北京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中国共産党第19期中央委員会第5回全体会議が北京にて木曜日、コミュニケを発表して閉幕しました。


国家経済と社会開発に向けた第14次五カ年計画(2021-2025)と2035年までの長期目標が、コミュニケの主要テーマとなりました。

会議のコミュニケの全要点を以下にお知らせします。

原記事は、こちらからご覧ください。

全ての点で適度に繫栄した社会の構築において収められた決定的な成功

今年は中国の第13次五カ年計画期間(2016-2020)の最後の年であり、コミュニケでは第13次五カ年計画の実施が順調であることが強調されました。

新しい発展のコンセプトを堅持し、改革開放を確固として進めていくことによって、第4回全体会議以降大きな成果が得られているとコミュニケでは述べられました。

過去1年間、中国は供給サイドの改革を深め、マクロ経済の規制を強化し、戦略的基盤として内需を拡大してきました。

経済成長は予想を上回り、国民の生活は向上し、社会の安定が維持されてきました。

2020年に終了する第13次五カ年計画の期間に、中国は安定した経済成長と向上した経済構造と共に大きな進歩を達成したとコミュニケは述べ、2020年に中国のGDPは100兆元(14.9兆ドル)のラインを超える見込みであると指摘しました。

中国では過去5年間で、5500万人以上が貧困から脱却しました。

第13次五カ年計画の期間に中国は世界最大の社会保障制度を構築し、基本医療保険は13億人以上、基本老齢保険はほぼ10億人をカバーしていると、コミュニケでは述べられました。

一方で、過去5年間に中国の都市部では6000万以上の新しい雇用が創出されたとコミュニケでは示されました。

COVID-19のパンデミックとの闘いについては、国全体が予防・管理の取組みと経済・社会開発を連携させ、国民の安全と健康を最優先しました。

中国の特色ある大国外交が力強く推進され、党と国家のさまざまな事業で大きな成果が得られました。

中国共産党のリーダーシップと中国の社会主義制度の力が過去5年間でさらに実証されたと、コミュニケでは指摘されました。

今後の新たな課題、機会、提案

コミュニケでは将来の青写真に関して、世界で過去1世紀にもなかった大きな変化が起きる中、党全体が中華民族の偉大なる復興に向けた全体的な戦略計画を考慮する必要があると強調されました。

中国社会が直面する主な矛盾の変化における転換がもたらす新たな特色と要求について深い理解が必要であるとも述べられました。

また、中国は社会主義の一次段階にあることから、複雑な国際環境がもたらす新たな矛盾と課題に対して一層の注意を払う必要があります。

コミュニケでは、機会とリスクの認識を強化し、危機の中で機会を開拓することの重要性が強調されました。

さらに、中国共産党は、中国が2035年までに社会主義の現代化を達成するための一連の長期目標を打ち出しました。

中国の経済的、技術的、複合的な強みと、新しい工業化の進展、中国のガバナンス制度と能力の現代化も強調されました。

コミュニケではまた、社会的エチケットや礼儀を含めた包括的な社会の発展と、環境にやさしい働き方と生活スタイルの前進を促進する努力が必要であると述べられました。

中国の開放、一人当たりGDP、「平安な中国」イニシアチブの実施、包括的な人間開発も強調されました。

第14次五カ年計画の期間中に達成すべき目標について、コミュニケでは、第14次五カ年計画の実現に向けて中国共産党の全体的なリーダーシップが維持される必要があること、開発を推進する強い相乗効果を生み出すために全てのプラスの要因を動員し、可能な限り全ての力を結集する努力をするべきであることが指摘されました。

目標達成のための一連の提案

- 現代化の推進におけるイノベーションの中心的な役割を支持し、イノベーション主導の戦略を実施すること。

- 現代的な産業システムを構築し、経済構造を向上させること。こうして引き続き実体経済を支え、製造力や、現代化された産業チェーンとサプライチェーンを改善することによって、質の高い成長を推進し、中核的な競争力を高めていきます。

- 堅固な国内市場を育て、新しい発展のパターンを確立すること。中国は国内の循環を円滑にし、国内外の循環が互いに強化し合うようにすると同時に、消費を全般的に刺激して投資を拡大していきます。

- 高水準の社会主義市場経済を追求し、改革を包括的に深めていくこと。

- 農業と農村地域の開発を優先し、農村の活性化を全面的に進めること。

- 協調的な地域開発と、新しい形の都市化を推進すること。

- 文化セクターを推進し、その文化的ソフトパワーを向上させること。

- グリーンな低炭素開発を加速させ、環境や、エコシステムの質と安定性を絶えず向上させるとともに、資源利用の効率を高めること。

- 高水準の開放を追求し、新たなウィンウィンの協力の可能性を開拓すること。

中国は引き続き開放を拡大し、巨大な市場の利点を活かして国際協力を推進するとともに、ウィンウィンの成果を達成していきます。

- 国民の生活水準を向上させ、人口高齢化に対処する戦略を積極的に実施すること。

- 国民の生活と安全を守り、社会の安定を維持するために、国家安全保障能力を強化し、安全保障に係る従来の課題と新しい課題に対処する能力を高めること。

- 香港・マカオ特別行政区の長期的繁栄と安定を維持し、中国本土と台湾の統一と、中国・台湾の平和な発展を推進すること。

安定した外部環境を維持し、人類の未来を共有する新しい形の国際関係とコミュニティーの構築を推進することを目指します。

全体会議には、中国共産党中央委員198人と候補委員166人が出席しました。

中国共産党の中央規律検査委員会常任委員会の委員と関係セクターの高官、専門家、学者、草の根レベルで働く第19回中国共産党全国代表大会の代表数名も参加しました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Jiang Simin
jiang.simin@cgtn.com
+86 18826553286

情報提供元:
記事名:「CGTN:中国与党全体会議のコミュニケからの課題、目標、提案