• アリババがファーフェッチ高級品ショッピング・チャネルをTmall Luxury PavilionとLuxury Sohoで開始、新たに設立されるファーフェッチ中国合弁事業とファーフェッチ・リミテッドへの投資も実行
  • リシュモンは新たに設立されるファーフェッチ中国合弁事業とファーフェッチ・リミテッドに投資、ファーフェッチと密接に協力する追加的機会も模索
  • ファーフェッチとアリババは自社プラットフォームを活用して小売テクノロジーを補完することで高級品業界のデジタル化を加速、影響力の高い高級品リーダーのJohann RupertとFrançois-Henri Pinaultの参加を得てステアリング・グループも設立
  • アルテミスがファーフェッチへの追加投資で既存の持ち分を拡大

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ファーフェッチ(NYSE:FTCH)、アリババグループ(NYSE:BABA、HKSE:9988)、リシュモン(SWX:CFR)は本日、高級品ブランドの中国市場へのアクセス拡大と世界の高級品業界のデジタル化の加速を目指した世界的な戦略的パートナーシップを発表しました。各社それぞれの専門能力と幅広い影響力を生かし、このパートナーシップはデジタル世界と実世界をシームレスに統合することで高級品小売りを次世代に進化させます。


ファーフェッチが中国のアリババの高級品プラットフォームに登場

ファーフェッチは、アリババのプラットフォームのTmall Luxury PavilionとLuxury Soho(Tmallマーケットプレイス内の中国の一級高級品・高級品アウトレット・プラットフォーム)とアリババのクロスボーダー・マーケットプレイスのTmall Globalで高級品ショッピング・チャネルを開始します。この新しいチャネルは、アリババの7億5700万人の消費者にファーフェッチの世界的高級品プラットフォームの到達力を拡大し、ファーフェッチとの単一統合でマルチブランド・ソリューションを高級品ブランドに提供します。これは、ブランド認知度を高める独自の機会を高級品ブランドに提供し、同時にファーフェッチの世界的マーケットプレイスへの参加を通じて各ブランドが対応できる高級品消費者市場を大きく拡大することを可能にします。高級品消費者にとっては、好みのブランドのショッピングに複数の手段が提供されることになり、ファーフェッチとの統合と、既に大きな成功を収めているTmall Luxury PavilionでのNET-A-PORTER統合が利用できます。

ファーフェッチとファーフェッチ中国への戦略的投資

世界的パートナーシップの一環として、アリババとリシュモンは、ファーフェッチ・リミテッドが発行する私募転換社債に6億ドル(それぞれ3億ドル)を投資します。アリババとリシュモンは、ファーフェッチ中国にも5億ドル(それぞれ2億5000万ドル)を投資し、中国地域でのファーフェッチのマーケットプレイス事業を含む予定の新たな合弁事業に両社で25%の持ち分を保有します。さらに、アリババとリシュモンは、合弁事業の設立の3年目が経過してからファーフェッチ中国のさらに合計24%を購入するオプションを持っています。アリババとリシュモンは、高級品ブランドへのサービス提供でファーフェッチと密接に協力する追加的機会も模索します。アリババとリシュモンによるファーフェッチ中国への投資と合弁事業の設立は、クロージング条件の充足を条件として、2021暦年の上半期に完了すると予想されています。

さらにアルテミスは、ファーフェッチのクラスA普通株式5000万ドルの購入によりファーフェッチへの既存の投資を拡大することに合意しています。

世界の高級品業界のデジタル化の加速

Luxury New Retail(LNR)は、ファーフェッチとアリババの先進的オムニチャネル小売技術を活用して高級品ビジネスのニーズに応える先見性のあるイニシアチブであり、ファーフェッチが支えるエンタープライズ・ソリューションのフルスイートが含まれます。これらのソリューションは、高級品ブランドの単一ブランドとマルチブランドの販売戦略のどちらにも対応し、完全接続のeコマース・ウェブサイトとアプリ、オムニチャネル小売技術、ファーフェッチとTmall Luxury Pavilionマーケットプレイスへのアクセスが単一統合で提供されます。

ファーフェッチとアリババは、LNRイニシアチブをさらに強化するためのステアリング・グループも設立しました。これは、世界の高級品小売業界のデジタル化をリードすることを目指すものです。リシュモンのJohann Rupert会長とアルテミスのFrançois-Henri Pinault会長が創立委員としてLNRステアリング・グループに参加し、合わせて数十年に及ぶ業界リーダーシップと専門能力で貢献します。

Farfetchの創立者で会長兼最高経営責任者(CEO)のJosé Nevesは、このように述べています:「この発表は、高級ファッション業界のキュレーター、クリエイター、消費者を結び付ける当社のミッションにおける大きなステップです。アリババグループ、リシュモン、アルテミスによるファーフェッチへの11億5000万ドルの投資は、高級品の世界的プラットフォームとしての当社の位置を強力に示すものです。

