステージの企業や既存の企業に柔軟に資金を提供します。

クロマ・ベンチャーズのプリンシパルのクリス・ファン・デル・クイル氏は、ブリッパーの取締役に就任し、次のように述べています。「ARの没入感は、ゲーム業界にとって最も重要なユースケースの1つです。ブリッパーのAR技術は、私がこの数年間で見てきた中で最も先進的で革新的なものであり、ARは将来の究極のゲーム体験を強化する大きな可能性を秘めています。ブリッパーの活動に参加することを楽しみにしています。」

ウエストコースト・キャピタルは、不動産、eコマース、データ分析の分野で多くの主要な投資案件を保有しており、ザ・ハット・グループの初期の投資家でもあります。サー・トム・ハンターは次のように述べています。「ブリッパーは、ガラリアとそのチームが事業再建計画を打ち立てて大きな進展を見せており、今では、成長を続けるARエコシステムがもたらす機会を最大化する体制を整えています。そのため、今回ブリッパーに投資できたことをうれしく思っています。」

アンソニー・ラカヴェラ氏は、カナダの通信技術環境の様相を大きく変えた人物として高く評価されています。ラカヴェラ氏は、カナダの4社の携帯電話事業者の1つであるWINDや、Yak、OneConnectなどの大手通信事業者の創業者です。また、通信業界で20億カナダ・ドルを超える資金を調達した世界的投資会社であるグローバライブの創立者、会長でもあります。グローバライブ・キャピタルは、この15年間で、テクノロジー、メディア、通信業界の100社以上の企業に投資し、現在45社の企業をベンチャー・ポートフォリオに組み込んでいます。

アンソニー・ラカヴェラ氏は次のように述べています。「当社は、産業を向上させ変革する技術の革新と開発に取り組む企業と提携し、そのような企業に投資して発展させています。ブリッパーは、まさに当社が期待するような企業です。AR技術スタックは40億台以上の携帯電話に搭載され、世界的に5Gが展開されている今こそ、ARの時代です。ブリッパーは、拡張現実に加え、コンピューター・ビジョン、機械学習、AIの経験を活用して、2Dから没入型3Dの世界への移行を主導する上で非常に有利な立場にあります。」

クリス・ファン・デル・クイル氏に加えて、技術系起業家のジャスティン・クック氏も今月、ブリッパーの取締役に就任しました。FutureLearnの最高コンテンツ・パートナーシップ責任者のクック氏は、技術系投資会社のNorthzoneのベンチャー・パートナーであり、急成長する数多くの技術系企業の顧問および投資家でもあります。

英国政府も、Future Fundのマッチファンディング制度を利用して、2020年にブリッパーの少数持分を取得しました。これにより、英国の革新的テクノロジー企業としてのブリッパーの地位が改めて確認されました。

-以上-

ブリッパーについて

ブリッパーは、拡張現実(AR)コンテンツの作成と、スマートフォンやウェブへの公開を専門とする先進的テクノロジー企業です。ブリッパーのAR制作・公開プラットフォームのBlippbuilderにより、教師からクリエイティブな技術者まで世界のすべての人が、独自のAR体験を簡単かつ効率的に制作して公開することができます。ブリッパーの拡張現実スタジオの「スタジオB」は、戦略的アドバイザーとデザイナーのチームで構成され、技術を限界まで押し上げ、個々のKPIに合わせて特注のARキャンペーンを作成することができます。

2011年に英国で発売されて以来、ブリッパーの技術は、ペプシコ、ピアソン、バーバリー、キャドバリー、ロレアル、GSK、ラグビーワールドカップ、プロクター・アンド・ギャンブルなどの世界有数のブランドに採用され、エキサイティングな受賞歴のある体験を生み出し、認知度と消費者エンゲージメントを深めています。 https://blippar.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press:
Kerry Ritchie
kerry.ritchie@teamgingermay.com

情報提供元:
記事名:「ブリッパーが500万ドルのプレシリーズA資金調達ラウンドを完了