ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ディープテックのスケールアップ企業コーザレンズが開発した世界初の因果AIプラットフォームを金融サービス企業(アビバ・インベスターズ2IQTIAACLSグループ、多数の卓越したヘッジファンドを含む)が活用し、金融データから自動的に貴重な因果的洞察を抽出して取引戦略の収益性を高めています。



金融サービス業界は、ダイナミックな市場の真の推進力を理解することに依拠していますが、現在のAIシステムでは相関関係しか特定できません。これらの「曲線あてはめ」的な機械はスケーラビリティーがなく、高額で雇用が難しいデータ・サイエンティストのチームを必要とし、説明可能性が限られている上に、最終的には金融市場において適切に機能しません。

因果AIは全く新しい種類の機械学習(ML)であり、真にインテリジェントな機械に一歩近づいています。原因と結果を理解し、人間の知識を直観的に取り入れて最適な介入を策定すると同時に、反事実のシナリオを想定することができます。これらは全て、戦略と意思決定を進める上で役に立ちます。さらに、従来の予測タスクにおいても優れた性能を発揮し、現在のMLテクノロジーよりも3倍速く新しい市場の状況に適応することが証明されています。

アビバ・インベスターズの投資戦略責任者兼チーフエコノミストのマイケル・グレイディは、資産運用会社としてコーザレンズとの提携を次のように説明しています。「因果AIは私たちの投資分析において、これまで以上に重要な役割を果たしています。これによってストラテジストとポートフォリオマネジャーは、過学習の問題がなく、高度で適応性の高い説明可能なモデルを用いて、経済、金融、オルタナティブ・データにおける新しい因果関係を特定することにより、アルファを生み出すことができます。」

CLSグループの情報サービス責任者のマサミ・ジョンストンは、次のように述べています。「因果AIによって、為替市場に関連する主要ファクターの重要で予期しない変化を特定でき、市場の状況に迅速に対応すると同時に、投資戦略を強化することが可能になっています。」

コーザレンズの最高経営責任者(CEO)で共同創業者のダルコ・マトフスキーは、次のように述べています。「私たちは、2017年に時系列データの自動機械学習(AutoML)を開発し、クライアントに対して成果とコスト削減の点で非常に大きな価値をもたらしました。そして今、次のレベルのインテリジェンスを市場に導入したことを誇りに思っています。因果AI独自の機能である反事実的および介入的推論によって、クライアントはかつて可能であったよりも高い水準の自動化と知能を利用でき、高いROIを実現します。私たちはまた、時系列データを超えてサービスを拡大しています。」

因果AIのその他の使用例、ホワイトペーパー、デモンストレーションは、コーザレンズの新ウェブサイトでご覧いただけます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Alejandro Ortega Ancel
alejo@causaLens.com

情報提供元:
記事名:「主要な金融機関がコーザレンズの先駆的な因果AIプラットフォームを導入、重要な因果的洞察を得て、より収益性の高い取引戦略を策定