モバイルサービスプロバイダーが、VonageのNumber Insight Advanced APIを使い、SMSによる認証コードの送信前に電話番号を検証

シンガポール--(BUSINESS WIRE)--クラウドコミュニケーションのグローバルリーダーとして企業のデジタル変革の加速を支援するVonage(Nasdaq:VG)は、韓国を拠点とする大手モバイルサービスプロバイダーの株式会社カカオから、同社のプラットフォームを詐欺から保護し、顧客通知のスピードと効率を強化するために選定されました。


株式会社カカオは、VonageのNumber Insight Advanced APIを使用して、韓国有数のインスタントメッセージング・モバイルアプリケーションのカカオトークの新規ユーザーを検証してから認証PINコードをSMS経由で送信することで、登録を実現しています。Vonage APIは世界中の電話番号を識別し、リスクを評価して、詐欺を防ぎ、偽のアカウントをブロックしますが、これらはすべて顧客による情報のインプットに頼ることなく行われます。Vonage APIは、リアルタイムの電話番号インテリジェンスを使用することで、電話番号の有効性と着信可能性、そして仮想電話番号か固定電話番号であるかを判断し、必要に応じてステップアップ認証をトリガーして、コスト負担の高い不正取引を防止します。

株式会社カカオは、現行のプロセスを変更することなく、同社の既存のプラットフォームに迅速かつ容易にVonageのNumber Insight Advanced APIを実装し、本ソリューションを同期的に使用して、電話番号の検証に費やす時間を最小限に抑えています。

VonageのAPI世界販売担当シニアバイスプレジデントのサニー・ラオは、次のように語っています。「モバイル業界が急速な進展を見せているため、サービスプロバイダーは、検知と制御がますます困難になっているスパムと不正なトラフィックの増加に直面しています。そのためサービスプロバイダーは、顧客のためにセキュアなプラットフォームを確保し、信頼を築き、評判を維持すること、しかもそれを途方もないコストをかけずに行うことが、非常に重要です。Vonage Number Insight Advanced APIは、企業が容易にユーザーを検証することで、既存顧客のために安全な環境を作ると同時に、新規顧客を引きつけられるようにします。」

モバイルアプリケーション詐欺は、当地域全体で増加しています。AppsFlyerの年次詐欺レポート「2020年モバイル広告詐欺の現状」によると、アジア太平洋地域は2020年前半に9億4500万米ドル相当のアプリインストール詐欺にさらされました。当地域の市場は、世界の金融リスクの約60パーセントを構成しています1。これが後押しとなり、企業は自社アプリケーションを保護するセキュリティーソリューションへの投資を増額するようになりました。

2006年に設立された株式会社カカオ(旧IWILAB)は、韓国有数のモバイルサービス企業として、メッセージングからニュース、広告、ゲーム、電子商取引、音楽までのサービスを提供しています。同社は過去10年間に、シンプルなメッセージングアプリを提供する企業から韓国市場で巨大なオンラインプラットフォームを提供する企業へと成長しました。カカオトークの月間アクティブユーザー数は、韓国における2020年8月の平均で5200万人以上でした。15カ国語に対応し、世界で1億5000万人以上のユーザーを抱えています。カカオトークで送信されるメッセージは1日平均110億件に上り、韓国でメッセージングアプリとして人気を博しているとともに、アジア太平洋地域で主要なコミュニケーションアプリの1つになっています2。

Vonage Communications Platform は、登録開発者100万人以上の拡大し続けるネットワークを擁しており、企業がAPIを使用して業界を根底から覆すほどに変革し、今日の環境でまさに不可欠とされる事業継続性、テレワーク、サービスのリモートデリバリーという類いのものを実現できるようにしています。Vonage APIにより、開発者は革新的な顧客体験を容易に強化・構築して、既存のアプリケーションやデバイスに直接的に組み込むことができます。Vonage Communications Platform は、プログラム可能な音声、映像、メッセージング、電子メールの完全なサービス一式を先見性のある企業に世界規模で提供します。Vonageのプラットフォームはパートナーを通じて、アジア太平洋地域における多くの注目すべき変革プロジェクトの中心にあり、新興企業にとって事実上の標準になっています。

Vonageの詳細については、www.vonage.comをご覧ください。

###

Vonageについて

Vonage(Nasdaq:VG)はグローバルクラウドコミュニケーションリーダーであり、企業のデジタルトランスフォーメーションの加速を支援します。Vonageのコミュニケーションサービスプラットフォームは完全にプログラムが可能で、ビデオ、音声、チャット、メッセージング、認証を既存の製品、ワークフロー、システムに統合できます。また、ユニファイドコミュニケーションおよびコンタクトセンターアプリケーションは、Vonageプラットフォームから構築されており、企業がオフィスやどこからでも通信および運用方法を変革できるようにすることで、非常に高い柔軟性を提供し、ビジネス継続性を確保します。

Vonage Holdings Corp.はニュージャージーに本社を置き、米国、欧州、アジアにオフィスがあります。TwitterでVonageをフォローするには www.twitter.com/vonageにアクセスしてください。Facebookのファンになるには、facebook.com/vonageにアクセスしてください。YouTubeでチャンネル登録するには、 youtube.com/vonageにアクセスしてください。


1tps://securitybrief.asia/story/app-install-fraud-up-945-million-in-apac
2tps://pulsenews.co.kr/view.php?year=2020&no=218180

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します


Contacts

Vonage PR Contact
Nicola Brookes
Tel: +44 (0)125 659 7454
Email: nicola.brookes@vonage.com

Vonage Investor Contact
Hunter Blankenbaker
+1 732-444-4926
hunter.blankenbaker@vonage.com

情報提供元:
記事名:「株式会社カカオは、次世代コミュニケーションの実現とプラットフォームを詐欺の脅威からの保護のためするためにVonageを選定