台湾・新竹--(BUSINESS WIRE)--最先端ASIC設計サービス及びIPを提供するファラデーテクノロジー社(TWSE:3035)は本日、UMCの28nm組み込み型高電圧(eHV)プロセス技術に基づく自社のメモリ・コンパイラが、モバイルOLEDドライバーICの大手顧客による複数のプロジェクトに採用されたと発表しました。このIPソリューションは、ディスプレードライバーチップに電力・性能・面積の利点をもたらすとともに、設計統合を加速し、収益性の向上に役立ちます。


ファラデー社の28eHV基本IPセットは、動作時の低消費電力化と柔軟なカスタマイズ機能でお客様のシステム設計に寄与します。この28eHV標準セルライブラリーはMBFF(マルチビットフリップフロップ)を備えており、モバイルデバイスアプリケーション向けクロックパスでの動作時の消費電力を削減可能です。OLEDドライバーチップの多様なダイアスペクト比に適応するために、28eHVシングルポートSRAMメモリ・コンパイラは多様なアーキテクチャー構成を実現し、お客様のニーズを満たすために必要なドキュメント、モデル、回路設計をさらに容易にしていきます。

ファラデー社の最高執行責任者(COO)であるフラッシュ・リン氏は、次のように述べています。「ハイエンドスマートフォンのOLEDディスプレーは、色彩精度を実現するために大容量メモリバッファーを必要とする為、メモリ・コンパイラがOLEDドライバーICで重要な役割を果たします。当社は28eHVメモリ・コンパイラソリューションを提供できることをうれしく思います。UMC独自の28eHV技術を活用することで、お客様まは標準の28nmロジックプロセスと同じ設計ルールを使用して、高解像度OLEDディスプレーの開発を加速し、タイムトゥーマーケットを実現できます。」

ファラデー社の御紹介

ファラデーテクノロジー社(TWSE: 3035)は先進のファブレスASICおよびシリコンIPのプロバイダーです。なお、ファラデー社は、ISO 9001及びISO 26262の認証を取得済です。当社の幅広いIPポートフォリオにはI/O、セル・ライブラリ、メモリ・コンパイラ、ARM互換CPU、LPDDR4/4X、DDR4/3、MIPI D-PHY、V-by-One、USB 3.1/2.0、10/100イーサネット、ギガビット・イーサネット、SATA3/2、PCIe Gen4/3及びプログラマブル28G SerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデー社は、米国、日本と中国を含む世界にサービスおよび技術サポートの拠点を持っています。詳細は下記にアクセスしてご確認ください。www.faraday-tech.com


Contacts

Press Contact: Faraday Tech, Evan Ke, +886 3 578 7888 ext. 88689, media@faraday-tech.com

 

情報提供元:
記事名:「 ファラデー社がモバイルOLEDディスプレードライバーIC向けに28eHVメモリ・コンパイラを供給