舞台「白からはじまる世界」が、6月9日(水)シアターサンモールで開幕した。


画像 : https://newscast.jp/attachments/Q7cqKrsDgyEm9sEsN4fQ.jpg


本作は、2016年放送、前田敦子の大胆な演技で話題を呼んだTBSテッペン!水ドラ!『毒島ゆり子のせきらら日記』にて第35回向田邦子賞を受賞し、その後も話題のTVドラマ・映画・舞台と多くの脚本を手掛ける矢島弘一(東京マハロ)が新作書き下ろし作品を脚本・演出。
キャストには、井澤勇貴・小野健斗・清水一輝・百瀬朔・森一弥・水原ゆき・篠原あさみ・西野優希・宮下貴浩・富田翔が出演する。
物語は、アイドルグループの中で歌って踊る男が脚本家を目指し、成功を夢見ることからはじまる。「自分の家族」を題材にした作品で見事ヒットするも、それは不幸への始まりであった。
本公演は、2020年6月に上演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大により公演が延期となっていた。今回、昨年以上に感染拡大防止策を万全に施し、6月16日まで同劇場で公演される。


画像 : https://newscast.jp/attachments/EvTWEkZjdybfGtghedZP.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/hCeAhzxvHEyui8tnH9H6.jpg


■あらすじ
歌って踊る男のもう一つの顔は脚本家。いつか脚本家として頂点に立つ夢を抱いているが、そう簡単に良作が生まれるはずもなく、皆からは反対されバカにされ…迷った挙句、最後に選んだ題材は「自分の家族」。
僕の味方は自分。僕の敵も自分。
それを教えてくれる家族。
白から始まる世界の中で僕は生きている。


画像 : https://newscast.jp/attachments/NUokaZudNWn2P82bCbQc.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/xlbpOsIrHwNttWrcNSlB.jpg


画像 : https://newscast.jp/attachments/VprbnCFAcAshlXwD7OWc.jpg


■脚本・演出
矢島弘一 (東京マハロ)
■キャスト
井澤勇貴
小野健斗
清水一輝
百瀬朔
森一弥
水原ゆき
篠原あさみ
西野優希
宮下貴浩
富田翔
■上演期間
2021年6月9日(水)~6月16日(水)
※本番8日間10ステージ
[タイムテーブル]
6/9 (水)19:00
6/10(木)19:00
6/11(金)19:00
6/12(土)13:00/18:00
6/13(日)12:00/17:00
6/14(月)19:00
6/15(火)19:00
6/16(水)15:00
※ロビー開場(物販開始)は開演の60分前
客席開場は開演の45分前
■劇場
シアターサンモール 東京都新宿区新宿1-19-10サンモールクレストB1
東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅/大木戸門方面出口(出口2)より徒歩3分
■チケット料金
前売8500円(当日+500円)※全席指定・税込
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、客席を減らして開催いたします。
【一般販売受付URL】
http://confetti-web.com/gekitomobataraki1
【オフィシャルサイト】
https://pfh-ent.net/work/gekitomobataraki1


情報提供元:@Press
記事名:「矢島弘一 (東京マハロ)が手がける話題作!!舞台「白からはじまる世界」開幕!