新プログラムは共通の顧客の固有の要件を満たすために必要なツールをパートナーに提供し、個人情報保護、AI、クラウドの基幹的イニシアチブでの高度なデータ・セキュリティー・ソリューションへの需要増に対応

ソルトレークシティー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- データ・セキュリティーの世界的リーダーのプロテグリティは本日、プロテグリティ・パートナー・ネットワークを立ち上げました。テクノロジー組織、システム・インテグレーター、付加価値再販会社(VAR)は、このネットワークを活用することにより、プロテグリティの高度なデータ保護ソリューションを共通の顧客にシームレスに提供して、個人情報保護、高度な分析、AIと機械学習、クラウドのイニシアチブを支援できるようになります。プロテグリティ・パートナー・ネットワークは、パートナーのお客さまが安全なデータの可能性を顕在化させるために必要なリソースと認定をパートナーに提供することで、革新とデジタル・トランスフォーメーションの機会を増やし、顧客体験を向上させます。


プロテグリティのリック・ファーネル社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「プロテグリティの事業変革および成長戦略の基本的な柱である新しいプロテグリティ・パートナー・ネットワークは、高度なデータ保護を提供することによって世界最高レベルの機密データを保護するという使命の達成に向けた重要な一歩です。当社のパートナーシップ戦略の中核は中立性です。より多くの組織が機密データの新しい用途を見いだしてビジネスの卓越性を推進する能力を付与できるのは、この中立性があるためです。」

サービス・パートナーとテクノロジー・パートナーの階層型特典

パートナーは、プロテグリティと緊密に連携してデータ・セキュリティー、個人情報保護、AIの業界のベストプラクティスを導入し、お客さまがデータ保護の目的を確実に達成できるようにします。このプログラムはサービス・パートナーとテクノロジー・パートナーの2種類のパートナー・タイプで構成され、その各々に階層型の特典が提供されます(ローンチ、エレベート、トランセンド)。システム・インテグレーターやVARを含むサービス・パートナーは、販売、技術販売、技術サポート、助言、実装サービスを提供することにより、お客さまの要望に対応できます。サービス・パートナーは、新規のビジネスを紹介したり、プロテグリティのプラットフォームを再販する資格を得たりすることができます。独立系ソフトウエア・ベンダー(ISV)や大規模クラウド・ハイパースケーラーといったテクノロジー・パートナーは、プロテグリティ・データ・プロテクション・プラットフォームにアクセスしてカスタムソフトウエア統合を開発し、お客さまが共同ソリューションを実装する際の衝突を排除します。

プロテグリティは、パートナーのニーズに対応するために、さまざまな特典のある階層型プログラムを作成しました。

  • ローンチ・パートナーには、販売ツールおよび技術ツール、パートナー・ポータル、仮想トレーニング、製品アップデート、ニュースレターが提供されます。
  • トランセンド・パートナーには、上記のすべてに加えて、追加トレーニングの機会や、アライアンスマネジメント、マーケティング、サポートの専任担当者、イベントスポンサーシップの割引、1対1の製品ブリーフィング、諮問委員会の出席枠、共同事業計画の特典が提供されます。

新しい認定プログラムでパートナーの能力を強化

プロテグリティ・パートナー・ネットワークの一環として、プロテグリティはパートナー認定プログラムを開始しました。このプログラムの目的は、データ・セキュリティーの展望、業界のベストプラクティス、ならびにプロテグリティ・データ・プロテクション・プラットフォームで効果的に機会を特定する方法やプラットフォームの導入方法に関するプロテグリティのトレーニングを受講するようパートナーに奨励することです。パートナーの能力をさらに高めるために、プロテグリティは、販売とプリセールスを目的とした無料の自習型トレーニングを提供します。認定レベルごとにプリセールス、セールス、ポストセールスの要件が設定されています。

