暗号通貨が過去最高の高値を記録する中で、投資家は主な利益実現の場として不動産市場を選びました。Tekce Overseas Gayrimenkul AS会長のBayram Tekceは、過去2カ月に数十件の不動産売却を暗号通貨によって行ったと述べました。

イスタンブール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ビットコインの価格が上昇トレンドに入ってから、国際投資家は利益を実現するための投資先を探し始めました。この点で、最も重要な市場の一つは不動産でした。



市場の展開を評価して、Tekce Overseas会長のBayram Tekceは、このように述べています。「プロップテックのパイオニアとなることを目指す当社では、暗号支払い手法は常に構想に入っていました。このところ、ビットコインの価値は過去最高の水準に達し、当社が投資家に提供している信頼性の高い簡単な支払い方法で大きな価値を生み出すことができました。当社は、この点での需要が大きく高まっていることを確認しています。」

過去2カ月に50件以上の不動産を売却

2017年に世界で初めて暗号通貨での不動産売却を行ったBayram Tekçeは、暗号貨幣市場が急上昇する中で過去2カ月に50件以上の不動産を売却したと述べました。また、自由な経済を持つトルコは、不動産投資をレバレッジとして使用して資産のバランスを取る多数の機会を暗号通貨投資家に提供しています。

市場で最も量の多い暗号通貨であるビットコインは、このところ過去最高の価格上昇と共に当社の構想に含まれています。生産スピードを低下させて市場での供給のバランスを取ることを目的とした3回目のビットコイン半減期は2020年5月11日に到来しました。半減期の結果、ビットコインは取引や投資の媒体としての価値を高めることが予想されています。さらに、世界的パンデミックによって価値を失わないツールを探している投資家、米国の大統領選挙、この分野への企業の関心の高まりも、価値を引き上げる原動力となりました。脱集中化デジタル通貨であるビットコインは、財産の安全を求めている多数の投資家から関心を集めています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Aysun Tekçe
Tekce Overseas Gayrimenkul AS
aysun.tekce@tekce.com

情報提供元:
記事名:「Tekce Overseas:「ビットコインは急上昇し、利益実現は不動産で」