ホットワイヤ・イグナイト・ポッシビリティ・プログラムで、マイノリティー主導の適格なテクノロジー組織とテクノロジー利用組織やマイノリティー・コミュニティーに利益をもたらす製品やサービスを提供するところに無料のブランド、マーケティング、広報サービスを提供


ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- グローバルなテクノロジー・コミュニケーション・コンサルティング会社のホットワイヤは本日、マイノリティー主導のテクノロジー組織およびテクノロジー利用組織やマイノリティー・コミュニティーを支援するところをサポートするために最大100万ドルのサービスを提供すると発表しました。このプログラムはホットワイヤの多様性・公平性・包摂(DEI)戦略の一環を成し、技術革新を通じて世界に意義のある持続可能な変化をもたらす人々や組織の拡大を目指します。

バーバラ・ベイツ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社のリソースを、当社の多様性、公平性、包摂の目標に合致する組織により多く注ぐために、ホットワイヤ・イグナイト・ポッシビリティ・プログラムを開始しました。私たちは数年にわたって影響力のある組織に無料のサービスを提供してきましたが、今後はホットワイヤ・イグナイト・ポッシビリティ・プログラムにより、当社のサービスを通じて社会正義を推進するためにこれまで以上のことができるようになりました。」

営利、非営利、教育組織、政府組織を問わず、ホットワイヤのオフィスがある国のマイノリティー主導のテクノロジー組織およびテクノロジー利用組織やマイノリティー・コミュニティーに利益をもたらす製品やサービスを提供するところがすべて対象となり得ます。ホットワイヤは、ビジネスとテクノロジーにおける不平等に取組む地域コミュニティーのテクノロジー・リーダーと協力し、無料のブランド、マーケティング、PRサービスから利益を受けることが見込まれる組織とつながっていきます。

ベイツは次のように述べています。「最近光栄にもPRovoke Mediaの年間最優秀グローバル・テクノロジー・エージェンシーに選ばれた当社は、模範を示しながらテクノロジー組織のリソースの不平等に対処する責任を担っています。ホットワイヤ・イグナイト・ポッシビリティ・プログラムは、それを実現するための1つの方法です。」

ホットワイヤのDEI戦略は2020年初めに開始され、具体的な取組みと段階的な展開スケジュールを含んでいます。多様な労働者集団の構築と、違いが称賛される包摂的な環境の創出を目指す社内業務および従業員エンゲージメントのイニシアチブから始め、当社は現在ホットワイヤ・イグナイト・ポッシビリティ・プログラムを通じて外部に焦点を広げています。ホットワイヤはまた、ダイバーシティ・アクション・アライアンスの取組みにも署名し、他のPRおよびコミュニケーションのリーダーに加わって、この職業全体の多様性、公平性、包摂における有意義で具体的な成果の達成に係る進歩を加速しています。

選考基準を満たす組織に最大100万ドルのサービスを割り当てることで、ホットワイヤはブランド、マーケティング、広報の専門知識を必要としながらも他の方法ではこれらのリソースにアクセスできなかったかもしれないテクノロジー組織に提供するサポートの量を増やしています。このプログラムの最終目標は、技術革新を通じて多様性、公平性、包摂を推進しているテクノロジー組織およびテクノロジー利用組織がより多く、現在の競争の激しいテクノロジー・セクターで規模を拡大し、成功できるようにサポートをすることです。

現在、米国英国ドイツの組織からの申請を、2021年3月15日まで受け付けています。これらの国で選ばれた組織の発表は、2021年4月に行われます。オーストラリアの申請受付は2021年後半に開始され、その他の地域での申請受付が年内に再開される可能性があります。ツイッターとリンクトインをフォローして、最新情報をご覧ください。ご質問は、電子メール(HIPP@hotwireglobal.com)でお問い合わせください。

ホットワイヤについて

ホットワイヤは、グローバルなテクノロジー・コミュニケーション・コンサルティング会社です。2000年に設立され、完全所有のオフィスとパートナーの世界的ネットワークを運営し、スケールアップ企業から確立された多国籍企業まで、幅広いクライアントにサービスを提供しています。当社は、好奇心を刺激し、行動を引き起こし、成功を促す統合されたコミュニケーションを通じて、革新的なテクノロジーの可能性を解き放ちます。それを行う上で、当社は堅固な洞察と戦略、目的を持った創造性、統合された計画、測定と評価の重視に支えられた独自の手法を活用しています。

エネロについて

マーケティングとコミュニケーションの専門企業ネットワークのエネロ・グループ・リミテッドは、オーストラリア証券取引所に上場しています(asx:EGG)。当グループには、広告代理店のBMF、PR代理店のCPR、フランク、ホットワイヤ、デジタル広告代理店のオーチャード、リサーチ・コンサルティング会社のザ・リーディング・エッジとザ・デジタル・エッジ、プログラマティック・マーケティング専門会社のOBメディアが含まれます。詳細情報については、www.enero.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Hotwire
Victoria Morrison
marketing@hotwireglobal.com

情報提供元:
記事名:「ホットワイヤ、技術革新における多様性、公平性、包摂の推進に向けて100万米ドルの新プログラムを開始