  • エバンジェリスト認定は、販売、プリセールス、ビジネス開発を対象とし、ウェブで自分のペースで進められます。市場ドライバー、価値のポジショニング、プロテグリティ・データ・プロテクション・プラットフォーム、ユースケースに関するトレーニングが提供されます。
  • プロフェッショナル認定は、プリセールスおよびポストセールスの技術設計者および技術コンサルタントを対象とし、やはりウェブで自分のペースで進められます。インストールと設定、デモ、カスタムデモと概念実証(POC)の構築を扱います。
  • プラクティショナー認定は、ポストセールスの技術設計者および技術コンサルタントを対象とし、インストラクター主導で進められます。ラボでのワークショップ、プロフェッショナルサービス、ソリューション設計、実装、プロジェクト体験、トラブルシューティングとサポートなどが含まれます。

プロテグリティ・パートナー・ネットワークには、以下のような追加機能と特典があります。

  • パートナー・ポータル:すべてのパートナーを対象とする中央ポータルです。セールス・イネーブルメントおよびテクニカル・イネーブルメントのコンテンツ、取引登録、ならびに共同市場参入の取り組みを支援する数々の販売ツールとマーケティングツールがあります。
  • リセール・プログラム:このプログラムを利用すれば、サービス・パートナーは、販売から技術販売やポストセールス実装まで、カスタマー・ジャーニーのエンドツーエンド管理を提供できます。
  • レディ・テクノロジー・プログラム:このプログラムは、パートナーの統合を検証して、テクノロジー・パートナーのコネクターが最高の基準に準拠していることを確認します。プロテグリティは、プロテグリティ・データ・プロテクション・プラットフォームのすべての特典を実際に活用する共同ソリューションを開発して提供するためのツールとリソースを用意します。

プロテグリティのグローバル・アライアンスおよびパートナー担当バイスプレジデントのジェイ・チトニスは、次のように述べています。「データ駆動型になる企業が増えるにつれて、お客さまやお客さま候補からのAI、分析、クラウドの基幹的イニシアチブの保護を求める声が高まっています。プロテグリティのお客さまは、データがどこにあり、どのような使用法を選択したかに関係なく、データの保護方法を選択し、制御することができるため、自信を持つことができます。プロテグリティ・パートナー・ネットワークを通して、サービス組織やテクノロジー組織は簡単にプロテグリティとパートナーを組み、共通の顧客向けに機能と専門知識の追加レイヤーを提供することができます。世界最高レベルの機密データを保護するという当社の約束を実現するにあたり、パートナーとの関係を強化していくことを楽しみにしています。」

支持の声

クラウデラの戦略的パートナーシップ担当バイスプレジデント、ゲイリー・グリーン氏
「データ保護はデータのライフサイクルにおいて重要な役割を果たします。プロテグリティはオンプレミス、クラウド、あるいはハイブリッド環境で実行されているクラウデラ・データ・プラットフォーム上のあらゆるワークロードにデータ保護レイヤーを追加することができるため、お客さまは基幹的データ・イニシアチブを遅らせることなく、シームレスかつ安全に規模を調整できます。」

インテグリティ香港のマネジングディレクター、アルビン・チャン氏
「香港の商業部門と公共部門の組織は、データ駆動型になることでビジネス目標の達成を早めようとしています。製品とサービスを改善してお客さまを喜ばせる競争において、組織は高度な分析、機械学習、AIを採用していますが、機密データの使用と規制要件への準拠に関する懸念が、現在、重要な考慮事項になっています。インテグリティはプロテグリティと提携し、同社の世界有数のデータ保護ソリューションを香港の市場に届けられることを誇りに思います。」

LatbcのCEO、グザビエ・エスピノサ氏
「プライバシー規制を遵守しながらさまざまなユースケースで機密データへのアクセスを可能にすることは、管理が難しい場合があります。リスクが高いため、厳格に準備を進めなければならず、企業はデータの移動・分析・保存を安全に行うための明確な経路が必要になります。特に新型コロナウイルス感染症が世界的に流行しており、企業は迅速なデジタル移行に取り組む必要があるため、プロテグリティとの提携は、共通の顧客に機密データを保護して安全に管理する機能を提供できるやりがいのある機会です。プロテグリティとの協力により、私たちは、企業とその従業員やお客さまに安心をもたらすと同時に、革新の顕著な機会を開拓しています。」

