5つのタイプに分類


SDGs/実行力・発信力 2軸マップ


診断結果概要


POZIについて

株式会社東急エージェンシーは、SDGs(持続可能な開発目標)・サステナブル領域でさまざまな角度から情報発信している株式会社オルタナ監修の元、SDGsを軸にした新ツール「SDGsポジショニング診断β版」を発表しましたので、お知らせします。

「SDGsポジショニング診断β版」は、企業の「SDGs実行力」と「SDGs発信力」という2軸で企業の置かれている現状を分析。ポジショニングの視点から、今、必要なことへのヒント・きっかけを提供する、今までにないコンセプトの新ツールです。
開発時のテスト版にトライアルいただいた企業様からは、「診断のためのアンケートに答えるだけでも、新たな気づきを得ることができる」と、ご好評をいただきました。

SDGsに対する関心が高まる中、東急エージェンシーは2020年に、SDGsプランニングユニット「POZI」を部門化しました。「POZI」では顧客ニーズに応じて、多様なパートナーとSDGsに関する企画提案を行っています。この診断ツールは「POZI」と、DX視点から価値提供をプランニングする当社イノベーションコンサルティング局チャネルイノベーションユニットと協働し、オルタナ監修の元、開発をしたものです。

全ての人・企業が、未来のための行動を考えるタイミングにおいて、前向きな共創戦略の構築に寄与することを目指しています。

SDGsポジショニング診断β版: https://pozi.jp/


【SDGsポジショニング診断β版について】
■10分程度で回答できる簡単なアンケートにお答えいただくことで、ブランド/事業/会社の現状を以下の5つの「タイプ」に分類。各「タイプ」ごとに、今後のSDGs対応や、SDGsコミュニケーション展開のポイントなどをご提案します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/261688/LL_img_261688_1.png
5つのタイプに分類

■回答結果は「SDGs実行力」と「SDGs発信力」の2軸としたマップの上にプロットされ、事前調査で集められた国内ビジネスパーソンの回答結果と比較した位置づけを把握していただくことが可能となります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/261688/LL_img_261688_2.png
SDGs/実行力・発信力 2軸マップ

■更に詳細な分析と評価を行い、現状の課題や今後の強化ポイントなどをより細かく把握できるサービスのご提案も可能です(有償)。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/261688/LL_img_261688_3.png
診断結果概要

β版としてスタートし、改良を進めながらサービスを続ける予定です。


■会社概要
社名 : 株式会社東急エージェンシー
URL : http://www.tokyu-agc.co.jp/
所在地: 東京都港区赤坂4丁目8番18号
設立 : 1961年3月1日
代表者: 澁谷 尚幸

社名 : 株式会社オルタナ
URL : https://www.alterna.co.jp/
所在地: 東京都目黒区駒場1-26-10 ドミナーレサクマ304
設立 : 2006年9月26日
代表者: 森 摂

サステナビリティやCSR(企業の社会的責任)をテーマとした日本初のビジネス情報誌として、『オルタナ』を2007年4月に創刊しました。
英語の「alternative」が名前の由来で、売り上げや利益だけではない、環境や社会に配慮した「オルタナティブ(新しい、もう一つ)なビジネスのモノサシ」を探り、世に広げることがミッションです。
重点取材分野は、サステナビリティ全般/CSR/SDGs(持続可能な開発目標)/ESG(環境・社会・ガバナンス)/気候変動/自然エネルギー/第一次産業/ソーシャル/エシカルなどです。


参考:SDGsプランニングユニット「POZI」について

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/261688/LL_img_261688_4.png
POZIについて

情報提供元:@Press
記事名:「東急エージェンシー、「サステナブル・ビジネス・マガジン」を発行するオルタナとSDGs診断の新ツール「SDGsポジショニング診断β版」を発表