中国・深セン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 第22回中国国際高新技術成果交易会の重要な一部である中国ハイテク・フォーラムが11月11日に開幕し、「オープニング・フォーラム」、「新時代、新技術、ニューエコノミー」フォーラム、「世界を形作る新たな技術」フォーラム、「未来を導くイノベーション」フォーラムといったテーマ別フォーラムが3日間にわたり開催されました。


フォーラムとアクティビティーをオンラインでご覧ください:http://cis.chtf.com/OnlinePCEN/#/Active

中国ハイテク・フォーラムは中国と世界の学者、著名な研究者、上級経営幹部を招き、ビジョン戦略から実践的な経験までさまざまなトピックに関する数ラウンドの討論会を行いました。

オープニング・フォーラム

「パンデミックの影響下での新たな構造、課題、機会」をテーマに、学者の鄔賀铨氏が「第14次5カ年計画におけるインターネット・テクノロジー」と題した基調講演を行いました。ファーウェイのバイスプレジデントの鄭葉来氏は「協調的なイノベーション、開発、共存共栄」を強調しながら、「イノベーション ・ 包摂性、テクノロジーがスマートなアップグレードを可能に」と題した講演を行いました。

「新時代、新技術、ニューエコノミー」フォーラム

「インフラストラクチャーの新たな波が引き起こす開発」を中心に、全米技術アカデミーの学者と中国第一重型机械集団公司や新開発銀行などの上級経営幹部が基調講演を行い、インフラストラクチャーの新しい波をいかに活用して多くの機会を生み出すか、経済構造と生産関係の再構築につなげることが可能かなどについて円卓会議で討論しました。

「世界を形作る新たな技術」フォーラム

「ハロー、2030年」、「AI+:演算パワー、認知、深層学習」、「未来の通信技術」、「ライフサイエンスにおける加速と革新」、「宇宙経済と民間航空宇宙」に焦点を当てた討論が行われました。ロヒット・タルバ氏(著名な未来学者)、Ma Qin氏(世界銀行シニアエコノミスト)、Xie Dong氏(IBMバイスプレジデント、世界工学団体連盟(WFEO)理事長)が、次の10年における業界改革と世界の変化を牽引する可能性の高い新たな技術について、ビジョンを共有しました。

「未来を導くイノベーション」フォーラム

「パンデミック後の時代における未来の働き方」と「エピデミック後の時代における未来の暮らし」が2つの主要トピックとなりました。薛衛氏(富士通中国CEO)、Liu Min氏(ボッシュ中国バイスプレジデント)、Zhang Chao氏(SAP中国ゼネラル・マネジャー)、呉駿華氏(iFlytekバイスプレジデント)といった著名ゲストが、インターネット・オブ・エブリシング、スマート製造、産業インターネット、フレキシブル製造、リモートワーク、企業のデジタル化について話し合いました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Ms. Peggie Wang
China Hi-Tech Fair Organizing Committee Office
Tel.: +86-755-82848962,
wangyq@chtf.com, 654333235@qq.com

情報提供元:
記事名:「深圳で開催されたCHTF2020中国ハイテク・フォーラムに世界の科学者と経営幹部が集結