香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界最大規模のオンライン金融デリバティブ提供会社のマルチバンク・グループは、第1~第3四半期の業績が前年比49%増となる過去最高の業績を発表しました。2020年1月~9月の粗利益は9400万米ドルを超え、前年同期の6300万米ドルから大幅に増加しました。



注目すべき点として、2020年第1~第3四半期のマルチバンク・グループの取扱高は2兆米ドルを超えて2019年通年の取扱高である1.9兆米ドルをすでに超過し、全体的に見て財務業績が過去最高の年となる流れにあります。

マルチバンク・グループでは主要指標の前年比での全体的改善が続いており、これは戦略的に重視している主要分野全般の並外れた業績と技術インフラの機動性に支えられています。

地理的には、主要市場への拡大と対応を継続しています。2019年度に最大の収益源となったのはグレーターチャイナで、総収益の36%を占めました。しかしながら、本社を香港とアラブ首長国連邦に移して以来、マルチバンクの地域別の収益源はその他のアジア、中東、中南米へと一段と分散化しています。

マルチバンク・グループのナセル・タヘル会長は、次のように述べています:

「これまでのところ、今年は素晴らしい年となっています。これまでの業績は大変心強いものであり、極めて良好な状態で2020年を終えることができると期待しています。マルチバンク・グループは、完全自動化された取引所プラットフォーム、グローバルなブローカー、高度な資産運用ソリューションとして、お客さまに受賞歴のあるテクノロジーとサービスを提供するというビジョンを引き続き実現しています。」

マルチバンク・グループの詳細情報については、www.multibankfx.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Enquiries:
Ruby Korver | Communications Officer | MultiBank Group
Email: ruby.korver@multibankfx.com
Phone: +971 487 513 50

情報提供元:
記事名:「マルチバンク・グループの2020年第1~第3四半期の粗利益は過去最高の9400万米ドル