アリババグループおよびリシュモンとの新たなイニシアチブは高級品業界全体で生じているデジタル変革を支えるファーフェッチの戦略を拡大します。この変革は、COVID-19パンデミックによって生じた前代未聞の課題によって加速しています。Luxury New Retailイニシアチブは、当社が業界全体の前進とCOVID後の世界での繁栄を支援できる方法を探っていきます。」

アリババグループの会長兼最高経営責任者(CEO)のDaniel Zhangは、このように述べています:「この相互補完性の高いパートナーシップは、世界の先進的な高級品小売および技術プラットフォームの一部を結集するものであり、急速に高まっている中国の高級品需要を満たすアリババの戦略における新たな成果です。中国の高級品市場は2025年までに世界の高級品売上高の半分を占めると予想され、数億人に上る若いデジタル・ネイティブな消費者で構成されています。ファーフェッチとの提携とリシュモンとの既存の関係の拡大により、当社は世界の高級品小売業界のデジタル化を加速させ、消費者のために高級品ショッピング体験を変革していきます。」

リシュモン会長のJohann Rupertは、このように述べています:「成果を上げているアリババとの合弁事業を発展させた今回の展開は、Luxury New Retailに向けた当社の歩みをさらに大きく加速させるものです。このイニシアチブは相互補完性の高い強みの強力な組み合わせをもたらします。特に、Maisonsの高級品小売りの専門能力とYOOX NET-A-PORTERの深いブランド・パートナーシップ、専門的キュレーション、卓越した顧客ケアが組み合わせられ、目の高い顧客層へのシームレスなオムニチャネル体験の提供を助けます。

パートナーシップは力をもたらします。私は、Zhang、Neves、Pinaultとパートナーシップを組んで共通のビジョンを達成し、高級品の未来に新たなスタンダードを設定していくことをうれしく思います。」

アルテミス会長のFrançois-Henri Pinaultは、このように述べています:「高級品eコマースの潜在的成長力がこれほど有望になったことは、これまでありませんでした。高級品業界にとっての中国の重要性は日に日に明らかになるばかりです。José Nevesのビジョンにより、ファーフェッチは近年、高級品顧客のオムニチャネル体験を改善する上で重要な役割を果たしてきました。アルテミスによる投資は、ファーフェッチの未来に対する私たちの信念を立証するものであり、ビジョンを持った人々とエキスパートが集まったこのグループで高級品小売りの未来を探っていくことを個人的に楽しみにしています。」

ゴールドマン・サックス・インターナショナルがファーフェッチの筆頭財務顧問を務め、アレン・アンド・カンパニーが財務顧問を務めました。

ファーフェッチによる満期2030年利率0%の転換優先社債6億ドルの発行

上記の戦略的展開と関連して、アリババグループとリシュモンは、ファーフェッチ・リミテッド(本会社)が発行する満期2030年金利0%の転換優先社債(本件債券)3億ドルを購入することにそれぞれ合意しました。総受取金は6億ドルとなります。この追加資金は、高級ファッション業界のための世界的技術プラットフォームを提供するファーフェッチの長期戦略を支え、成長計画を執行して事業利益率を高める本会社の継続的重点事項を促進します。アリババグループとリシュモンに対する本件債券の売却は、慣習的なクロージング条件に従いながら、2020年11月17日ごろに決済されることが予想されています。

この投資と関連して、アリババグループは取締役1人をファーフェッチの取締役会に指名します。

本件債券の満期日は、条項に従った早期の転換、償還、買い戻しが行われない限り、2030年11月15日となります。本件債券は定期的な金利は付与されず、本件債券の元本額は増価しません。満期日直前の2予定取引日前の日の市場終了時までの任意の時点で、保有者は自らの選択権により本件債券を約32.29ドルの当初転換価格で転換することができます。この価格は、2020年10月30日に終わった30日間の取引日にわたる出来高加重平均価格に対して22%の割増価格となっています。転換時には、本件債券は本会社のクラスA普通株式と交換されます(本会社は、特定の状況において、本会社の選択により本件債券をクラスA普通株式、現金、またはその組み合わせと交換する権利を持ちます)。「根本的変化」(本件債券の条項を規定する証書に定義)を構成する特定の事象が発生した場合、本件債券の保有者は、自らの本件債券のすべてまたは一部を現金で買い戻すことを本会社に要求する権利を持ちます。その買い戻し価格は、元本額の100%に等しい価格に(存在する場合は)満期日(当日を含む)までに発生している未払いの特別金利の全額を加えたものとなります。本会社は、特定の状況において、根本的変化に関連して本債券を転換する保有者についての転換率を引き上げます。

