イメージ図1


イメージ図2

エフィシエント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:坂越 健一)は、経済産業省が一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)を通じて公募する実証事業「令和3年度 蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業費補助金(ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証事業)」(以下 本事業)に採択されましたのでお知らせします。実証開始は今年10月からを予定しています。

ダイナミックプライシングとは、商品やサービスの価格を需要と供給の状況に合わせて変動させる価格戦略です。スマートメータなどのIoT機器の普及に伴い、電力料金においてもダイナミックプライシングの適用可能性が注目されています。
また、今後普及拡大が見込まれる電動車の蓄電池容量は、家庭用蓄電池と比べて容量当たりの価格が安く、また容量も大きいため、これをエネルギーリソースとして需給バランス調整に活用することで、効率的な電力システムの構築に繋げられると期待されています。

そこで本事業では、ダイナミックプライシング型電気料金を用いた充電のピークシフトを行い、電動車の充電タイミングを電気料金が高い時間帯から安い時間帯に誘導。再生可能エネルギーの拡大、調整力の確保、系統増強の回避等に繋げ「電動車を活用した効率的な電力システムの構築」を目指します。

当社は、昨年度より本事業に参画しており合わせて3年間の実証参加を予定しています。今年度においては、当社を幹事社とし、リフェコ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:山森 卓夫)との2社で構成されるコンソーシアムで実施します。令和3年度の実証では、卸電力取引市場(JEPX)の取引価格に基づき割引価格の他に割増価格を設定し、電力需要の平準化を誘導し得る料金プランの検討を進めて参ります。また、多段的な通知頻度の設定により需要家の行動変容を促し、充電シフト制御を行う予定です。

また、実証終了後の事業化を見据え、自ら小売電気事業者としてユーザへの訴求性・感受性・経済性が最適なバランスとなる時間帯別料金の開発を目指していくとともに、各地域の小売電気事業者様によるダイナミックプライシング型料金の適応にも貢献できるようノウハウ蓄積を図っていきます。


■イメージ図
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/262371/LL_img_262371_1.png
イメージ図1
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/262371/LL_img_262371_2.png
イメージ図2

■エフィシエント株式会社について
設立 : 2015年6月
所在地: 東京都港区白金1丁目27番6号
代表者: 代表取締役 坂越 健一
URL : https://eft-jp.com


■リフェコ株式会社について
設立 : 1995年5月
所在地: 福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目3番11号
代表者: 代表取締役社長 山森 卓夫
URL : https://www.lifeco.co.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「「令和3年度 蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業費補助金(ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証事業)」採択決定