ゾーホーはTCSと戦略的提携関係を構築し、世界的大企業と中堅企業にエンドツーエンドのビジネスソリューションを提供

印チェンナイ & 米テキサス州オースティン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 本日、世界的技術企業のゾーホーは、タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)との戦略的提携を発表しました。大企業にとっての問題を解決するための優れた顧客関係管理、ITサービス管理、電子商取引のソリューションを提供することが目的です。このアライアンスパートナーシップは、幅広く奥深いゾーホーの製品ポートフォリオを、技術主導のコンサルティングとビジネス統合サービスにおけるTCSの数十年にわたる経験およびこの分野での専門知識と結び付けるものです。ゾーホーとTCSは協力して、事業目標との技術的整合性を高め、ソリューション全体での透明性を向上させ、運用効率を改善することで、世界的組織の成長を促進していきます。


TCSは、多様なクライアントの膨大なネットワークを擁しており、大企業にとって信頼できるコンサルタントでありインテグレーターです。TCSは、そのCX戦略、デザイン、顧客インサイト、マーケティング、販売、サービス変革における能力を通じて、クライアントによる顧客体験の向上を支援しています。ゾーホーの統合データモデルとTCSの技術専門力および業界専門知識を組み合わせることで、両組織はより迅速でシームレスな革新的機能の利点を活用して、顧客体験を向上させていくことになります。ゾーホーの45種を超える品揃えのアプリケーションは1つの技術スタック上に構築されているため、AI、統合検索、強力な分析など多くのサービスがすべてのアプリケーションに継承されることで、インテグレーション上の複雑な課題を解決しながら、比類のない価値をビジネスに提供します。

組織はゾーホーのシームレスで一元化された顧客体験プラットフォームであるCRM Plusをエントリーポイントとして導入できます。これは、顧客対応チームすべてを単一のインターフェースに統合し、状況に応じたエンドツーエンドのインテリジェンスをリアルタイムで提供します。このプラットフォームは、ゾーホーの強力な分析/AIエンジンを活用することで、オムニチャネルの顧客エンゲージメント、感情情報の収集と分析、規範的対応の新たな水準を打ち立てるものです。

ゾーホー・コーポレーションの共同創設者で最高経営責任者(CEO)のシュリダー・ベンブは、次のように述べています。「TCSは、コンサルティングと企業変革に対してビジネス主導の手法を取っています。ゾーホーはこれと同じ手法を当社の技術に適用して、有力なビジネスアプリケーションとビジネスサービスの垂直統合プラットフォームを提供しています。46カ国の市場におけるTCSのリーチと影響力を通じて、世界中のより多くの企業組織がゾーホーの深い技術スタックと世界クラスのアプリケーションの利点を体験できるものと確信しています。」

TCSのエンタープライズアプリケーションサービス部門の顧客体験管理担当グローバルヘッドを務めるAarti Devi氏は、次のように述べています。「企業が顧客サービス機能向けに最善の製品スイートを採用している理由は、適切なタイミングで適切な顧客エンゲージメント体験を創出するために必要なデジタルパワーと柔軟性をそれらが提供できるからです。当社は、ゾーホーと提携して、そのお客さまが新しい革新と成長の機会を追求できるよう支援できることをうれしく思います。」

ゾーホーは、TCSと提携して、世界的な企業組織が新しい収益機会を実現し、運用効率を高め、リモート環境、社内、その両方のどこからでも事業の成功を促進できるようにしていきます。

タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)について

タタ・コンサルタンシー・サービシズは、ITサービス、コンサルティング、ビジネスソリューションの組織として、過去50年間にわたり世界最大の企業の多くとその長きにわたる変革の取り組みにおいて提携してきました。TCSは、コンサルティングを基盤としコグニティブ技術を活用したビジネス、技術、エンジニアリングのサービスとソリューションの総合ポートフォリオを提供しています。これは、ソフトウエア開発における卓越性の基準して認識されているTCS独自の「ロケーションインディペンデント・アジャイル・デリバリーモデル(Location Independent Agile™ delivery model)」を通じて提供されます。

インド最大の多国籍複合企業体であるタタ・グループの傘下にあるTCSには、最高水準のトレーニングを受けた44万3000人を超えるコンサルタントが46カ国にいます。2020年3月31日締め会計年度に220億米ドルの連結売上高を計上しており、インドのBSE(旧ボンベイ証券取引所)およびNSE(国立証券取引所)に上場しています。気候変動に対する積極的な取り組みや表彰を受けた地域活動を世界中で展開しており、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスやMSCIグローバル・サステナビリティ・インデックス、FTSE4グッド・エマージング・インデックスをはじめ、主要なサステナビリティ指数の構成銘柄に名を連ねています。詳細情報についてはwww.tcs.comをご覧ください。

ゾーホーについて

ゾーホー・コーポレーションは、営業、マーケティング、顧客サポート、会計、バックオフィス業務、そして多数の生産性ツールと協業ツールなど、ほぼすべての主要な業務カテゴリーで45種以上のアプリを提供しており、世界で最も豊富にソフトウェアを提供している企業の1社です。

ゾーホーは収益性の高い非公開企業で、8000人以上の社員を抱えています。本社を米テキサス州オースティンに置き、インドのチェンナイに国際本社があります。ほかにも、米国、インド、日本、中国、シンガポール、メキシコ、オーストラリア、オランダ、アラブ首長国連邦に事業所を置いています。

ゾーホーは、ユーザーのプライバシーを尊重しているため、当社の無料製品を含め、事業のいかなる部分においても、広告収入モデルを採用していません。ゾーホー自体を含め、世界の何十万もの企業の6000万人を超えるユーザーが、日々の業務を行う上でZohoを頼りにしています。詳しい情報については、www.zoho.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Sandra Lo
Zoho Corporate PR
slo@zohocorp.com

情報提供元:
記事名:「ゾーホーがタタ・コンサルタンシー・サービシズとの提携を発表