ベロダインの新しいビデオでは、ライダーベースの対歩行者自動緊急ブレーキシステムがあらゆる状況で歩行者の死亡者数を低減できることを具体的に解説

世界的流行病の事態にあって米国の交通量は落ち込んだが、交通事故の死亡者数は増加

米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 全米安全評議会の報告によれば、昨年、COVID-19の世界的流行病により、全体的な交通量は走行距離の点で13%減少した一方で、米国では自動車事故による死亡者数が8%増加しました。ベロダイン・ライダー (Nasdaq: VLDR、VLDRW)は本日、ライダー技術を用いて、対歩行者自動緊急ブレーキ(PAEB)システムを大幅に改善し、年間数千人の命を救う可能性があることを示しました。



ベロダインが公開した新ビデオは、ライダベースのPAEBソリューションがあらゆる状況下で優れた性能を発揮し、レーダーとカメラを基盤とするシステムと比べて決定的に有利であることを示しています。米国道路交通安全局(NHTSA)が歩行者の死亡事故の80%は暗いライティング条件の下で発生していると報告していることから、これは特に夜間において極めて重大です。

ベロダインのビデオで示した衝撃的な試験結果によれば、レーダーとカメラを基盤とする技術を使用して高い評価を得ているPAEBシステムが6件の夜間シナリオすべてで失敗したのに対し、ベロダインのPAEBソリューションはすべての状況で衝突を回避しました。これらの結果は、レーダーとカメラを基盤とする技術を使用したPAEBシステムが暗闇の中で歩行者を適切に保護できるかどうかを確認するためにNHTSAと米国自動車協会(AAA)が実施した独立試験を裏付けるものです。

ベロダインのPAEBソリューションは、ベラ(Vella)と呼ばれる専有的なソフトウエアとベロダインのライダセンサーを組み合わせたものです。このセンサーは、フロントガラスの後ろなど、車両のさまざまな場所に容易に組み込むことができます。ベラ・ソフトウエアは、ライダーデータを解釈して、動く物体や静止した物体との衝突を回避・軽減します。ベラは、衝突予知モニタリングにより、車両の軌跡を他の道路利用者や物体と比較し、差し迫った衝突シナリオを発見して回避します。

ベロダインは、当社のPAEB試験の手法と結果をNHTSAや他の自動車安全のリーダーらと共有しています。NHTSAは、新車評価プログラム(NCAP)を更新し、PAEBを含む先進運転支援システム(ADAS)の機能をNCAPに追加するという提案を審査中です。ベロダインは、進展を見せる安全技術を遅れずに取り込み、消費者が待ち望んでいた情報を提供するためのNHTSAのNCAP計画を大いに支持しており、NHTSAの指導部がこの施策の評価を完了し、意見募集の取り組みを前進させることを期待しています。

ベロダイン・ライダーのアナンド・ゴパラン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社のPAEB試験イニシアチブは、規制当局や試験機関がPAEB評価プロトコルに夜間の状況を含めることが不可欠であることを明瞭に実証しています。PAEBなどのADASが、多様なライティング条件、特に歩行者の死亡事故が最も多く発生する夜間に効果的に機能することを、自動車メーカーやドライバーをはじめとする誰もが期待するでしょう。私たちは、ベロダインのライダーデータとベラ処理ソフトウエアが有効性を示し、導入の準備が整っているものであり、年間数千人の歩行者の命を救う潜在力を持っていると、信じています。」

ベロダインによるPAEB試験の手法

ベロダインによるPAEB試験は、独立試験施設で、街灯がなく、環境照明が1ルクス未満の夜間に実施しました。試験対象の車両2台は、直線コースを時速30マイルで走行しました。試験車両はそれぞれ、試験中にロービームのヘッドライトを点灯しました。IIHS(米国道路安全保険協会)およびEuro NCAPが規定する試験プロトコルに準拠して、未成年者および大人の歩行者として静止ダミーターゲットを使用しました。

車両2台について6件のシナリオを評価し、各シナリオで5回ずつ試験するか、車両がターゲットに3回衝突するまで試験して、ターゲットや車両の損傷を最小限に抑えるようにしました。車両を評価したシナリオは、50%オーバーラップ(試験車両の幅の中央)での大人の横断、25%オーバーラップでの大人の横断、50%オーバーラップでの未成年者の横断、未成年者が25%で大人が75%で横断して未成年者が10フィート後ろ、運転席側のコーナーで大人が横断して50%オーバーラップで大人が転倒、というものです。

