ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- メタデータ管理のリーダー企業のSolidatusは、ガートナーによるメタデータ管理のマジック・クアドラントにおいて、同分野のマーケットリーダー企業17社の1社として初めて評価を受けました。


Solidatusは、今年ガートナーのマジック・クアドラントに新たに加えられた唯一の企業であり、クアドラントの歴史において、評価を受けた最も若い企業の1社となりました。

ガートナーによるSolidatusの評価では、当社が金融サービス組織と共に仕事をした「膨大な経験」を持っていることや、世界で最も厳しく規制されている業界の1つで規制・コンプライアンスの専門能力を提供していることが指摘されました。また、Solidatusのリネージ優先のアプローチの独自性も明記されました。ガートナーはまた、当社の柔軟性をクライアントが認めていること、検索と可視化が容易であること、「調査と修正」が提供されていることも明記しました。同社の評価では、その他のアプリケーションとの結合や統合を容易に行って組織のデータを単一のビジュアルなリネージセットへとまとめるSolidatusの能力も認められました。

この成果を達成した今年、ロンドンに拠点を置く当社は年初来で最も大きな成功を記録し、規模は2倍以上になり、収益は4倍になり、ティア1・クライアントのシティとの戦略的商業・投資パートナーシップも発表しました。2021年はさらに大きな年となる見込みであり、当社は再度規模が2倍以上になり、新たな領域への拡大も進むと予想しています。

今年Solidatusは、次のようないくつもの成果も上げています。

  • ガートナー・ピア・インサイツの独立クライアント満足度格付けで5点満点のうち4.9点と評価され、5つ星格付け92%の業界レビュー、「100%お勧め」の評価を達成しました。
  • Solidatusは、最近のDataSprintで90以上の参加者にモデリング・ソフトウェアを提供することで金融行為監督機構に協力しました。DataSprintは、不正との闘いや金融レジリエンスの支援といったユースケースのソリューションを提供するためにデジタル・サンドボックス用の合成データ資産を提供しました。
  • エンタープライズ・データ・マネジメント・カウンシル(EDMカウンシル)クラウド・データ管理能力(CDMC)ベスト・プラクティス・レビュー委員会の委員
  • 環境・社会・ガバナンス(ESG)の業界初のモデルの開発、EDMカウンシルESGワークグループへの参加、DCAMナレッジ・モデリングのソリューションとしての採用。
  • ISO 20022セマンティック・モデル作業部会に委員として参加。
  • ティア1の米国と欧州の金融サービス機関、政府および公的セクター、小売、規制当局、食品製造、製薬、医療にわたる顧客基盤の大きなマルチチャネル多様化。

Solidatus共同CEOのPhilip Millerは、このように述べています。「マジック・クアドラントで評価を受けることは、企業にとって重要な成果であり、Solidatusの設立以来の驚くべき成長が認められました。これが世界的なCOVID-19パンデミックによって変容した年に起きたことは、まさに特別です。これは、当社のビジョンが、企業メタデータ管理の複雑な問題の解決に対するビジュアルで適応力のある「リネージ・ファースト」のアプローチを持った真の意味で独自のものであることを確認するものです。当社はさらなる成長に向けた軌道に乗っており、新たなセクターに参入し、金融サービス、政府、製薬、小売といった当社の現状の基盤にとどまらないセクターに当社プラットフォームがもたらし得る効率を立証していきます。」

Solidatus共同CEOのPhilip Duttonも、次のように述べています。「最初の顧客を獲得してからわずか3年でマジック・クアドラントでの評価を達成できたことは、当社がクライアントのニーズに対応すべく迅速な経営を進めてきたことと、当社ソリューションが業界の前進を推進していることの明確な証明です。当社は、これほど短期間にこの成果を上げるとは、想像だにしていませんでした。このような高名な組織から当社がデータ管理分野にもたらしている価値に関して評価をいただけたことは、Solidatusにとって偉業です。当社の目標は単に業界のリーダーとなることだけでなく、データが本来持つ価値を発揮させるメタデータ管理のベンチマークとなることです。」

マジック・クアドラントでの評価を受けた今年、Solidatusは、最新のソフトウェア・アップデートであるバージョン4.0の展開も成功させました。このバージョンでは、統合的で改善・強化された業界をリードするデータ・カタログが提供されています。この大きな成長フェーズを支えるため、何人かの新規採用によって上級経営チームの拡大も行いました。

Solidatusは、データ経済に革命をもたらすことに情熱を持っています。事業の第一の重点は、データ管理のパラダイムを持続可能性に向けてシフトし、データの管理に関して組織が事後的でなく予見的になる支援をすることです。データを理解して活用することは、世界各地の企業が直面している最大で最も長期にわたる運営上の課題の1つです。Solidatusは、このプロセスに明確さ、容易さ、構造をもたらします。

Solidatusは、データ・ガバナンスを含む次世代のメタデータ管理を代表する企業です。世界最大規模のデータリッチな規制対象組織のためにデータ、人、プロセスの関係を管理することで、運営と統制の透明性を促進しています。当社のソリューションは、従来の方法と比べて最大90%の効率向上を達成できることが示されており、複雑なデータ問題に対する唯一の現実的なロータッチ・ソリューションとなっています。

- 以上 -

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media enquiries
Franklin Rae PR
solidatus@franklinrae.com
020 3011 1023

Solidatus Press Office
Bev Chislett
press@solidatus.com

Website
www.solidatus.com
LinkedIn
Twitter @Solidatus_com

情報提供元:
記事名:「Solidatusがガートナーのマジック・クアドラントで初評価