2種類の繊維を贅沢に使用した「ボディケアブラシ」


ブラシのプロが本気で考えた カラダ洗いのためのボディケアブラシ


繊維説明


繊維アップ

日本クリンテック株式会社(本社:大阪市福島区吉野2丁目2-12、代表取締役:西村 健次郎、以下 日本クリンテック)は、2種類の繊維を贅沢に使用した「ボディケアブラシ」の先行受注を、2021年6月1日からクラウドファンディングサイト「Makuake」で開始いたしました。
「肌あたりのやわらかさ」、「石鹸の泡立ちの良さ」、「清潔さを考慮した新考案のブラシ配置」など、こだわり満載の画期的な商品のご案内です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/262134/LL_img_262134_1.jpg
2種類の繊維を贅沢に使用した「ボディケアブラシ」

商品紹介動画 : https://www.youtube.com/watch?v=a4skTVYYw7A
Makuakeプロジェクトページ: https://www.makuake.com/project/clean-tech/


■開発の背景
日本クリンテックは、便利でユニークな家庭用品を開発販売する提案型企業です。
この度、入浴時のカラダ洗いに使う【ボディケアブラシ】を発表しましたので紹介いたします。
入浴時に使うカラダ洗い用のブラシは、肌に接するようにして使うため、ブラシの触感を良くすることが求められており、これまでも触感を良好にするためにブラシ繊維の密集度を高めた製品が多く発売されています。しかし、繊維を密集させてブラシを形成した場合水切れが悪くなるため、ニオイや雑菌などの原因となり、清潔に保てないという声が多く寄せられていました。
そこで、ブラシの触感を向上させるとともに、水切れを良好にすることで清潔に保つことを可能にしようと考案しましたのがこの【ボディケアブラシ】です。


■ボディケアブラシの特長
1. 2種類のブラシ繊維を贅沢に使った【ハイブリッド】ブラシ
やわらかな肌あたりと細かなところの汚れに届く先細繊維を束状にした【タフトブラシ】(1ブロック約7万本×3ブロック・合計で約21万本の繊維)と、石鹸やボディソープを効率よく泡立たせ、できた泡を長持ちさせる特殊断面形状繊維を用いた【植毛ブラシ】の2種類の繊維を使ったハイブリッド仕様のブラシです。

2. ブラシの【スキマ】は清潔のカギ
タフトブラシを3つのブロックに分けることで、また、中央の植毛ブラシは等間隔で植毛することで、それぞれブラシ部の根元に【スキマ】をつくりました。
この【スキマ】が、水と空気の通り道となり、水切れと乾燥を促すことで従来品に比べ清潔に保てるようにしました。

3. 魔法の木樹脂グリップで「石鹸すべり」と「CO2」も抑える
浴室で使うブラシでは「石鹸でグリップ(持ち手)がすべってしっかり握れない」といった声を聞きます。このお悩みにこたえるためにグリップ部に面粗度の高い「木樹脂」を使用しました。木樹脂の表面にある無数の「凸凹」が石鹸すべりを軽減する効果を発揮します。


■ボディケアブラシの概要
名称 :ボディケアブラシ
発売日 :2021年8月上旬
販売料金:3,000円
サイズ :全長 400mm
ブラシ部径 65mm
ブラシ部毛丈 22mm
材質 :PBT・アクリル・スチロール樹脂・木紛配合樹脂
販売店 :全国の専門店・量販店
カタログ通販・インターネット通販など(予定)
生産国 :日本


■今後の展開
全国の専門店・量販店、及びWEBを含む通信販売で展開を見込んでいます。


■会社概要
商号 : 日本クリンテック株式会社
代表者 : 代表取締役 西村 健次郎
所在地 : 〒553-0006 大阪市福島区吉野2丁目2-12
設立 : 1998年1月
事業内容: 各種清掃用品及び日用雑貨品の製造及び販売
その他付帯する一切の業務
資本金 : 2,000万円
URL : http://clean-tech.net/

情報提供元:@Press
記事名:「肌あたり・泡立ち・水切れの良さにこだわったカラダ洗い用ボディケアブラシを6月1日にMakuakeにて先行受注開始