スノーフレイクのセキュリティー製品管理責任者、ヴィカース・ジェイン氏
「プロテグリティとのパートナーシップはお客さまに独自の利点をもたらし、お客さまがセキュリティーや個人情報保護を損なうことなく、スノーフレイクに置いてある機密データからさらに多くの価値を実現できるよう支援します。スノーフレイクとプロテグリティの統合により、お客さまは、プロテグリティを活用してスノーフレイクのデータ・クラウドと統合されたデータを保護することが簡単に可能です。プロテグリティ・パートナー・ネットワークに参加できることを大変うれしく思います。また、相互のお客さまがデータ使用を促進してビジネスを変革するお手伝いをすることを楽しみにしています。」

Veracity SolutionsのCEO、ジョン・エッサー氏
「規制対象企業向けのクラウドネイティブ・デジタル変革に対する当社の使命と情熱は、プロテグリティのデータ保護製品と完全に足並みが揃っています。データと分析はデジタル変革の取り組みの基盤であり、機密データを防護して危険から守る能力は、その資産を活用することにおいて、まさに企業の競争優位性を促進するものです。プロテグリティと連携しながらこれらの高度な機能を当社のお客さまに提供していくことを楽しみにしています。」

プロテグリティのパートナーになるには、プロテグリティのウェブサイトのパートナーのページにアクセスしてください。

詳細情報

ブログ:プロテグリティ・パートナー・ネットワークのご紹介
パートナー・ネットワーク・プログラム・ガイド
ウェブサイト:protegrity.com
ツイッター:@Protegrity
リンクトイン:linkedin.com/company/protegrity/

プロテグリティについて

データ・セキュリティーの世界的リーダーのプロテグリティは、あらゆる場所で機密データを保護し、企業が将来にわたって個人情報保護規制の進展に応じられる力を付与します。今日、分散データ全体での個人情報保護の維持は、不可能だと思えるほど複雑になっています。プロテグリティを使用していれば、企業はどこにあってもデータを保護し、データの保護方法を制御し、たとえ侵害が発生してもデータが安全であると確信できます。プロテグリティ・データ・プロテクション・プラットフォームは、セキュリティーギャップが残る従来の複雑なデータ保護方式に対し、最新の代替手段となります。暗号化、トークン化、プライバシーモデルの適用のいずれであっても、プロテグリティはビジネスのスピードでデータを保護します。スノーフレイク、アマゾン・レッドシフト、テラデータ、オラクル、マイクロソフトSQLサーバー、クラウデラ、データブリックスをはじめ、数多くのエンタープライズ・アプリケーションとの密統合により、ハイブリッドクラウド、マルチクラウド、オンプレミス環境で、パフォーマンスを低下させることなく、データを完全に保護された状態に維持します。このプラットフォームのきめ細かいデータ保護は、AIと機械学習のモデルで使用される個人特定情報(PII)を匿名化し、極めて重要な分析データへのアクセスを迅速化し、ビジネスの洞察に要する時間を劇的に短縮します。プロテグリティは、グローバル企業全体で10億人以上の個人の機密データを保護しており、その中には、世界の大銀行40行のうち5行、医療保険会社上位10社のうち5社、世界有数の多国籍企業3社が含まれています。プロテグリティは20年以上にわたって業界トップの革新を活用し、個人情報保護に対する個人の基本的権利を危険にさらすことなく最終的にデータの価値を活用し、デジタル変革のスケジュールを早める機会を企業に提供します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Andrew Smith
Bhava Communications for Protegrity
protegrity@bhavacom.com
+1 (310) 941-7251

情報提供元:
記事名:「プロテグリティがパートナー・ネットワークを立ち上げ、AI、分析、クラウドのグローバル・イノベーションを実現