データ保護能力が向上

データの存在場所にかかわらずデータに関する最大限の柔軟性と管理を企業に提供

Safe Havenの市場機会が拡大

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 最先端データ接続プラットフォームのLiveRamp®(NYSE: RAMP)は本日、データの移動や個人情報保護侵害なしにデータサイロの統合を実現するクラウドデータ・プラットフォームDataFleetsを買収する正式契約を締結したと発表しました。この買収により、LiveRampのデータ保護能力が向上し、データのアクセスや管理における当社顧客企業の能力が拡大します。また今回の買収でLiveRamp Safe Havenによる分散型データコラボレーションの用途が拡大され、新たな市場が生まれます。


データの指数関数的増大に伴い、企業は成長と革新の加速に向け、どうすれば最も効率的にデータにアクセスでき、データを活用できるかを常に検討しています。企業規模や事業分野、地理的な場所にかかわらず、どの企業も競争力を高めるためのデータ戦略を構築しようとしています。しかし、個人情報保護に関する規制やセキュリティーへの考慮は強化されており、データの利用や分析には制限が伴いがちです。いくつもの高度な数学的個人情報保護技術を活用しながら、DataFleetsは企業のファイアウォールを超えての生データの移動なしに分散データを統合してコラボレーションや分析を行うことができる製品を提供しています。初歩的な個人情報保護ツールや既存の個人情報保護ツールはありますが、安全に処理できる操作や機能が限定されているという欠点があります。今ではDataFleetsの技術により、企業は各社事業の必要に応じて構成できる最新のリッチなデータ保護ツールを利用できるようになりました。DataFleetsのフェデレーテッド・ラーニング技術は、ばらばらのアーキテクチャーによる境界やサイロを超えてのデータ分析を可能にし、まるですべてのデータが1カ所に集約されているかのように扱うことができます。簡単に言えば、DataFleetsは機密データを有用に維持し、また有用なデータを機密に維持します。

LiveRampのプレジデント兼製品・プラットフォーム担当ヘッドのアネカ・グプタは、次のように語っています。「この大転換ともいえる買収により、LiveRampは個人情報保護に関する深い経験と広く普及したプラットフォームと、業界を一変させるDataFleetsの技術とを一体化し、エコシステム全体の膨大な価値を生かせるようになります。両社の能力を合体することで、次世代の個人情報保護技術への道を開くことができます。これは、当社のプラットフォームや製品の基礎となり、企業がデータの存在場所によらず安全・容易にデータを使用できるようにすることへの当社の注力姿勢を示すものです。」

DataFleetsが加わることにより、LiveRampは進化する市場要求への対応能力をさらに高め、以下の4つの柱すべてにわたり当社の差別化能力を強化することができます。

  • 自在なデータ・アクセス - データを移動せずに専有的データを利用した分析が可能
  • 個人情報保護技術 - 個人情報保護やセキュリティーを犠牲にすることなく、分散データセット全体にわたり個人識別データの解決やコラボレーションを実現
  • 拡張された世界的な接続 - 従来はインフラや産業、地理的場所でサイロ化されていたデータセット全体を従来以上に深く接続可能
  • 総合的な管理 - LiveRampの顧客企業はコラボレーションの際も常に自社のデータを管理でき、自社の事業の必要に応じて適切な手法やデータ保護レベルを選択可能

DataFleetsにより、Safe Havenの顧客は分散型データコラボレーションに関する選択肢が柔軟になり、個人情報を保護した上での分析というユースケースをヘルスケアや金融サービスなどの新たな産業向けに実現します。またDataFleetsにより、LiveRampの製品やソリューションはインフラ・レイヤーに個人情報保護を埋め込んで多様な管轄に対応でき、顧客企業は進化を続ける世界中の個人情報保護規制に準拠できるようになります。

LiveRampのプレジデント兼最高財務責任者のウォーレン・ジェンソンは、次のように語っています。「DataFleetsの技術と同社の経験豊富な業界専門家チームが加わったことにより、LiveRampは今では従来以上に有利な立場に立ち、さまざまな地理的場所や産業にわたり当社の能力を拡大できます。今回の買収により、LiveRampは2021年に欧州、アジア太平洋、中南米の市場全域でサービスを拡大でき、またDataFleetsとLiveRampの統合による高付加価値の分野として、ヘルスケアや金融サービスなど、新たに対応可能な産業にも参入できます。」

DataFleetsのデビッド・ギルモア最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「当社は信じられないほど高い期待を感じています。LiveRampのチームに加わり、今後も同社と共通のビジョンを追求することで、企業がデータ統合でデータ価値を最大化できるよう支援でき、しかも消費者にとっては個人情報保護や管理能力が維持されます。この合併によるシナジーは強力であり、当社は同社と共に、世界の企業がデータのアクセスや活用への障害を取り除くことで事業全般の洞察力や革新力を高められるよう、支援していきます。」

LiveRampのDataFleets買収に関する詳細については、https://liveramp.com/blog/liveramp-to-acquire-datafleetsをご覧ください。

財務面の影響と決算

今回の取引はLiveRampの第4四半期に完了する見込みです。今回の取引はLiveRampの2021年度決算の結果には重大な影響を与えない見込みです。

DataFleetsが加わることにより、個人情報を保護した上での個人識別・データコラボレーション分野でのLiveRampの優位性が高まり、今後もLiveRampの株主にとって力強い成長と価値が推進されます。

2021年第3四半期の決算

本日発表の別のプレスリリースにおいて、当社は2021年第3四半期の決算を発表しました。LiveRampは本日午後1時30分(太平洋時間)に電話会議を開催し、今回の取引と当社の2021年第3四半期決算について説明します。

LiveRampについて

LiveRampは安全かつ効果的にデータを使用するための最先端のデータ接続プラットフォームです。個人識別解決の中核的能力と比類のないネットワークにより、LiveRampは企業やそのパートナーがより適切にデータを接続、管理、アクティブ化して顧客体験を転換し、より高価値の事業成果を生み出せるようにします。LiveRampの完全相互運用可能で中立的なインフラは、世界のトップブランド、エージェンシー、パブリッシャーにエンドツーエンドの対応力を実現します。詳細情報については、www.LiveRamp.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Michelle Millsap on behalf of LiveRamp
liveramp@havasformula.com
619-857-2384

情報提供元:
記事名:「LiveRampが次世代の分散型データコラボレーションの強化に向けてDataFleetsを買収