アリババグループとリシュモンは、2026年6月30日にそれぞれの本件債券のすべてまたは一部を買い戻すことを本会社に要求することができます。その買い戻し価格は、買い戻される本件債券の元本額の100%に等しい価格に(存在する場合は)かかる買い戻し日(当日を含まない)までに発生している未払いの特別金利を加えたものとなります。

本会社は、特定の税法の変化が発生した場合を除き、2023年11月15日より前に本件債券を償還することはできません。2023年11月15日以後に、本会社は、そのクラスA普通株式の売り価格の報告終値が任意の連続する30日取引日の期間(かかる期間の最終取引日を含む)(本会社が償還の通知を出す日の直前の取引日に終わり、その日を含む)の間の最低20取引日において(連続しているかどうかは問わない)その時点で有効な転換価格の130%以上(または、関係する本件債券のかなりの部分がその時点でアリババグループまたはリシュモンによって保有されている場合は200%以上)であった場合、関係する本件債券のすべてまたは一部を現金で償還することができ、その償還価格は償還される本件債券の元本額の100%に等しい価格に(存在する場合は)償還日(当日を含まない)までに発生している未払いの特別金利を加えたものとなります。

発行された時点で、本件債券は本会社の優先無担保債務となり、本件債券に対する支払い権において明示的に劣後する本会社のすべての無担保債務に対して支払い権において上位に、そのように劣後されていない本会社のすべての無担保債務に対して支払い権において同等に、本会社のすべての有担保債務に対してかかる債務を担保する資産の価値の範囲において支払い権において実質的に下位に、満期2025年金利5.00%の転換優先社債に対して契約的に下位に、本会社の子会社の借入金およびその他の債務(買掛金を含む)に対して構造的に下位に位置します。

アルテミス投資開示情報

上記の戦略的展開と関連して、アルテミスはファーフェッチが発行するクラスA普通株式1,889,338株を購入することに合意しました。総受取金は約5000万ドルとなります。アルテミスへの株式の発行は、慣習的なクロージング条件に従いながら、2020年11月17日ごろに決済されることが予想されています。

電話会議情報

ファーフェッチは、明日2020年11月6日午前8時00分(米東部時間)に電話会議を開催して上記の取引と事業について説明します。聴取者は電話会議の生中継をオーディオ・ウェブキャスト(http://farfetchinvestors.com)でお聞きいただけ、付随するスライド資料もご覧いただけます。電話会議の後、ウェブキャストの録音再生を最低30日間にわたって同じウェブサイトで提供します。

将来見通しに関する記述

このリリースには、1995年民事証券訴訟改革法の意味における将来見通しに関する記述が含まれます。本リリースに含まれる記述で歴史的事実に関係しないものはすべて将来見通しに関する記述と見なされるべきであり、これには、ファーフェッチ中国合弁事業およびLuxury New Retailを含む一切の追加的な取引と関係メリット、将来の機会および予想されるビジネスレベル、将来の財務・事業業績、計画されている活動および目標、それに起因する成長の予想、市場機会、戦略、競争およびその他の予想、および/またはファーフェッチが本件債券および/またはクラスA普通株式の発行を完了するか否かが含まれますが、それらに限定されません。また、そのような記述の背後にある想定や、「予想する」、「意図する」、「計画する」、「考える」、「予測する」、「予知する」、「推定する」、「かもしれない」、「するはずだ」、「予期する」という言葉を含む記述、未来または将来見通し的性質を持つ同様の記述も将来見通しに関する記述です。このような将来見通しに関する記述は、経営陣の現在の予想に基づいています。このような記述は約束でも保証でもなく、実際の結果、業績、成果が将来見通しに関する記述によって明示または黙示されている将来の結果、業績、成果と大きく異なるものとなる原因となり得る既知および未知のリスク、不確実性、その他の重要な要因を含みます。これには、2019年12月31日終了年度について米国証券取引委員会(SEC)に提出したフォーム20-Fによる年次報告書の中で「リスク要因」の見出しの下に説明されている要因が含まれます。そのような要因はSECへの当社のその他の提出物で随時更新されることがあり、これらはSECのウェブサイト(www.sec.gov)および当社ウェブサイト(www.farfetchinvestors.com)の投資家ページで閲覧可能です。さらに、当社は競争が激しく急速に変化している環境で事業を行っており、新たなリスクが時折出現します。当社経営陣がすべてのリスクを予測することは可能ではなく、すべての要因の当社事業への影響や、何らかの要因や複数の要因の組み合わせによって実際の結果が当社が行う将来見通しに関する記述に含まれているものと大きく異なるものになり得る程度を評価することもできません。このようなリスク、不確実性、想定に鑑み、本リリース内で説明されている将来的な事象や状況は本質的に不確実であり、発生しない可能性があります。また、実際の結果は、将来見通しに関する記述の中で予期または含意されているものと大きく悪い方向で異なるものになることがあります。したがって、読者は将来の事象の予知として将来見通しに関する記述に依存すべきではありません。さらに、本リリースで行われている将来見通しに関する記述は、本リリース内で当該記述が行われた日現在の事象または情報にのみ関係しています。法律で義務付けられている場合を除き、当社は、新たな情報、将来の事象、またはその他何の結果としてであれ、将来見通しに関する記述を当該記述が行われた日より後に公的に更新または改訂することや、予期されていなかった事象の発生を反映させることについて、一切の義務を負いません。

