東京--(BUSINESS WIRE)--世界有数の航空旅行データとインサイトを提供するOAGは、業界を牽引する旅行情報会社であるフォワードキーズ(ForwardKeys)と新たに契約を締結したことを喜ばしく思っています。

航空業界が置かれている状況はきわめて不安定であり、フォワードキーズは、航空会社が意図するオペレーションの変化に十分に対応するための方法を見直す必要がありました。

この見直しの結果、フォワードキーズは OAG と長期契約を締結し、世界中の航空会社の最新スケジュールについての毎週のフィード、不安定な状況をより理解するための、スケジュール変更に関する毎日のフィード、世界中のフライトの欠航を追跡するためのフライトステータスデータに関する毎日のフィード、特定の経路で使用される航空機の配置に関するより優れたモデリングや識別情報などの情報を受け取ることとなりました。

これらの情報をもとに、フォワードキーズは、直前の欠航やチケットの払い戻しが日々生じる業界において、実際の座席数の把握を切望するさまざまな顧客に対して、より正確なデータも提供できるようになります。

座席数とスケジュールのデータは、フォワードキーズにとっては中核をなす戦略的な資産です。これは、弊社のオンラインプラットフォームやオフラインレポートを通じて多数の顧客が直接利用するデータセットであるだけでなく、社内でも広く活用されており、航空市場全体の予測をモデル化し、形成するためのアルゴリズムの重要な構成要素といえます」とフォワードキーズのCEO兼共同創立者であるOlivier Jager氏は語っています。

高品質のフライト情報に対する需要が大幅に高まっています。フォワードキーズと提携することで、顧客により高度なサービス提供が可能となることを喜ばしく思います」とOAGのCEOであるPhil Callowは述べています。

-以上-

OAGについて

OAGは、世界有数の渡航データプロバイダーとして、1929年以来、エアトラベル・エコシステムの成長と革新を支えてきました。弊社は、毎日11万1000便以上のフライトを追跡し、毎日12万件のスケジュール変更に対応し、年間40億件以上のフライトステータスのデータリクエストを処理しています。

世界最大のフライト情報データのネットワークと最先端の分析ツールを用いることで、弊社の顧客はより賢明な意思決定を行い、変化にも十分に適応し、卓越した顧客体験を創り出すことが可能となります。 英国に本社を置くOAGは、米国、シンガポール、日本、リトアニア、中国に拠点を置き、世界的に事業を展開しています。


Contacts

詳細に関するお問い合わせ窓口:OAG日本支社マーケティング担当 清水麻由
Tel:   03-4578-7293
Email: mayu.shimizu@oag.com またはwww.oag.com/jaをご参照ください。

情報提供元:
記事名:「OAGとの新たなパートナーシップにより、フォワードキーズはさらなる前進へ