ベロダインのライダベースのPAEBシステム(ベラレイ(Velarray)ライダセンサー1つ)を搭載した車両は、試験したすべてのシナリオで、5回中5回とも、衝突を回避する時間間隔で停止することに成功しました。レーダーとカメラを基盤とする技術を採用したPAEBシステムを搭載した車両は、試験したシナリオすべてで失敗しました。

ベロダインによるPAEB試験に関する詳細は、ホワイトペーパー「暗い夜間の条件下における対歩行者自動緊急ブレーキ(PAEB)の改善」で確認できます。

ベロダイン・ライダーについて

ベロダイン・ライダー(NASDAQ:VLDR、VLDRW)はリアルタイム・サラウンドビュー・ライダー・センサーを発明して、自律技術の新時代をもたらしました。ベロダインは初のライダー専業の公開企業であり、当社の画期的なライダー技術の幅広いポートフォリオは世界で定評があります。ベロダインの革命的なセンサーおよびソフトウエア・ソリューションは柔軟性、品質、性能を提供し、自律走行車、先進運転支援システム(ADAS)、ロボット工学、無人航空機(UAV)、スマートシティー、セキュリティーなどの幅広い産業のニーズに対応しています。ベロダインは絶えず革新を追求することで、あらゆる人々のために安全なモビリティーを推進し、生活と地域社会を変革することに力を注いでいます。詳細については、www.velodynelidar.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、1995年米国民事証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の定義による「将来見通しに関する記述」が含まれます。これには過去の事実を除くすべての記述が含まれますが、それに限定されず、ベロダインの対象市場、新製品、開発努力、競争に関する記述が含まれますが、これらに限定されません。本プレスリリースで、「推定する」、「予測される」、「期待する」、「予想する」、「予測する」、「計画する」、「意図する」、「考える」、「求める」、「かもしれない」、「するだろう」、「できる」、「すべきである」、「将来」、「提案する」といった言葉やその変化形、類似の表現(もしくはそうした言葉や表現の否定形)は、将来見通しに関する記述であることを特定するために使用されています。これらの将来見通しに関する記述は、将来の業績、状況、結果を保証するものではなく、多くの既知および未知のリスク、不確実性、仮定、その他の重要な要因を含んでおり、その多くはベロダインの管理が及ばないものであり、実際の結果または成果が将来見通しに関する記述で示されたものと大きく異なる場合があります。実際の結果または成果に影響を与え得る重要な要因として、ベロダインないしその顧客が従うべき法律・規制・司法的解釈の変更、COVID-19パンデミックがベロダインおよびその顧客の事業に与える不確実な影響、ベロダインが成長を管理する能力、ベロダインが事業計画を実行する能力、ベロダインの顧客が製品を商品化する能力およびそれら製品の最終的な市場での受容に関する不確実性、ベロダインの製品の市場規模に関して当社が推計した数字に関する不確実性、歩行者安全/交通渋滞対策/スマートシティーアプリケーションに対する政府規制や政府採用に関する不確実性、ベロダイン製品が市場で受容される速度および程度、存在するもしくは利用可能になるかもしれないその他のライダーおよびセンサー関連の競合製品や競合サービスの成功、ベロダインの現在の訴訟やベロダインが関与する可能性のある訴訟、もしくはベロダインの知的財産権の有効性と強制力に関する不確実性、ベロダインの製品およびサービスへの需要に影響を与える一般的な経済および市場の状況などがあります。ベロダインは新たな情報、将来の出来事、あるいはその他の理由にかかわらず、法律で義務付けられた場合を除き、将来見通しに関する記述を更新または改定する義務を一切負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Investor Relations
Andrew Hamer
Chief Financial Officer
InvestorRelations@velodyne.com

Media
Landis Communications Inc.
Sean Dowdall
(415) 286-7121
velodyne@landispr.com

情報提供元:
記事名:「ベロダイン・ライダーが高度なライダー技術で歩行者の安全を向上可能であると実証