ファーフェッチについて

ファーフェッチ・リミテッドは、高級ファッション業界の先進的グローバル・プラットフォームです。ファッションへの愛情から2007年にJosé Nevesによって設立されたファーフェッチは、2008年に営業を開始し、世界各地の高級ブティックのためのeコマース・マーケットプレイスとして始まりました。現在、ファーフェッチ・マーケットプレイスは190カ国以上の顧客を50カ国以上のアイテムや1300を超える世界最高のブランド、ブティック、百貨店と結び付け、真に独自のショッピング体験と高級品の最も豊富なセレクションへのアクセスを単一のプラットフォームで提供しています。ファーフェッチのその他の事業には、eコマースとテクノロジー能力で企業顧客のニーズに対応するFarfetch Platform Solutions、高級商品を消費者に提供するBrowns and Stadium Goods、世界的ファッション・ブランドの発展プラットフォームのNew Guardsがあります。ファーフェッチはまた、Store of the Futureオーグメンテッド小売ソリューションのような技術革新にも投資し、高級ファッション業界のための主要技術、ビジネス・ソリューション、サービスも開発しています。詳細情報については、www.farfetchinvestors.comをご覧ください。

アリババグループについて

アリババグループの使命は、どこでもビジネスが簡単にできるようにすることです。当社は、商取引の未来のインフラストラクチャーを構築することを目指しています。お客さまがアリババで出会い、働き、生活すること、そしてアリババが102年存続する優良企業となることを目標にしています

リシュモンについて

リシュモンは特徴的な伝統、職人技術、創造性で知られる国際的な主要メゾンのポートフォリオを所有しています。当グループの事業領域は、ジュエリー・メゾン(Buccellati、Cartier、Van Cleef & Arpels)、スペシャリスト・ウォッチメーカー(A. Lange & Söhne、Baume & Mercier、IWC Schaffhausen、Jaeger-LeCoultre、Panerai、Piaget、Roger Dubuis、Vacheron Constantin)、オンライン販売店(YOOX NET-A-PORTER GROUP(NET-A-PORTER、MR PORTER、YOOX、THE OUTNET)、Watchfinder & Co.)、その他(Alaïa、Chloé、dunhill、Montblanc、Peter Millarなど、主にファッション&アクセサリー・メゾン)の4つです。

アルテミスについて

アルテミスは1992年にフランスの起業家François Pinaultによって設立されました。アルテミスは、世界的高級品グループKering(Gucci、Saint Laurent、Bottega Veneta、Balenciaga、Alexander McQueen、Brioni、Boucheron、Pomellato、Dodo、Qeelin、Ulysse Nardin、Girard-Perregaux、Kering Eyewear)の支配株主です。アルテミスはまた、Christie’sオークションハウス、Chateau Latourぶどう園、Ponant探検クルーズといった高名な企業も所有しています。プロの株主として、アルテミスは長期的成長と価値創造を重視しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Farfetch Investor Relations:
Alice Ryder
VP Investor Relations
IR@farfetch.com

Farfetch Media:
Susannah Clark
VP Communications, Global
susannah.clark@farfetch.com
+44 7788 405224

Brunswick Group
farfetch@brunswickgroup.com
US: +1 (212) 333 3810
UK: +44 (0) 207 404 5959

Alibaba Group:
Julia Hutton-Potts
j.hutton-potts@alibaba-inc.com
+44-7307807007

Holly Zhao
holly.zhao@alibaba-inc.com
+1-5054693316

Ivy Ke
ivy.ke@alibaba-inc.com
+852-55909949

Richemont:
Sophie Cagnard, Group Corporate Communications Director
James Fraser, Investor Relations Executive
Investor/analyst enquiries: +41 22 721 30 03; investor.relations@cfrinfo.net
Media enquiries: +41 22 721 35 07; pressoffice@cfrinfo.net; richemont@teneo.com

情報提供元:
記事名:「ファーフェッチ、アリババグループ、リシュモンがグローバル・パートナーシップを形成し、高級品業界のデジタル化を加速