4K・8K映像伝送ソリューション


ローカル5Gソリューション主な提供内容


株式会社ネクストジェン(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員 社長:大西 新二)は、株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:舩橋哲也、以下「EXEO」という。)とのローカル5Gに関する共同検証を進めてまいりました。このたび、本施策にて構築・動作確認を完了したローカル5Gシステムの貸出提供が可能となりました。一時利用から個社向けのローカル5Gシステムの構築まで、お客様のご要望に基づき、最適な形態でのローカル5G活用支援を行ってまいります。


背景


当社は2017年2月にEXEOとの資本業務提携を行い、2019年12月に当該資本業務提携を強化・拡充、両社の強みを活かせる分野の一つとしてローカル5G事業に取り組んでおります。
昨年よりローカル5G導入コンサルティングの提供を開始し、併せてローカル5Gの実証実験およびデモ環境提供に向けた製品・システムの検証を行っておりましたが、その検証がこのたび完了し、ローカル5Gシステムのお貸し出しが可能となりました。本ローカル5Gシステムは、2020年12月から新たに免許申請が可能となったSub-6(4.6GHz~4.9GHz)周波数帯、オール5G技術による SA(Stand Alone)構成を採用し、先駆的に本方式での実証実験等に活用いただけるシステムとなります。
本システム構築に際しては、複数メーカの機器を使用し、各機器の特性把握やマルチベンダ構成での対応ノウハウを集積しております。2019年度および2020年度に当社が参画した複数の大手企業ローカル5G実証実験での各方式・各社機器取り扱い経験と併せ、多様な方式・製品への対応が可能な体制が整いました。お客様の目的や使用形態に合わせ、ベンダニュートラルで最適な方式・機器構成のシステムを提供いたします


貸出用当社ローカル5Gシステムの特長


● 使いやすいSub-6周波数帯に対応


ローカル5Gでは「ミリ波(28GHz)」と「Sub-6」の2つの周波数帯が使用可能です。
周波数が高いミリ波の方がより高速な通信が可能ですが、電波の伝搬距離が短く、障害物にも弱いことからエリアカバーには多数の基地局が必要となるなどの課題があります。
一方のSub-6は、障害物に強く、ミリ波に比べ少ない基地局で幅広いエリアをカバーすることが可能です。本システムでは、コストや運用面における使いやすさの点から、Sub-6を使用しています。


● 投資効果を最大化するSA構成


ローカル5Gには、SAとNSA(Non-Stand Alone)※構成があります。SAの場合、5Gネットワークシステムを単独で構築することができるため、4G-LTEネットワークシステムも必要となるNSAに比べ、構築や運用のコストを抑えることが可能です。
NSAでは、ネットワークスライシング機能といった5Gネットワークシステムで実現できる機能の一部が使用できないこともあり、当社では機能面においての投資効果も最大化できるSAでの構成としています。
※SAとNSAの違いは以下をご参照ください。
https://www.nextgen.co.jp/solution/case/carrier/local5g-2.html


● 高額な機器や製品一式をレンタル


本システムのご利用により、実証実験やデモ実施に必要な機器・製品を一から準備する手間が省け、準備期間およびコストを大幅に削減することができます。実証実験の施策を、例えば3ヶ月程度で実施することが可能です。
※内容により所要期間は異なります。詳細はお問い合わせください。


実証実験例


4K・8K映像伝送ソリューション
(超高精細度テレビジョン放送、放送素材のアップ)


画像 : https://newscast.jp/attachments/pzCQYJ3jJhnpyPbRRVfj.png
4K・8K映像伝送ソリューション


当社のローカル5Gソリューションについて


短期間の実証実験向けの上記システムのお貸し出しのほか、お客様のご要件に合わせたローカル5Gシステム構築のご支援が可能です。
EXEOとの連携体制により、検討段階からのコンサルティングを含めて、トータルでソリューションをご提供いたします。


● 当社のローカル5Gソリューション 主なご提供内容


画像 : https://newscast.jp/attachments/owfTWPq5ZfnXzDhZ4h2B.png
ローカル5Gソリューション主な提供内容


●実績


2019年より2年連続で大手企業数社の実証実験(総務省が募集する「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」施策を含む)において、プロジェクトマネジメントや実証実験実施支援業務を受託。


今後の展開


継続的な製品・システム検証の取り組みにより更に技術的知見を蓄えるとともに、2021年度総務省「課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」案件を始めとする市場におけるローカル5G実証ニーズの継続、その後の商用展開本格化を睨み、周辺システムを含めた当社ローカル5Gソリューションの充実を図ってまいります。


株式会社協和エクシオについて


協和エクシオは、1954年の創業以来、通信インフラの施工を軸に、企画から設計、保守まで一貫したサービスを全国に提供しています。
システムソリューションと呼ばれるICT・システム開発領域では、「クラウド技術」「情報セキュリティ」「サービスと連携したネットワーク」などのシステムエンジニアや、「無線LAN」「映像ソリューション」「メッシュ型ビーコンを活用したIoTソリューション」など、ICTを活用した多様なソリューションを提供しています。
また、お客様の経営課題解決に向け、最適なソリューションを組み合わせて、コンサルティングから開発・構築・保守・運用まで、様々なニーズに合わせたシステムソリューションサービスを提供しています。
公式Webサイト: https://www.exeo.co.jp/index.html


本件に関するお問い合わせ先


株式会社ネクストジェン 営業戦略推進部
お問い合わせフォーム:https://www.nextgen.co.jp/contact/input.html?1


情報提供元:@Press
記事名:「ネクストジェン、ローカル5G のデモ・実証環境の提供を開始